ご相談の実例

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 破産申立時における現金・預金の使途の報告の仕方についての相談

    相談内容

    • 「2年前までの現金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 「3か月前までの直近の現金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 破産申立において現金の使途を報告しなければならないでしょうか。
    • 「2年前までの預金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 破産申立において預金の使途を報告しなければならないでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 破産申立において現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒3か月前までの直近の現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • 破産申立において預金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの預金の使途はどのように報告するのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 破産申立では現金の使途の報告が必要になります。
    • ⇒法人の現金の使途は2年前までの現金元帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒個人の現金の使途は直近3か月前までの現金出納帳を提出することにより報告することになります。
    • 破産申立では預金の使途の報告が必要になります。
    • ⇒法人の預金の使途は2年前までの預金通帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒個人の預金の使途は2年前までの預金通帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒ネットバンク等で預金通帳がない場合は、2年前までの入出金データにより報告することになります。
    • 破産管財人は現金の使途預金の使途不適切な使途がないかを必ず確認します。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載があるか否かを事前に確認しておく必要があります。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載がある場合、注意が必要です。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載がある場合、事前にその対策を講じておく必要があります。
    • 不適切な使途の疑いがある場合、破産管財人は必ずその報告を求めてきますので事前に準備をしておく必要があります。

     

    *YTOは不適切な使途に当たるか否かの確認を支援します。

    *YTOは不適切な使途を疑われる記載の対策準備を支援します。

  • 破産申立時の預金通帳の報告についての相談

    相談内容

    • 破産申立時に過去2年分の預金通帳を提出しなければならないことを知りませんでした。
    • 破産申立時に過去2年分の法人名義個人名義預金通帳を提出しなければならないことを知りませんでした。
    • 過去2年分の預金通帳を廃棄している場合はどうしたらいいでしょうか。
    • 過去2年分の預金通帳をなくしてしまった場合はどうしたらいいでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 過去2年分の預金通帳は再発行してもらえるのでしょうか。
    • 過去2年分の預金通帳を再発行してもらう時、注意をしなければならないことがあるのでしょうか。
    • 過去2年分の法人名義預金通帳で何を確認されるのでしょうか。
    • 過去2年分の個人名義預金通帳で何を確認されるのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 過去2年分の預金通帳は金融機関で再発行してもらえます。
    • 過去2年分の預金通帳の再発行を金融機関に依頼すると、破産申立を疑われることがあります。
    • 再発行の依頼の仕方には注意が必要です。
    • 過去2年分の預金通帳により不適切な資金使途等を確認されます。
    • 過去2年分の法人名義預金通帳から不適切な資金使途等の有無を確認されます。
    • 過去2年分の個人名義預金通帳から不適切な資金使途等の有無を確認されます。
    • 過去2年分の預金通帳の履歴に不適切な資金使途等があるかどうかを事前に確認をしておく必要があります。
    • 過去2年分の預金通帳の履歴に不適切な資金使途等がある場合には注意が必要です。
    • 過去2年分の預金通帳の履歴に不適切な資金使途等がある場合には事前に破産管財人への報告準備が必要です。
    • 過去2年分の預金通帳の取扱には注意が必要です。

     

    *YTOは預金通帳の準備を支援します。

    *YTOは預金通帳の確認を支援します。

  • 倒産の準備をする時の注意点についての相談

    相談内容

    • 倒産の準備をする時の注意点が分かりませんでした。
    • 倒産の準備をする時の注意点を知りませんでした。
    • 倒産の準備で特に注意をすることはないと思っていました。
    • 注意点を知らずに倒産の準備をすると何か問題になるでしょうか。
    • 注意点を知らずに倒産の準備をすると困ったことが起きるでしょうか。
    • 注意点を知らずに倒産の準備をするとどのようなことになるでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 早い時期から倒産の準備をしたいと思っています。
    • お金に多少の余裕があるうちに倒産の準備をしたいと思っています。
    • 気持ちに多少の余裕があるうちに倒産の準備をしたいと思っています。
    • 早い時期から倒産の準備をしても差支えないでしょうか。
    • 早い時期から倒産の準備をしても問題にならないでしょうか。
    • 早い時期から倒産の準備をする時の注意点があるのでしょうか。
    • 早い時期から倒産の準備をする時の注意点があれば教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 早い時期における倒産の準備は以下の通りです。
    1. 債権者の確定(※資料・書類の準備)
    2. 負債額の確定(※資料・書類の準備)
    3. 資産の確定(※資料・書類の準備)
    4. 棚卸資産の確定(※資料・書類の準備)
    5. 什器備品の確定(※資料・書類の準備)
    6. 破産申立の手続き(※資料・書類の準備)
    7. 免責申立の手続き(※資料・書類の準備)
    • ただし早い時期から上記の準備をする際、注意しなければならないこともあります。
    • ⇒この倒産の準備が計画倒産を疑われないように注意しなければなりません。
    • ⇒この倒産の準備が計画倒産に当たらないように注意しなければなりません。
    • もし倒産の準備で計画倒産を疑われた場合、破産管財人から計画倒産に当たるか否かの調査を受けます。
    • この調査にはかなりの時間を要するため、結果として破産手続きが長期間化します。
    • もし倒産の準備で計画倒産を疑われた場合、債権者集会で債権者から計画倒産の調査を求められます。
    • この調査にはかなりの時間を要するため、結果として破産手続きが長期間化します。
    • 調査により倒産の準備が計画倒産と認定されて免責不許可事由に該当となれば、免責許可を得ることができなくなる可能性もあります。
    • したがって倒産の準備をする時の注意点は計画倒産にならないように注意をすることです。

     

    *YTOは倒産の準備を注意点から支援します。

    *YTOは計画倒産にならない倒産の準備を支援します。

  • 倒産後に再起業する方法についての相談

    相談内容

    • 「倒産したら再起業は難しい」と思っていました。
    • 「倒産したら再起業は許されない」と思っていました。
    • しかし「倒産しても再起業したい」という思いがありました。
    • しかし「倒産してももう一度やり直したい」という気持ちがありました。
    • 倒産しても再起業はできるでしょうか。
    • 倒産しても再起業して差し支えないでしょうか。

     

    相談の経緯

    • できれば破産申立が終結した後に再起業したいと思っています。
    • できれば破産申立が終結した後にやり直したいと思っています。
    • 破産申立が終結した後に再起業はできるでしょうか。
    • 破産申立が終結した後にやり直すことはできるでしょうか。
    • 破産申立をすると再起業は諦めなければいけないのでしょうか。
    • 破産申立をすると再起業は許されないのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 破産申立をしても再起業は可能です。
    • 破産手続きが終結すれば再起業は可能です。
    • 破産手続きが終結すれば再起業しても差支えありません。
    • 破産手続きが終結すれば再起業して代表取締役に就任することも可能です。
    • ただし再起業する際に制限を受けることもありますので注意が必要です。
    1. 再起業に際して金融機関から融資を受けることはできません。
    2. 破産者履歴(ブラック)が信用問題として付きまといます。
    3. 再起業後7年間は破産申立ができません。
    4. 故に再起業は失敗できません。
    • この制限を承知のうえで再起業することになります。
    • この制限を承知のうえで企業運営ができるならば再起業は可能です。
    • この制限を承知のうえで再起業して成功しているケースは多々あります。
    • しかし再起業に失敗するケースもありますので注意は必要です。
    • 倒産をして事業に失敗したからといって破産申立終結後に再起業を制限されることはありません。
    • 倒産をして事業に失敗したからといって破産申立終結後に再起業を諦める必要もありません。
    • 倒産をして事業に失敗したからといって破産申立終結後の再起業に差し支えは一切ありません。
    • 再起業には苦労があると思いますが、倒産時のお金の苦労に比べれば大した苦労ではないと思います。
    • 再起業には苦労があると思いますが、倒産時の精神的な苦労に比べれば大した苦労ではないと思います。
    • 破産申立後にもう一度やり直すことは可能です。
    • 破産申立後の再起業は可能です。

     

    *YTOは再起業の仕方を支援します。

    *YTOは再起業の準備を支援します。

  • 倒産の心配・不安を軽減する方法についての相談

    相談内容

    • 倒産の心配不安で悩んでいます。
    • 倒産の心配不安でどうしたらいいかが分かりません。
    • 倒産の心配不安で何をしたらいいかが分かりません。
    • 倒産の心配不安を考えると怖くて逃げだしたい気持ちです。
    • 倒産の心配不安を乗り越えることができそうにありません。
    • 倒産の心配不安を軽減する方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産における心配不安の原因は多岐に渡ります。
    1. 倒産後の生活費
    2. 倒産後の家族の生活
    3. 倒産後の再起
    4. 倒産の準備
    5. 倒産の費用
    6. 倒産費用の捻出
    7. 倒産手続き
    8. 弁護士選定
    9. 破産管財人の対処
    10. 従業員解雇の対処
    11. 債権者集会の対処
    • どのように倒産の心配不安を乗り越えたらいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産の心配不安は考え始めたらきりがありません。
    • 倒産の心配不安は考え始めると、さらに心配不安になります。
    • 倒産の心配不安は一朝一夕で簡単に解決することは出来ません。
    • しかし倒産の心配不安を軽減することは可能です。
    • 倒産の心配不安を軽減する方法は、倒産の心配不安を解決する準備を進めることです。
    • 倒産の心配不安を軽減する方法は、倒産の心配不安を解決する準備をできるだけ早い時期から始めることです。
    • 倒産の心配不安を解決する準備を始めると倒産の心配不安の解決に目途が立ち、それに伴って倒産の心配不安も軽減できます。
    • これが倒産の心配不安を軽減する方法です。
    • 倒産の心配不安を解決する準備を始めれば倒産の心配不安は必ず軽減できます。

     

    *YTOは倒産の心配不安の軽減を支援します。

    *YTOは倒産の心配不安の解決を支援します。

  • 破産に立ち向かう方法についての相談

    相談内容

    • 破産が怖くて破産に立ち向かう勇気を持つことができません。
    • 破産が怖くて破産の決断ができません。
    • 破産が怖くてどうしたらいいかが分かりません。
    • 破産が怖くて破産にどのように立ち向かえばいいかが分かりません。
    • 破産が怖くて何もせずに悩んでいる状況が続いています。
    • 破産が怖くて何もせずに悩んでいるだけで日に日に状況が悪化しています。
    • 破産にどのように立ち向かえば良いか教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 怖くて破産に立ち向かうことができません。
    • 破産によって財産を無くしてしまうことが怖いからです。
    • 破産によって信用を無くしてしまうことが怖いからです。
    • 破産によって生きて行く希望を失ってしまうことが怖いからです。
    • どうしても破産に立ち向かうことができません。
    • どのように破産に立ち向かえばいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産への心配と不安について悩んでいるだけでは立ち向かうことはできません。
    • 破産に立ち向かう勇気を持つことができなくなるからです。
    • 破産に立ち向かう決断ができなくなるからです。
    • 破産に立ち向かうことは簡単ではありませんが、何もせずに悩んでいるだけでは事態は悪化するだけです。
    • 破産に立ち向かう方法は希望を失わないことが重要です。
    • 破産に立ち向かう方法は希望を持つことが重要です。
    • そのためには破産後の人生を再スタートする希望を持つ必要があります。
    • そのためには破産後の人生の再スタートする希望の準備をする必要があります。
    • 破産をしても人生をやり直すことは可能です。
    • 破産をしても人生をやり直すことを諦める必要はありません。
    • 破産をしても人生を再スタートする希望を失わず、人生をやり直す準備をすることです。
    • この人生をやり直す準備こそが破産に立ち向かう方法です。
    • 人生をやり直す希望を失わなければ破産に立ち向かうことは可能です。

     

    *YTOは破産に立ち向かう準備を支援します。

    *YTOは破産をしても人生をやり直す準備を支援します。

  • 妻が【名目上の取締役】になっている時の倒産の対処についての相談

    相談内容

    • 妻に名目上の取締役として名前を借りていました。
    • 安易に妻を名目上の取締役として登記していました。
    • 妻が名目上の取締役であっても、倒産をすると取締役としての責任を問われるのでしょうか。
    • 倒産をした時に妻が取締役として責任を問われるのではないかと心配です。
    • 倒産をした時に妻が取締役として責任を問われるのかを教えて下さい。
    • 倒産をした時に妻が取締役として責任を問われないようにする為にはどうしたらいいかを教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 妻は名目上の取締役で名前を借りているだけです。
    • 妻は名目上の取締役で会社経営には一切かかわっていません。
    • 妻は名目上の取締役で役員報酬等は一切支払っていません。
    • 妻は名目上の取締役で会社債務の連帯保証人にもなっていません。
    • 上記の場合でも倒産をした場合、妻は取締役としての責任を問われるのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 取締役が名目上の取締役名前を借りているだけの場合、以下の状況であれば一般的には責任を問われることはありません。
    1. 本当に名前を貸しているだけの場合。
    2. 会社業務に一切かかわっていない場合。
    3. 役員報酬を一切得ていない場合。
    4. 会社債務の連帯保証人になっていない場合。
    • 上記を証明できれば名目上の取締役が取締役としての責任を問われることは一般的にはありません。
    • 上記を証明できれば名目上の取締役が倒産(破産申立)の当事者となることは一般的にはありません。
    • 上記を証明できれば名目上の取締役となりますので、必要以上に心配をすることはありません。
    • 事前に商業登記簿謄本全部事項証明書名目上の取締役であることの証明資料を準備して、法律相談時に妻が名目上の取締役であることを弁護士に説明できるように準備をしておくことが必要です。
    • しかし上記を証明できない場合には名目上の取締役とはならず、取締役としての責任を問われることになります。

     

    *YTOは名目上の取締役責任を問われない証明準備を支援します。

    *YTOは名目上の取締役責任を問われない資料準備を支援します。

  • 倒産前の【棚卸資産】の整理の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前に棚卸資産の整理をしておくべきかが分かりませんでした。
    • 倒産前に棚卸資産をどのように整理したら良いかが分かりませんでした。
    • 倒産前に整理する棚卸資産の内容(棚卸資産の種類)が分かりませんでした。
    • 倒産前、どのくらい前の時期から棚卸資産の整理をしたら良いかかが分かりませんでした。
    • 倒産前の棚卸資産の整理の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前の棚卸資産の整理の仕方について教えて下さい。
    • 倒産前に棚卸資産を整理しておくべきかを教えて下さい。
    • 倒産前に棚卸資産をどのように整理したら良いかを教えて下さい。
    • 倒産前に整理をする棚卸資産の内容(棚卸資産の種類)を教えて下さい。
    • 棚卸資産の整理は倒産前のどのくらいの時期から始めれば良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に棚卸資産は整理をしておくべきです。
    • 法人資産の統括表一覧として整理をしておく必要があります。
    • 整理をする棚卸資産は以下の通りです。
    1. 商品在庫数量評価額
    2. 材料在庫数量評価額
    3. その他の在庫数量評価額
    • 倒産前の出来るだけ早い時期から棚卸資産の整理を始めておくべきです。
    • 必ず棚卸資産の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきです。
    • ⇒弁護士は棚卸資産の整理を手伝ってくれないからです。
    • ⇒弁護士に破産申立の相談をすると「事業停止後に棚卸資産の整理をするように」と指示をされるからです。
    • ⇒また事業停止後の棚卸資産の整理はとても辛いです。
    • ⇒事業停止をした事業所で債権者と顔を合わせることになるからです。
    • ⇒事業停止後の精神状態のもとでは棚卸資産の整理は手早くできません。
    • 弁護士は棚卸資産の整理ができなければ破産申立はしてくれません。
    • 棚卸資産の整理が手早く出来ないと破産申立はかなり遅くなってしまいます。
    • 事業停止前の早い時期であれば、比較的落ち着いて棚卸資産の整理ができるはずです。
    • ですからできるだけ早い時期から棚卸資産の整理を始めておくべきです。

     

    *YTOは棚卸資産の書類作成を支援します。

    *YTOは棚卸資産の数量と評価額の資料作成を支援します。

  • 倒産前の【什器備品】の整理の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前に什器備品のことはあまり考えていませんでした。
    • 倒産前に什器備品をどのように整理したらよいかも考えていませんでした。
    • 倒産前に整理をする什器備品の内容(什器備品の種類)についてもあまり気にしていませんでした。
    • 倒産前に「どのくらい前から什器備品の整理をしておくべきか?」もほとんど考えていませんでした。
    • 結局、事業停止後に什器備品の整理で苦労することになりました。
    • 倒産前の什器備品の整理の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前の什器備品の整理の仕方を教えて下さい。
    • 什器備品を整理しておくべきかを教えて下さい。
    • 什器備品をどのように整理したらいいかを教えて下さい。
    • 整理をする什器備品の内容(什器備品の種類)を教えて下さい。
    • 什器備品の整理は倒産前のどのくらいの時期から始めればいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に什器備品の整理をしておくことが必要です。
    • 法人資産の統括表一覧として整理をしておくことが必要です。
    • 整理をする什器備品は以下となります。
    1. 事業所内の椅子の数量と評価額
    2. 事業所内の書棚ロッカーの数量と評価額
    3. 事業所内のPC等の事務機器の数量と評価額
    4. 事業所内のPCソフトの数量と評価額
    5. 事業所内の事務用品(文房具等)の数量と評価額
    6. 事業所内の備品(TV・カメラ等)の数量と評価額
    • 等々です。
    • 倒産前の出来るだけ早い時期から什器備品の整理を始めておくべきです。
    • 必ず什器備品の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきです。
    • ⇒弁護士は什器備品の整理を手伝ってくれないからです。
    • ⇒弁護士に破産申立の相談をすると事業停止後に什器備品の整理をするよう指示をされるからです。
    • ⇒事業停止後の什器備品の整理は辛いことになります。
    • ⇒事業停止をした事業所で債権者と顔を合わせることになるからです。
    • ⇒事業停止後の精神状態のもとで什器備品の整理を手早くするのは難しいからです。
    • 弁護士は什器備品の整理ができなければ破産申立はしてくれません。
    • 什器備品の整理が手早く出来ないと破産申立はかなり遅くなってしまいます。
    • 事業停止前の早い時期であれば、比較的落ち着いて什器備品の整理ができるはずです。
    • ですから出来るだけ早い時期から什器備品の整理を始めておくべきです。

     

    *YTOは什器備品の書類作成を支援します。

    *YTOは什器備品の数量と評価額の資料作成を支援します。

  • 倒産前の【資産】の整理の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前に資産の整理をしておくべきかが分かりませんでした。
    • 倒産前に資産をどのように整理したらよいかが分かりませんでした。
    • 倒産前に整理をする資産の内容(資産の種類)が分かりませんでした。
    • 倒産前、どのくらい前から資産の整理をすればよいかが分かりませんでした。
    • 倒産前の資産の整理の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前の資産の整理の仕方を教えて下さい。
    • 資産を整理しておくべきかを教えて下さい。
    • 資産をどのように整理したらいいかを教えて下さい。
    • 整理をする資産の内容(資産の種類)を教えて下さい。
    • 資産の整理は倒産前のどのくらいの時期から始めればいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に資産の整理をしておくべきです。
    • 法人資産と個人資産に分けて資産目録として整理をしておくことが必要です。
    • 整理をする資産は以下となります。
    1. 現金
    2. 普通預金定期預金積立預金
    3. 不動産(土地・建物)
    4. 動産(自動車等の車両・時価20万円以上の動産(家電etc)
    5. 有価証券(株券・ゴルフ会員権・出資証券etc)
    6. 保険(生命保険・一時払い保険・学資保険etc)
    7. 敷金保証金  
    • 等々です。
    • 倒産前の出来るだけ早い時期から資産の整理を始めておくべきです。
    • 必ず資産の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきです。
    • 弁護士は資産の整理ができなければ破産申立をしてくれません。
    • 弁護士は資産の整理を手伝ってくれません。
    • 弁護士に破産申立の相談をしても「事業停止後に資産の整理をするように」と指示をされるだけです。
    • しかし事業停止後の資産の整理はとても辛いです。
    • 事業停止をした事業所で債権者と顔を合わせることになるからです。
    • 事業停止後の精神状態のもとでは資産の整理はとても手早くできません。
    • 資産の整理が手早くできないと破産申立はかなり遅くなってしまいます。
    • これに対して事業停止前の早い時期であれば、比較的落ち着いて資産の整理ができるはずです。
    • ですからできるだけ早い時期から資産の整理を始めておくべきです。

     

    *YTOは資産の書類作成を支援します。

    *YTOは資産の証明資料の整理を支援します。

  • 1 2 3 4 5 6 12
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話