YTOの倒産の不安の解決事例

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例
  1. 静岡県(建築業):負債2億2000万円の解決事例

    <相談事例>

    • 債権者からの取立で資金繰りが出来ません。
    • 債権者からの取立で固定費の支払が出来ません。
    • 債権者からの取立で租税公課の支払が出来ません。
    • 債権者からの取立で買掛の支払が出来ません。
    • 支払をしても未払い先からさらに取立を受ける悪循環になっています。
    • この悪循環でキャッシュアウトが止まりません。
    • 倒産の準備・倒産手続き費用の準備も出来ません。
    • 一時的にでも取立を止める方法があれば教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 岡山県(サービス業):負債1億2500万円の解決事例

    <相談事例>

    • 倒産に際して従業員の解雇で悩んでいました。
    • 倒産に際して従業員に解雇をどのように通知したら良いかで悩んでいました。
    • 解雇予告を30日以上前に通知すれば従業員とトラブルが生じることが予測できたからです。
    • 解雇予告を30日以上前に通知すれば倒産情報が外部に漏れて債権者からの取立が生じることが予測できたからです。
    • 倒産に際して大きなトラブルにならないように従業員を解雇する方法が分かりません。
    • 倒産に際して大きなトラブルにならないように従業員を解雇する方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 三重県(小売業):負債7500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 倒産を決断できずに悩んでいました。
    • 資金に余力のあるうちは頑張ろうと思っていました。
    • 頑張りましたが経営状況が良くなることはありませんでした。
    • 頑張りましたが債権者からの取立を受けることになりました。
    • 頑張りましたが債権者からの差押えを受けることになりました。
    • 頑張りましたがキャッシュアウトが起きることになりました。
    • まだ資金には多少の余力があります。
    • いま倒産したらどうなるかを教えて下さい。
    • いま倒産を決断するべきかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 大阪府(建設業):負債2億7000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 破産申立を考えていますが心配事があります。
    • 会社の資金を私的流用していました。
    • 会社の資金を着服していました。
    • 会社の資金を不適切な投資に利用していました。
    • 会社の資金の私的流用・着服・不適切な投資が破産申立で問題(免責不許可事由・背任行為)になるのではないかと心配しています。
    • どのように対処したら良いかがが分かりません。
    • どのように対処したら良いかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 埼玉県(サービス業):負債9000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 売上金の激減により資金繰りの目途が立たなくなりました。
    • 資金繰りの目途が立たない状況で債権者から口座差押をされました。
    • 税金の滞納で口座差押をされました。
    • ノンバンクの未返済で口座差押をされました。
    • 買掛金の未払いで口座差押をされました。
    • 2ヶ月先までの現金回収の売掛金合計500万円は差押を免れました。
    • 2ヶ月先までの現金回収の売掛金を使って破産申立をすることはできますか。
    • 2ヶ月先までの現金回収の売掛金を使って破産申立をする準備の仕方を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 宮城県(サービス業):負債1億1000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 新型コロナの影響で来店客数が90%以上激減しました。
    • 新型コロナの影響で売り上げが90%以上激減しました。
    • 資金繰りの目途が立たなくなりました。
    • 持続加給付金200万円では資金繰りが出来ません。
    • 雇用調整助成金がいつ支給されるのか分かりません。
    • 家賃支援給付金がいつ支給されるのか分かりません。
    • 融資による資金調達(融資実行)がいつになるか分かりません。
    • 資金繰りの目途が立たないので事業継続ができない状況になっています。
    • 手持ち資金は底をつきました。
    • 手元にある資産は受取手形売掛債権だけです。
    • 手元にある資産の受取手形売掛債権で破産申立はできますか。

    >>続きを読む

  • 東京都(飲食業):負債8000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 新型コロナウイルスの影響で閉店することとなりました。
    • 新型コロナウイルスの影響で4月以降、売上がほとんどありません。
    • 手持ち資金と借入金により固定費の支払をしてきましたが限界です。
    • 従業員の給料の支払が出来ません。
    • 買掛金の支払が出来ません。
    • 地代家賃の支払が出来ません。
    • 公租公課の支払が出来ません。
    • 借入金の返済ができません。
    • 売上がもとに戻る見込みもありません。
    • コロナ関連の新たな融資による運転資金調達の目途も立ちません。
    • 経営継続を目指して頑張りましたが手持ち資金がなくなりました。
    • 経営継続を目指して頑張りましたが頑張る気持ちを維持することもできません。
    • 破産申立と免責申立の方法を準備の仕方から教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 広島県(建築業):負債2億5000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 新型コロナウイルスの影響で契約予定がすべてキャンセルになりました。
    • 新型コロナウイルスの影響で受注予定もすべてキャンセルになりました。
    • 契約予定がすべてキャンセルになったことで2か月先までの資金繰りの目途が立たなくなりました。
    • 買掛金の支払が出来ない状況になりました。
    • 受注予定がキャンセルになったことで6か月先までの資金繰りの目途が立たなくなりました。
    • 経営継続の目途が立たない状況になりました。
    • 新型コロナウイルス対策の借入を申込みましたが、金融機関に「受付は3か月先」や「融資は早くて4か月先」と言われてしまい当面の資金調達ができません。
    • 支払が出来ないので債権者からの取立が厳しい状況です。
    • 手持ち資金も無いことからすぐに破産申立をすることも出来ません。
    • 破産申立をする方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 福島県(IT関連):負債5000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 取引先の倒産で売掛金の回収ができなくなりました。
    • 取引先の倒産で買掛金の支払ができなくなりました。
    • 取引先の倒産で借入金の返済ができなくなりました。
    • 取引先の倒産で公租公課の支払ができなくなりました。
    • 買掛先からの取立に対処ができません。
    • 借入金の返済督促の対処ができません。
    • 公租公課の未納から差押通知も届いています。
    • 取立・返済督促・差押通知の対処ができない状況での破産の準備の方法が分かりません。破産の準備の方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 千葉県(製造業):負債1億5000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 台風被害により経営継続が難しい状況になりました。
    • 台風被害の影響で製品製造ができなくなりました。
    • 台風被害の影響で納品ができなくなりました。
    • 台風被害の影響で売上が無くなりました。
    • 台風被害の影響で買掛支払借入返済等ができない状況になりました。
    • 台風被害の影響で給料の支払もできない状況になりました。
    • 台風被害の影響で運転資金の目途が立たなくなりました。
    • 台風被害の復旧費用の目途も立ちません。
    • 事業停止(倒産)をせざるを得ない状況になっています。
    • 事業停止(倒産)の仕方を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話