YTOの倒産の不安の解決事例

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例
  1. 福岡県(建築業):負債1億3500万円の解決事例

    <相談概要>

    • 倒産前、負債が1億3500万円とかなりの債務超過になっていました。
    • 倒産前、債権者に支払いができない状況になっていました。
    • 倒産前、債権者に支払いを待ってもらう状況になっていました。
    • 倒産前、債権者への支払が約束通りにできませんでした。
    • その結果、債権者から代物弁済を求められました。
    • その結果、債権者が代物弁済としてを持って行きました。
    • その結果、債権者が代物弁済として重機を持って行きました。
    • 破産申立時にこの代物弁済の件を報告しなければならないでしょうか。
    • 破産申立時にこの代物弁済の件をどのように報告したらいいでしょうか。

    >>続きを読む

  • 滋賀県(建設業):負債5500万円の解決事例

    <相談概要>

    • 破産申立前、資金繰りに窮していたことから先取特権質権(別除権)の付いている財産資産処分譲渡してしまいました。
    • 悪いこととは知りながら処分譲渡してしまいました。
    • どうしようもない状況に追い込まれて処分譲渡してしまいました。
    • しかし「破産申立時に大きな問題になるのでは」と怖くなり、悩んでいます。
    • 破産申立時に処分譲渡を大きな問題にしないための対処方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 新潟県(小売業):負債1億3000万円の解決事例

    <相談概要>

    • 破産申立の手続き費用の捻出で苦労しています。
    • 裁判所から売掛債権の差押え命令を通知されています。
    • 裁判所から特定預金口座の差押え命令を通知されています。
    • 売上金の減少のなかで差押えもされ、破産申立の手続き費用を捻出する予定が立たない状況になっています。
    • どのように破産申立費用を捻出したらいいかで悩んでいます。
    • どのように破産申立費用を捻出したらいいかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 北海道(サービス業):負債8000万円の解決事例

    <相談概要>

    • コロナの影響で売上が激減しています。
    • コロナの影響で1年以上売上がほとんどない状況が続いています。
    • 経営継続が難しい状況に至っています。
    • 6か月以内の経営破綻(倒産)がほぼ確実です。
    • しかし現状の法人資産個人資産を全て使えば負債の70%くらいは精算できそうです。
    • この状況では私的整理をするべきか法的整理をするべきかで悩んでいます。
    • この状況では私的整理をするべきか法的整理をするべきかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 宮城県(飲食業):負債2500万円の解決事例

    <相談概要>

    • コロナの影響で売上が激減しています。
    • コロナの影響で1年以上売上がほとんど無い状況が続いています。
    • 先3か月の固定費までは何とか準備ができそうです。
    • しかし先3か月以降は固定費の準備ができそうにありません。
    • この先、売上が回復する見込みもありません。
    • この先、金融機関からの資金調達もできそうにありません。
    • いまなら手持ちの資金資産で清算ができそうです。
    • 任意に倒産手続きを進める方法があれば教えて下さい。
    • 裁判所の手続きによらずに倒産手続きを進める方法があれば教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 福井県(サービス業):負債1800万円の解決事例

    <相談概要>

    • 事業運営に行き詰まっています。
    • 経営破綻の状況にまで至っています。
    • 現在手持ち資金が少しだけあります。
    • 現在資産が少しだけあります。
    • この手持ち資金資産を使って会社の整理を考えています。
    • 倒産ではなく、清算再建に向けた会社の整理をしたいと思っています。
    • しかし、どのように会社の整理を進めたらいいかが分かりません。
    • しかし、どのように会社の整理を進めたらいいかで悩んでいます。

    >>続きを読む

  • 東京都(飲食業):負債7500万円の解決事例

    <相談概要>

    • 倒産を考えていますが、従業員への給料等が支払えそうにありません。
    • 倒産を考えていますが、従業員に支払えない給料等が未払い賃金となってしまいそうです。
    • 従業員に支払えない給料等は定期賃金割増賃金(残業代)です。
    • 倒産をする時、従業員への未払い賃金の取り扱い方が分かりません。
    • 倒産をする時、従業員への未払い賃金をどうしたらいいかが分かりません。

    >>続きを読む

  • 石川県(建築業):負債2億2500万円の解決事例

    <相談概要>

    • 倒産の準備中に困ったことに気が付きました。
    • 貸付金の問題です。
    • 貸付金が債権に当たることが分りました。
    • 親族等への未回収の貸付金がありました。
    • 親への貸付金500万円がありました。
    • 友人への貸付金300万円がありました。
    • 貸付金を破産管財人が回収すると聞きました。
    • 親も友人も貸付金の返済ができそうにありません。

    >>続きを読む

  • 兵庫県(小売業):負債1億5000万円の解決事例

    <相談概要>

    • 倒産後の生活が不安です。
    • 現在、年金を受給しています。
    • 倒産をすると年金は没収されますか。
    • 年金が没収されてしまうと倒産後のお金の目途が立たなくなってしまいます。
    • 年金が没収されてしまうと倒産後の生活費が全くなくなってしまいます。
    • 倒産をした時、年金が没収されないようにすることができるでしょうか。
    • 倒産をした時、年金の取扱がどうなるかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 福岡県(建築業):負債4億7000万円の解決事例

    <相談概要>

    • 破産申立を考えていますが、妻個人が多額の借入金の債務保証(連帯保証人)をしています。
    • 破産申立をする場合、妻個人にはどのような責任が求められますか。
    • 破産申立をする場合、妻個人が借入金の返済を求められることになりますか。
    • 破産申立をする場合、妻個人はどうしたらいいですか。
    • 妻個人が多額の借入金の返済をすることは不可能です。
    • 妻個人が多額の借入金の返済を求められても対処ができません。
    • どのように対処をしたら良いかを教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 1 2 3 4 5 6 8
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話