ご相談の実例

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 倒産直前に親族に借りたお金を返済する方法についての相談

    相談内容

    • 倒産直前に親族から借りたお金をどのように返済するか?で悩んでいます。
    • ⇒倒産直前に親族から借りたお金の返済はできるでしょうか?
    • ⇒倒産直前に親族から借りたお金を返済しても大丈夫でしょうか?
    • ⇒倒産直前に親族から借りたお金を返済したらどうなるでしょうか?
    • ⇒倒産直前に親族から借りたお金を返済しても問題にならないでしょうか?
    • 破産申立に際して親族から借りたお金の返済で悩んでいます。
    • 破産申立に際して親族から借りたお金を返済する方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産直前でも「親族から借りたお金を返済したい」と思っています。
    • しかし倒産直前に親族から借りたお金を返済する方法がわかりません。
    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済する方法で悩んでいます。
    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済する方法はあるのでしょうか?
    • 倒産直前の親族から借りたお金の返済は後々問題になりますか?
    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済する方法を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産直前における親族から借りたお金の返済偏頗弁済に当たります。
    • 偏頗弁済は禁じられた行為になりますので注意が必要です。
    • 倒産直前の偏頗弁済は破産管財人に必ず確認されます。
    • 偏頗弁済が確認されると破産管財人は弁済先に弁済金額の返還を求めます。
    • 故に倒産直前に親族から借りたお金の返済はできません。
    • 故に倒産直前に親族から借りたお金を返済する方法もありません。
    • 倒産直前の偏頗弁済は債権者集会で大問題になることがあるため注意が必要です。
    • ただし倒産直前でなければ親族から借りたお金の返済は差支えありません。
    • ただし倒産直前でなければ親族から借りたお金を返済する方法はあります。
    • 倒産の前6か月くらいの時期であれば、後々問題にならないように親族から借りたお金の返済は可能です。
    • 倒産の前6か月くらいの時期であれば、後々問題にならないように親族から借りたお金を返済する方法はあります。
    • もし倒産前に親族から借りたお金の返済を考えているのなら、早い時期での倒産の決断が必要です。

     

    *YTOは親族から借りたお金の返済準備を支援します。

    *YTOは親族から借りたお金の返済方法を支援します。

  • 破産申立後の生活費を残す方法についての相談

    相談内容

    • 破産申立後の生活費をどうしたらいいかで悩んでいます。
    • 破産申立後の生活費の準備で悩んでいます。
    • 破産申立後の生活費の捻出で悩んでいます。
    • 破産申立後の生活費をどのように準備したらいいでしょうか?
    • 破産申立後の生活費の準備はどのようにしたらいいでしょうか?
    • 破産申立後の生活費の捻出はどのようにしたらいいでしょうか?
    • 破産申立後の生活費をどうしたらいいか教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産申立後の生活費をどうしたらいいかが分かりません。
    • 破産申立後の生活費をどうしたらいいかが分からないので不安です。
    • 破産申立後の生活費の準備の仕方が分かりません。
    • 破産申立後の生活費の準備の仕方が分からないので不安です。
    • 破産申立後の生活費を残す方法が分りません。
    • 破産申立後の生活費を残す方法が分らないので不安です。
    • 破産申立後の生活費を残しても差支えないのでしょうか?

     

    相談の要点

    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費を準備しても差支えありません。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費を残しても差支えありません。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費は一定限度額を目安に事前に残しておいても差支えありません。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費の一定限度額の目安は90万円程度です。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費を残した経緯は、弁護人と破産管財人に報告する必要があります。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費を残した経緯は、証拠により適切な準備であったことを証明する必要があります。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費を残した経緯は、事前に証明することで認めてもらえます。
    • 破産申立後に生きて行くために必要となる生活費は破産申立前に準備して捻出しておくべきです。
    • さらにその報告の準備もしておくべきです。

     

    *YTOは破産申立後の生活費の準備を支援します。

    *YTOは破産申立後の生活費準備の報告書作成を支援します。

  • 債権者集会の準備の仕方についての相談

    相談内容

    • 債権者集会が紛糾するのではないか不安です。
    • 債権者集会の紛糾対策は可能でしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策はどのようにしたらいいでしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策の準備はどのようにしたらいいでしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策は①いつ・②誰とおこなったらいいでしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策の仕方を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 債権者集会はよく紛糾すると聞いて不安です。
    • 債権者集会が紛糾した結果、債権者集会がなかなか終結しないケースがよくあると聞いて心配です。
    • 債権者集会の紛糾対策はできるでしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策の準備はやり方があるのでしょうか?
    • 債権者集会の紛糾対策の準備は難しいと聞きましたが本当でしょうか。

     

    相談の要点

    • 債権者集会の紛糾対策とは債権者集会を紛糾させる債権者の対策です。
    • 債権者集会の紛糾対策は債権者集会を紛糾させる債権者がいるか否かの確認から始まります。
    • 給料未払いで債権者となった従業員は債権者集会を紛糾させる可能性が高いです
    • 買掛金未払いで債権者となった古くからの取引先は債権者集会を紛糾させる可能性が高いです。
    • 債権者集会を紛糾させる恐れのある債権者の情報を確認しておくことが債権者集会の準備になります。
    • 債権者集会を紛糾させる恐れのある債権者は債権者集会の質疑応答の時、感情的な言動事実と相異した言動誹謗中傷で債権者集会を紛糾させます。
    • この債権者の情報を債権者集会前に弁護士破産管財人に報告しておく必要があります。
    • この債権者の情報を債権者集会前に報告をしておけば、債権者集会時に弁護人破産管財人に対処してもらうことが可能となります。
    • 債権者集会を紛糾させる恐れのある債権者がいる場合、債権者集会前にその具体的な情報を弁護士破産管財人に報告をしてその対処を依頼しておくこと必要があります。
    • 具体的な情報を報告しておけば、弁護士破産管財人は事前にその対策の準備ができます。
    • この報告準備が債権者集会の準備です。
    • この報告準備が債権者集会の心配と不安の軽減につながります。

     

    *YTOは債権者集会の準備を支援します。

    *YTOは弁護士と破産管財人への報告準備を支援します。

  • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談するまでの方法についての相談

    相談内容

    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談した方がいいでしょうか?
    • 破産申立の準備をしないで弁護士に相談してもいいでしょうか?
    • 破産申立の準備をしないで弁護士に相談すると何か困ったことが起きるでしょうか?
    • できれば破産申立の準備をしてから弁護士に相談したいと思っていますが、その破産申立の準備の仕方が分りません。
    • 破産申立の準備は弁護士に相談しなくてもできるでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 「破産申立の準備を弁護士は手伝ってくれない」と聞きましたが本当ですか?
    • 「破産申立の準備は自分でやることになる」と聞きましたが本当ですか?
    • 「破産申立の準備をしないで弁護士に相談すると破産申立が遅くなる」と聞きましたが本当ですか?
    • 「破産申立の準備をしないで弁護士に相談すると破産申立の準備期間中に苦労することになる」と聞きましたが本当ですか?

     

    相談の要点

    • 破産申立の準備を弁護士は手伝ってくれません。
    • 破産申立の準備は自分でやらなければいけません。
    • 破産申立の準備をせずに弁護士に相談をした場合、自らがする破産申立の準備を完了させないと弁護士は破産申立をしてくれません。
    • 未経験の破産申立の準備を早く完了できる訳がありませんので破産申立は当然遅くなります。
    • 破産申立の準備をせずに弁護士に相談した場合、弁護士に事業停止の告知文書を事業所の玄関等に貼られます。
    • 事業停止後に事業停止の告知文書が貼られた事業所で破産申立の準備を自分で行うことになります。
    • 当然事業所で債権者と顔を合わせることになるため、結果として苦労することになります。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談することができれば上記の心配と不安は軽減できます。
    • 破産申立の準備は多岐に渡る面倒な準備になりますが、難しい準備ではありません。
    • 破産申立の準備とは①破産申立に必要となる資料の準備と②破産申立に必要となる書類作成の準備の2つです。
    • 破産申立の準備項目等が分かれば、時間は掛かると思いますが自分でも破産申立の準備はできます。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談をするべきです。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談をして一刻も早く破産申立をしてもらうべきです。
    • 早く破産申立ができれば破産申立の準備期間中の苦労は軽減できます。

     

    *YTOは破産申立の準備を支援します。

    *YTOは事業停止後の苦労の軽減を支援します。

  • 破産申立後に健康保険証を持つ方法についての相談

    相談内容

    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証はどうなるのでしょうか?
    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は失効してしまうのでしょうか?
    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は使用できなくなるのでしょうか?
    • 「破産申立をした後に病気になったら…」と心配です。
    • 「破産申立をした後に病院にかかれなくなるのでは…」と心配です。
    • 「破産申立をした後に健康保険証を持てなくなるのでは…」と不安です。
    • 破産申立をした後の健康保険証はどうしたらいいのでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 「破産申立をしたら法人名義の健康保険証は失効する」と聞きました。
    • 「破産申立をしたら法人名義の健康保険証は使用できなくなる」と聞きました。
    • 「破産申立をしたら法人名義の健康保険証は破産管財人に提出することになる」と聞きました。
    • 破産申立をした後、健康保険証はどうしたらいいのでしょうか?
    • 破産申立をした後、病気になったらどうしたらいいのでしょうか?

     

    相談の要点

    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は失効します。
    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は使用できなくなります。
    • しかし破産申立をして法人名義の健康保険証が使用できなくなっても心配ありません。
    • 破産申立をしても直ぐに個人名義の国民健康保険に加入できます。
    • 破産申立をしても直ぐに個人名義の国民健康保険に加入をすれば、病院にもかかることができます。
    • 破産申立をしても直ぐに個人名義の国民健康保険に加入をすれば、限度額適用認定証の交付申請ができます。
    • 大きな病気で入院をした場合も、限度額適用認定証の交付を受けることで入院費等の個人負担を大幅に軽減できます。
    • 破産申立をしたら直ぐに個人名義の国民健康保険の加入手続きを市役所等の国民健康保険課等で行って下さい。
    • 破産申立後の健康面への不安国民健康保険に加入することで解決できます。

     

    *YTOは国民健康保険の加入手続きを支援します。

    *YTOは限度額適用認定証の交付手続きを支援します。

  • 破産申立の後の賃貸住宅の契約についての相談

    相談内容

    • 破産申立にともない住宅(住まい)はなくなってしまうでしょうか?
    • 破産申立にともない住宅(住まい)がなくなってしまうことが心配です。
    • 破産申立にともない住宅(住まい)がなくなってしまいそうで悩んでいます。
    • 破産申立にともなう住宅(住まい)の問題をどうしたらいいかで悩んでいます。
    • 破産申立にともない住宅(住まい)の問題をどのように解決したらいいでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 破産申立をすると「借入等の担保となっている住宅は担保権者に引き取られてしまう」と聞いています。
    • しかし破産申立後の住宅(住まい)をどのように確保したらいいかが分かりません。
    • 破産申立後の住宅(住まい)を賃貸住宅としても差支えないでしょうか?
    • 破産申立後に住宅(住まい)の賃貸契約はできるでしょうか?
    • 破産申立後の住宅(住まい)の賃貸契約に必要となる資金賃貸契約の名義はどのようにしたらいいでしょうか?
    • 破産申立後の住宅(住まい)賃貸契約の仕方を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産申立後の住宅(住まい)賃貸住宅としても差支えありません。
    • 破産申立後の住宅(住まい)賃貸住宅としても破産管財人から問題視されることはありません。
    • ただし月の賃貸料が適切な金額である必要があります。
    • 破産申立後の住宅(住まい)賃貸住宅とする準備は破産申立前から進めても差支えありません。
    • 破産申立後では賃貸住宅の契約が難しくなるからです。
    • 破産申立後の賃貸住宅の契約では個人情報の確認が理由で契約NGとなる可能性が高いからです。
    • 破産申立をすると個人情報=ブラックとなるからです。
    • 破産申立前に賃貸住宅の契約の準備を進める場合、以下の2点に注意する必要があります。
    1. 賃貸契約に必要となる資金の出所を明らかである。
    2. 月の賃貸料が適切である。
    • この2点を破産申立時に破産管財人に報告すれば問題ありません。
    • 破産申立前に賃貸住宅の契約の準備を進める場合、賃貸住宅の契約契約名義が破産申立人本人であっても差支えありません。

     

    *YTOは破産申立後の住宅(住まい)の準備を支援します。

    *YTOは破産申立後の住宅(住まい)の契約を支援します。

  • 破産申立後に車を使う方法についての相談

    相談内容

    • 破産申立をすると車を使うことができなくなりますか?
    • 破産申立をすると車はリース会社に引き取られてしまいますか?
    • 破産申立をすると車はクレジット会社に引き取られてしまいますか?
    • 破産申立をすると車は破産管財人に没収されてしまいますか?
    • 破産申立をした後に車を使うことができるでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 破産申立をした後に車がなくなると生活ができません。
    • 破産申立をした後に車がなくなると生活が成り立ちません。
    • 破産申立をした後に車を使うことができるようにする方法はありますか?
    • 破産管財人にお願いをしたら車を使うことができるでしょうか?
    • 破産管財人に許可を得たら車を使うことができるでしょうか?
    • 破産申立をした後に車を使う方法があれば教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産申立をすると残債務のある車は債権者に引き取られてしまいます。
    • 破産申立をすると残債務のある車は使用することはできません。
    • 破産申立をすると残債務のない車は破産管財人に没収されてしまいます。
    • 破産申立をすると残債務のない車も使用することはできません。
    • しかし破産申立後に車を使う方法が全くない訳ではありません。
    • 残債務のない車の場合、破産申立前に親族等に車を売却して親族名義に名義変更をすればこの車は没収されることはありません。
    • ただし車の売却状況を破産管財人に報告をする必要があります。
    • ただし車の売却費を破産申立費用に充当したことを破産管財人に報告する必要があります。
    • また残債務のない車でかなり古い車売却ができない車の場合、破産管財人は車の使用を許可してくれる場合があります。
    • 上記の2つが破産申立後に車を使う方法になります。
    • 上記の2つは違法行為には当たりません。
    • ただし上記の方法で破産申立後に車を使う場合、注意をしなければならない点があります。
    • 破産申立中は自分の名義での自動車保険の加入は認められません。
    • 自動車保険に加入できないため注意が必要です。
    • 破産申立をした後に車を使用する場合、自動車保険への対処も必要になります。

     

    *YTOは破産申立後の車の使用準備を支援します。

    *YTOは破産管財人への車の使用報告を支援します。

  • 破産申立時における個人所有の動産資産の報告の仕方についての相談

    相談内容

    • 「過去5年間に購入した個人所有の動産資産の報告が必要になる」と聞きました
    • 「過去5年間に購入した20万円以上の動産資産の報告が必要になる」と聞きました
    • 破産申立時に個人所有の動産資産を報告しなければならないのでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 破産申立時に個人所有の動産資産はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒過去5年間に購入した個人所有の動産資産はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒過去5年間に購入した20万円以上の動産資産はどのように報告するのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 破産申立では個人所有の動産資産の報告が必要になります。
    • 個人所有の動産資産は過去5年間に購入した動産資産(物品)等を個人資産の資産目録により報告することになります。
    • 個人所有の動産資産は過去5年間に購入した20万円以上の動産資産(物品)等を個人資産の資産目録により報告することになります。
    • 破産管財人は個人所有の動産資産を必ず確認します。
    • 破産管財人は個人所有の動産資産不適切な購入の仕方の有無を確認します。
    • 破産管財人は不適切な資金で購入した個人所有の動産資産を必ず確認します。
    • 過去5年間に不適切な資金で購入した個人所有の動産資産がある場合には注意が必要です。
    • 過去5年間に不適切な資金で購入した20万円以上の動産資産(物品)がある場合には注意が必要です。
    • 破産管財人は過去5年間に不適切な資金で購入した個人所有の動産資産20万円以上の動産資産(物品)等の報告を必ず求めてきます。
    • 事前に報告の準備をしておく必要があります。

     

    *YTOは不適切な動産資産の購入に当たるか否かの確認を支援します。

    *YTOは不適切な資金による購入に当たるか否かの確認を支援します。

  • 破産申立時の「資産売却状況」の報告の仕方についての相談

    相談内容

    • 「破産申立では2年前までの資産売却の報告が必要になる」と聞きました。
    • 「破産申立では2年前までの法人資産資産売却の報告が必要になる」と聞きました。
    • 「破産申立では2年前までの個人資産資産売却の報告が必要になる」と聞きました。
    • やはり破産申立で資産売却状況を報告しなければならないのでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 破産申立において資産売却状況はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの資産売却はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの法人資産資産売却はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの個人資産資産売却はどのように報告するのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 破産申立では資産売却状況の報告が必要になります。
    • ⇒法人の資産売却は2年前までの資産売却状況を、法人資産の資産目により報告することになります。
    • ⇒個人の資産売却は2年前までの資産売却状況を、個人資産の資産目により報告することになります。
    • 破産管財人は資産売却状況を必ず確認します。
    • 破産管財人は不適切な資産売却の有無も必ず確認します。
    • 破産管財人は資産売却で得た資金の使途を必ず確認します。
    • 破産管財人は資産売却で得た資金の不適切な使途の有無も必ず確認します。
    • 資産売却不適切な資産売却を疑われる事案がある場合には注意が必要です。
    • 資産売却不適切な資産売却資金の使途を疑われる事案がある場合には注意が必要です。
    • 破産管財人は不適切な資産売却不適切な資産売却資金の使途の疑いがある場合、必ずその報告を求めてきますので事前に準備をしておく必要があります。

     

    *YTOは不適切な資産売却に当たるか否かの確認を支援します。

    *YTOは不適切な売却資金の使途の報告準備を支援します。

  • 破産申立時における現金・預金の使途の報告の仕方についての相談

    相談内容

    • 「2年前までの現金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 「3か月前までの直近の現金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 破産申立において現金の使途を報告しなければならないでしょうか。
    • 「2年前までの預金の使途の報告が必要になる」と聞きました。
    • 破産申立において預金の使途を報告しなければならないでしょうか。

     

    相談の経緯

    • 破産申立において現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒3か月前までの直近の現金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • 破産申立において預金の使途はどのように報告するのでしょうか。
    • ⇒2年前までの預金の使途はどのように報告するのでしょうか。

     

    相談の要点

    • 破産申立では現金の使途の報告が必要になります。
    • ⇒法人の現金の使途は2年前までの現金元帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒個人の現金の使途は直近3か月前までの現金出納帳を提出することにより報告することになります。
    • 破産申立では預金の使途の報告が必要になります。
    • ⇒法人の預金の使途は2年前までの預金通帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒個人の預金の使途は2年前までの預金通帳を提出することにより報告することになります。
    • ⇒ネットバンク等で預金通帳がない場合は、2年前までの入出金データにより報告することになります。
    • 破産管財人は現金の使途預金の使途不適切な使途がないかを必ず確認します。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載があるか否かを事前に確認しておく必要があります。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載がある場合、注意が必要です。
    • 現金の使途預金の使途不適切な使途を疑われる記載がある場合、事前にその対策を講じておく必要があります。
    • 不適切な使途の疑いがある場合、破産管財人は必ずその報告を求めてきますので事前に準備をしておく必要があります。

     

    *YTOは不適切な使途に当たるか否かの確認を支援します。

    *YTOは不適切な使途を疑われる記載の対策準備を支援します。

  • 1 2 3 4 5 6 13
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話