YTO倒産経験者の体験談

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談

倒産経験者だからこそ支援できること

私はYTO倒産支援センターのスタッフとして、現在アドバイザー活動をしています。
私は、中小企業経営者として20年余り、会社を経営してまいりましたが、数億円の負債を抱え、倒産をした経験者です。

倒産の前の数ヶ月間は、債権者からのお金の取り立てで非常に苦しい思いをしました。
取引先、銀行が、毎日のように取り立てに来る日々でした。
取引先からは、お金の問題で暴力を振るわれたことも何度もありました。
その苦しさから、何度となく自殺も考えました。

私の場合は、どうしようもなくなり弁護士に相談しました。
倒産の費用、弁護士の費用が数百万かかることを弁護士から告げられた時には、もう自殺するしかないと思いました。
倒産にも相当のお金がかかることを知りませんでした。
苦しいなかでなんとか費用を捻出し、弁護士に倒産の依頼をすることができました。
しかしながら、倒産の後、当然ではありますが全てを失い生活苦に直面してしまいました。
全てを失うとは、「住居・お金・車・家財」等々の全てです。

私の場合、破産手続き終結までに1年6ヶ月かかりました。
「倒産について」「倒産の後に何が自分に起こるのか」を事前に知っておくことが必要でした。
倒産の後に、もっと苦しいことが待っているとは思いませんでした。

倒産に際して自殺までを考えましたが、私を支えてくれる人がいることで頑張れたように思います。
倒産に際しては、何をどのように頑張ればよいかも分かりませんでした。
早い時期に頑張り方を知っていれば、私を支えてくれた人にも苦労をかけずに済んだと思います。

倒産を経験したからこそ分かることですが、もう少し知識を持ち、準備ができていればと後悔しています。

私は今も生きています。自殺をせずに生きています。
かなり遠回りをしましたが、何とか再起をしています。
倒産は人生の終わりではありません。
今だからこそ言える事です。

倒産の後、裁判所から選任をされた管財人弁護士の方の下で手続きを進めることになります。
法律の下での手続きの進め方についても、事前に知っておくことが必要でした。
債権者集会での対処の仕方も事前に知っておくことが必要でした。
今だからこそ言える事です。

「知らないこと、分からないこと」が、不安の原因でした。
不安が不安を増幅させることになりました。
不安で再起の準備も遅れてしまいました。

文章ではお伝えできないような苦しいこともたくさん経験をしました。
今は「人生これから」と思えるようになりました。

倒産の経験をしたからこそ、中小企業経営者で苦労をしている方に支援できることがたくさんあります。お教えできることがたくさんあります。
私と同じ苦労をして欲しくはありませんから。

倒産の準備ができていれば、全てを失わずに済んだと後悔しています。

弁護士に相談をする前に、やっておけばよかったことがたくさんあったと後悔をしています。

倒産体験記一覧

  1. 倒産前にやっておく事には優先順位がありました。

  2. 倒産には2つの苦しさがありました。

  3. 倒産前の不安は容易に解決することができました。

  4. 倒産しても早く再起をする方法がありました。

  5. 倒産手続きの流れを知ったうえで倒産準備をするべきでした。

  6. 事業停止の当日に従業員を解雇しても差支えありませんでした。

  7. 債権者集会で注意することがありました。

  8. 破産管財人は敵対する人ではありませんでした。

  9. 倒産しても人生はやり直せました。倒産は人生の終わりではありませんでした。

  10. 弁護士は倒産手続き費用の捻出の仕方を教えてくれませんでした。

  11. 破産申立に必要となる『資料』と『書類』の準備で苦労することになりました。

  12. 弁護士は破産申立に必要な『資料と書類』の準備を手伝ってくれませんでした。

  13. 破産申立時に保険の継続加入ができなくなりました。

  14. 破産申立時に車を没収されてしまいました。

  15. 破産申立をしても年金・子供手当は没収されませんでした。

  16. 倒産の苦しさには『倒産前の苦しさ』と『倒産後の苦しさ』がありました。

  17. 破産申立時に全ての預金通帳の提示を求められました。

  18. 倒産しても『銀行口座』を持つことは許されました。

  19. 倒産しても「携帯電話、パソコン、家電」等の所有は認められました。

  20. 倒産準備で「何を準備すればよいか」が分かりませんでした。

  21. 事業停止後、すぐに破産申立をしてもらう方法がありました。

  22. 倒産直前に特定の取引先に支払いをするべきではありませんでした。

  23. 免責不許可事由に該当しない倒産手続き費用の準備が必要でした。

  24. 倒産の不安を解決する方法がありました。

  25. 弁護士に倒産相談をする時の注意点がありました。

  26. 倒産しても人生が終わってしまう訳ではありませんでした。

  27. 倒産しても家族の生活を守る方法がありました。

  28. 怖がらずに倒産と向き合う方法がありました。

  29. YTOは「倒産の決断」の仕方を教えてくれますか?

  30. 『倒産の不安』はこれからどうなってしまうかが分からない不安でした。

  31. 前向きに倒産の対処をするべきでした。

  32. 破産申立を早く終結させる方法がありました。

  33. 倒産の準備の仕方を弁護士は教えてくれませんでした。

  34. “倒産の不安”・”倒産の心配”の相談に乗ってくれるところはありませんでした。

  35. 倒産後の生活費として99万円まで準備できることを知りませんでした。

  36. 特定の債権者の取立だけに応じていたら偏頗弁済になりました。

  37. 債権者集会の不安を解決する方法は難しくありませんでした。

  38. 税務署出頭時に未納金の支払確認で絶対に言ってはいけない言葉がありました。

  39. 事業停止までの準備不足で事業停止後に苦労することになりました。

  40. 弁護士は倒産後の生活不安の相談には乗ってくれませんでした。

  41. 粉飾決算がありましたが免責の判決をもらうことができました。

  42. 倒産しても家族名義の資産は没収されませんでした。

  43. 倒産することを従業員に事前告知するべきではありませんでした。

  44. 1ケ月前に解雇予告通知を出さなくても従業員を解雇する方法がありました。

  45. 倒産の決断ができずに不安からうつ状態になってしまいました。

  46. 倒産する時に生活費と家財を残しておく方法がありました。

  47. 弁護士は倒産後の家族の生活の心配は一切してくれませんでした。

  48. 倒産を前向きに進めることが倒産の不安解消になりました。

  49. 売掛金を差押えられてしまいました。役所での対応が失敗でした。

  50. 倒産の決断が遅くなりキャッシュアウトを引き起してしまいました。

  51. 倒産相談のタイミングを間違えていました。

  52. 計画倒産に当たらない倒産の準備の仕方がありました。

  53. 倒産の決断前に借り入れをしていれば免責不許可事由に当りませんでした。

  54. 倒産の決断を早くしていれば倒産後の生活の準備ができました。

  55. 倒産後の生活費を確保してから倒産手続きを弁護士に依頼するべきでした。

  56. 倒産準備の手順を知っていれば倒産手続きの不安は軽減できました。

  57. 弁護士一任の事業停止(倒産)を選択するべきではありませんでした。

  58. 倒産の不安は弁護士に相談しても解消できませんでした。

  59. 倒産手続きに際して弁護士は私的な相談には一切乗ってくれませんでした。

  60. 倒産手続きの相談を弁護士にする前に資産売却をしておくべきでした。

  61. 倒産準備をしている時に役所に売掛金を差押えられてしまいました。

  62. もっと早く倒産の決断をしていれば倒産後の再起は簡単にできました。

  63. 倒産手続きの準備は自分でもできました。弁護士に任せたら遅くなりました。

  64. 倒産回避を頑張った事が資金流出につながりました。お金を失う原因でした。

  65. 倒産手続きを全て弁護士に任せるべきではありませんでした。

  66. 弁護士にもっと早く受任通知を出してもらう方法がありました。

  67. 売掛金を倒産手続き費用に充当していれば、もっと早く破産申立ができました。

  68. 弁護士は「倒産後の家族の生活費」の心配はしてくれませんでした。

  69. 倒産の決断が遅くなるほど再起が難しくなることを知りませんでした。

  70. 倒産手続きの費用を決めるのは弁護士でした。裁判所ではありませんでした。

  71. 倒産前のお金の使い方を知っておくことが必要でした。

  72. 「倒産の辛さ、苦しさ」を弁護士が理解してくれることはありませんでした。

  73. 弁護士によって倒産手続き費用にかなり違いがでることを知りませんでした。

  74. 倒産は一人で決断し一人で準備をするべきでした。

  75. 税金等の公租公課の滞納額の差押に注意が必要でした。

  76. 手元にお金があるうちに倒産の決断ができなかったことを後悔しています。

  77. 倒産手続きの手順と倒産手続きの準備の仕方を知っておくべきでした。

  78. 公正証書の条文による財産の強制執行に注意が必要でした。

  79. 倒産準備の期間は、弁護士は債権者の取立の対応をしてくれませんでした。

  80. 弁護士に相談をする前に、倒産アドバイザーに相談をするべきでした。

  81. 前向きな倒産をするべきでした。

  82. 倒産相談の前に倒産準備が必要でした。

  83. 倒産の不安を解決することは簡単でした。

  84. 事業停止時に財産を差押えられないように注意をすることが必要でした。

  85. 倒産の決断は客観的にするべきでした。

  86. 倒産前に不動産、有価証券の売却をしておくべきでした。

  87. 会社倒産手続き費用を弁護士と交渉する方法がありました。

  88. 弁護士に早く受任通知を出してもらう方法がありました。

  89. 倒産手続き費用の捻出方法を知りませんでした。

  90. 倒産手続き費用を安くする方法がありました。

  91. 弁護士に相談してはいけないことがありました。

  92. お金を使ってはいけないと思っていました。

  93. 家族の生活を守る準備が必要でした。

  94. 弁護士に相談しても教えてくれない事がありました。

  95. 倒産手続きの進め方を知っていればこんなに苦労はしませんでした。

  96. 弁護士に相談する前にやっておくことがありました。

  97. 破産申立後の準備が何もできていませんでした。

  98. 破産申立費用の準備が必要でした。

  99. 倒産の決断はもっと早くするべきでした。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話