YTOの倒産の不安の解決事例

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例
  1. 佐賀県(サービス業):負債6500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 営業不振が原因で売上が激減しています。
    • 営業不振が原因で10ケ月連続の赤字です。
    • 営業不振が原因で買掛金の支払が3か月滞っています。
    • 営業不振が原因で来月期日と再来月期日の支払手形が不渡りになりそうです。
    • 営業不振が原因で公租公課の納付が滞り差押の通知も来ています。
    • メインバンクに要請した運転資金の借入も不調となりました。
    • 経営継続の目途が立ちません。運転資金確保の目途が立ちません。
    • 3か月先には倒産となりそうです。

    >>続きを読む

  • 宮城県(卸売業):負債3億9000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 東日本大震災後に商品仕入れができなくなりました。
    • 東日本大震災後に売上が激減しました。
    • 東日本大震災後に事業を再開しましたが予定通りの売上の確保ができません。
    • 売上金の確保ができないので仕入ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので買掛金の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので固定費の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので租税公課の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので借入金の返済もできない状況です。
    • 新規の運転資金の借入の目途も立ちません。
    • 債権者からの厳しい支払督促の対応もできない状況です。
    • 万策尽きてしまいました。どうしたら良いかが分かりません。

    >>続きを読む

  • 宮城県(卸売業):負債3億9000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 東日本大震災後に商品仕入れができなくなりました。
    • 東日本大震災後に売上が激減しました。
    • 東日本大震災後に事業を再開しましたが予定通りの売上の確保ができません。
    • 売上金の確保ができないので仕入ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので買掛金の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので固定費の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので租税公課の支払ができない状況です。
    • 売上金の確保ができないので借入金の返済もできない状況です。
    • 新規の運転資金の借入の目途も立ちません。
    • 債権者からの厳しい支払督促の対応もできない状況です。
    • 万策尽きてしまいました。どうしたら良いかが分かりません。

    >>続きを読む

  • 神奈川県(飲食業):負債8000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 売上減少により資金繰りの目途が立たない状況になっています。
    • 売上減少により借入金の返済が滞る状況になっています。
    • 売上減少により買掛金の支払が滞る状況になっています。
    • 売上減少により店舗の賃貸料の支払が滞る状況になっています。
    • 店舗運営に以下のような支障も生じています。
    1. 金融機関から期限の利益の喪失による借入金の一括返済を求められています。
    2. 地代家賃の支払ができず3か月後の店舗明渡しを通告されています。
    3. 複数の取引先より買掛未払い金の支払督促を受けています。
    • 3か月後まで経営継続ができません。
    • 3か月後には倒産に至る状況です。

    >>続きを読む

  • 滋賀県(製造業):負債4億円の解決事例

    <相談の概要>

    • 資金繰りの目途が立たず手形・小切手が不渡りになってしまいます。
    • 手形・小切手の不渡りを回避する為、金融機関に融資を申し込みましたが不調となりました。
    • 手形・小切手の振出し先に期日延長(ジャンプ)を申し入れましたが不調となりました。
    • 手形・小切手の振出し先は原材料の仕入れ先となる為、不渡りになった場合には原材料の仕入れができなくなります。
    • 手形・小切手が不渡りになった場合、原材料の仕入れができなくなるので経営継続が困難となり倒産に至ってしまいます。
    • 手形・小切手の不渡りを回避する資金繰りの目途が立ちません。
    • 2か月後には手形・小切手が不渡りになることが確実な状況です。
    • 2か月後には倒産を覚悟しなければならない状況です。

    >>続きを読む

  • 福井県(小売業):負債7500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 毎月赤字で運転資金の準備ができなくなりました。
    • 運転資金の借入もできなくなりました。
    • 自己資金も底をつきました。
    • 3か月先には運転資金の準備ができず支払いができない状況に至ります。
    • 運転資金の調達の手立ても無くなりました。
    • 3か月先の経営破綻が確定的になりました。
    • 3か月先の倒産が確定的になりました。
    • いま何をするべきかが分かりません。
    • いま何を準備するべきかが分かりません。
    • いま何をしてはいけないかも分かりません。
    • いま何もしなければ全てのお金がキャッシュアウトしてしまいます。
    • 全てのお金がキャッシュアウトしてしまえば倒産の費用も準備できなくなってしまいます。
    • いま何をしたらよいかが分からず不安で夜も眠れない状況です。

    >>続きを読む

  • 茨城県(卸売業):負債2億5000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 1か月先期日の手形1500万円が不渡りになりそうです。
    • 2か月先期日の手形1200万円が不渡りになりそうです。
    • 3か月先期日の手形1300万円も不渡りになりそうです。
    • 不渡りを回避する為の資金繰りの目途が立ちません。
    • 3か月先までの売掛金の回収資金では資金ショートを起こしてしまいます。
    • 不渡りを回避すると買掛金の支払ができなくなります。
    • 不渡りを回避すると給料の支払ができなくなります。
    • 不渡りを回避すると公租公課の支払ができなくなります。
    • 不渡りの回避と支払をする為の現金預金の余力がありません。
    • 不渡りの回避と支払をする為の金融機関からの新規借入金の目途が立ちません。
    • 3か月先までの資金繰りが行き詰まってしまいました。
    • 3か月先までに経営破綻してしまいそうです。
    • 支払トラブルを回避しながら破産申立手続きの準備はできるでしょうか。
    • 支払トラブルを回避しながら破産申立費用の準備はできるでしょうか。

    >>続きを読む

  • 栃木県(建築業):負債1億7000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 受注不振による運転資金の不足が深刻な状況になっています。
    • 買掛金の支払が6か月以上滞っています。
    • 買掛金の債権者からの取立が厳しい状況になっています。
    • 買掛金の債権者から未払い残金請求訴訟を起こされています。
    • 借入金の返済も6か月以上滞っています。
    • 金融機関から代位弁済の手続きを取られました。
    • 代位弁済先の保証会社から一括返済を求められています。
    • 税金・社会保険料の未納も6か月以上になっています。
    • 税金・社会保険料の未納により差押えの通知も来ています。
    • 全く資金繰りの目途が立ちません。
    • 経営継続の手立てが無くなってしまいました。
    • 唯一の資産は数件の仕掛かり工事の売掛金になります。
    • 仕掛かり工事の売掛金を確保して破産申立をすることができるでしょうか。

    >>続きを読む

  • 東京都(サービス業):負債5500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 運転資金不足から家賃支払が2か月以上遅延しています。
    • 運転資金不足から買掛支払が2か月以上遅延しています。
    • 運転資金不足から借入返済が3か月以上遅延しています。
    • 運転資金不足からリース支払が3か月以上遅延しています。
    • 運転資金不足から公租公課の支払が6か月以上遅延しています。
    • 支払遅延により頻繁に支払督促の電話がかかってきます。
    • 支払遅延により厳しい取立が生じています。
    • 支払遅延により訴訟も起こされています。
    • 支払遅延の対応で精神的に限界です。
    • まとまった資金は底をつき倒産手続き費用を準備することができません。
    • 新規の運転資金の融資の目途も立ちません。
    • 店舗の売上だけが現在の唯一の入金です。
    • 店舗の売上金を倒産手続き費用に充当できるでしょうか。
    • 店舗の売上金で倒産手続きを進めることはできるでしょうか。

    >>続きを読む

  • 神奈川県(建築業):負債9500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 向う3か月の資金繰りが全くできません。
    • 向う3か月の入金額の合計は1500万円です。
    • 向う3か月の支払額の合計は2800万円です。
    • 当月は300万円の資金不足です。
    • 来月は500万円の資金不足です。
    • 再来月は500万円の資金不足です。
    • 向う3か月で1300万円の資金不足の状況です。
    • 向う3か月の資金繰りの目途が立ちません。
    • 向う3か月の支払の為の運転資金の借入は不調となりました。
    • 向う3か月の新規受注による入金の予定もありません。
    • 個人の預貯金も既に使い果たしており現金預金もありません。
    • 向う3か月の経営継続が困難な状況です。
    • いま倒産を決断しなければならないでしょうか?

    >>続きを読む

  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話