倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > ヤミ金からの借入を正直に報告することが必...

ヤミ金からの借入を正直に報告することが必要でした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • ヤミ金からの借入を正直に報告することが必要でした。

 

  • 倒産前の資金繰りでどうしても運転資金が必要でした。
  • 金融機関との融資協議は不調となり、資金調達が出来ませんでした。
  • クレジットカードによるキャッシングも出来ませんでした。
  • ファクタリングによる資金調達も売掛債権がないためできませんでした。
  • やむを得ずヤミ金から借入をしてしまいました。
  • ヤミ金からの借入はなかなか返済ができず、ジャンプを繰り返していました。
  • 法律相談時にヤミ金の借入を弁護士に報告をしませんでした。
  • 倒産後、ジャンプの履歴からヤミ金の借入が分かってしまいました。
  • 破産管財人から厳しい事情聴取を受けることになりました。

 

お伝えをしたいこと

  • ヤミ金からの借入も報告しておく必要があります。
  • ヤミ金からの借入返済ではジャンプを繰り返すことが一般的です。
  • ヤミ金からの借入返済ではかなりの過払いになることが一般的です。
  • ヤミ金返済のジャンプかなりの過払い偏頗弁済に当たります。
  • ヤミ金は違法な貸付に当たります。
  • ヤミ金からの借入は報告しにくいかもしれませんが必ず報告をするべきです。
  • 破産申立後にヤミ金からの借入が分かると事情聴取を受けることになります。

 

お教えをしたいこと

  • やむを得ずヤミ金から借入をした旨を報告するべきです。
  • やむを得ずヤミ金から借入をして運転資金に充当した旨を報告するべきです。
  • ヤミ金からの借入は現金出納現金元帳銀行元帳から不自然な資金移動として分かってしまいます。
  • ですから自分から正直に報告をするべきです。

 

私の教訓

  • ヤミ金からの借入を正直に報告しておくべきでした。
  • ヤミ金からの借入を隠すべきではありませんでした。
  • 破産管財人からヤミ金の借入について事情聴取を受けることになりました。
  • 破産管財人からジャンプ詳細の報告を求められることになりました。
  • 破産管財人からかなりの過払い実態の報告を求められることになりました。
  • 破産管財人からジャンプかなりの過払い偏頗弁済に当たる旨の指摘を受けることになりました。
  • 場合によっては「免責不許可事由に当たるかもしれない」と指摘を受けることになりました。
  • そのためやむを得ずヤミ金から借入をしたことを正直に報告しました。
  • そのためやむを得ず運転資金に充当したことを正直に報告しました。
  • 破産管財人から厳しく叱られることになりました。
  • 破産管財人から厳しく叱られたことはヤミ金からの借入を隠していたことでした。
  • 破産管財人から厳しく叱られましたが偏頗弁済免責不許可事由としての取扱にはされずに済みました。
  • 最初からヤミ金について正直に報告しておくべきでした。

 

*YTOはヤミ金からの借入の状況報告の対処を支援します。

*YTOはヤミ金への返済の状況報告の対処を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話