ご相談の実例

freedial0120-393-391

お電話・メールでのご相談は無料です

受付時間:平日9:00 - 21:00

phone080-8813-1766

倒産の不安、ご相談ください

アドバイザー直通電話

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 倒産直前の資産売却についての相談

    相談内容

    • 破産管財人から「倒産直前の資産売却状況を調査する」と言われました。
    • 破産管財人から「倒産直前の資産売却資産隠しに当たるのではないか?」と言われました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の資産売却状況の調査が必要ではないか?」と求められました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の資産売却資産隠しに当たるのではないか?」と言われました。
    • 倒産直前の資産売却の調査では何を調査されるのでしょうか?
    • 倒産直前の資産売却の調査にはどう対処したらいいのでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の資産売却資産隠しに当たるのではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の資産売却資産隠しに当たり、免責不許可事由に該当するのではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の資産売却資産隠しに当たり、破産法違反に該当するのではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から倒産直前の資産売却状況等の調査を求められました。

     

    相談の要点

    • 倒産直前の資産売却では以下を調査されることになります。
    1. 倒産直前の資産売却資産隠しに当たるか否か。
    2. 倒産直前の資産売却資産売却資金の入金状況
    3. 倒産直前の資産売却資金使途状況
    • この調査により倒産直前の資産売却資産隠しと判断された場合、免責不許可となる可能性があります。
    • この調査により倒産直前の資産売却資産隠しと判断された場合、破産法違反となる可能性があります。
    • 上記を回避するには「倒産直前の資産売却資産隠しに当たらない」と証明する必要があります。
    • 上記を回避するには「倒産直前の資産売却免責不許可事由に当たらない」と証明する必要があります。
    • 上記を回避するには「倒産直前の資産売却破産法違反に当たらない」と証明する必要があります。
    • これらの証明の準備が、倒産直前の資産売却状況の調査を求められた時の対処方法です。

     

    *YTOは倒産直前の資産売却資料の準備を支援します。

    *YTOは倒産直前の資金使途資料の準備を支援します。

  • 倒産直前の借入についての相談

    相談内容

    • 破産管財人から「倒産直前の借入状況を調査する」と言われました。
    • 破産管財人から「倒産直前の借入不適切な借入の可能性がある」と言われました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の借入状況の調査が必要なのではないか?」と言われました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の借入不適切な借入に当たるのではないか?」と言われました。
    • 倒産直前の借入状況の調査では何を調査されるのでしょうか?
    • 倒産直前の借入状況の調査にはどう対処したらいいでしょうか?

     

    相談の経緯

    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の借入不適切な借入に当たるのではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の借入返済意志のない借入に当たるのでははないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の借入詐欺に当たるのではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から倒産直前の借入状況等の調査を求められました。

     

    相談の要点

    • 倒産直前の借入に関する調査の内容は以下のとおりです。
    1. 倒産直前に借入をし、1回も返済をせずに倒産に至った状況調査。
    2. 倒産直前の借入資金の使途における状況調査。
    3. 倒産直前の借入詐欺に当たるか否かの状況調査。
    • 上記の3点の状況調査により、倒産直前の借入不適切な借入に当たるか否かを調査されます。
    • 上記の3点の状況調査により、倒産直前の借入詐欺に当たるか否かを調査されます。
    • この調査により倒産直前の借入不適切な借入と判断されると、免責不許可となる可能性があります。
    • この調査により倒産直前の借入詐欺と判断されると、刑事事件に波及する可能性があります。
    • 上記を回避するため、倒産直前の借入不適切な借入には当たらないと証明するための準備をしておく必要があります。
    • 上記を回避するため、倒産直前の借入詐欺に当たらないと証明するための準備をしておく必要があります。
    • この証明の準備が、倒産直前の借入状況の調査を求められた時の対処方法です。

     

    *YTOは倒産直前の借入資料の準備を支援します。

    *YTOは倒産直前の借入金の使途資料の準備を支援します。

  • 倒産直前の支払についての相談

    相談内容

    • 破産管財人から「倒産直前の支払状況を調査する」と言われました。
    • 破産管財人から「倒産直前の支払不適切な支払いの可能性がある」と言われました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の支払状況の調査が必要なのではないか?」と言われました。
    • 債権者集会で債権者から「倒産直前の支払不適切な支払に当たるのではないか?」と言われました。
    • 倒産直前の支払状況の調査では何を調査されるのでしょうか?
    • 倒産直前の支払状況の調査にはどう対処したらいいでしょうか?

     

    相談内容の経緯

    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の特定の債権者への多額の支払不適切な支払ではないか?」と言われました。
    • 破産管財人と債権者から「倒産直前の特定の借入先への借入返済不適切な返済ではないか?」と言われました。
    • 破産管財人から「不適切な支払が意図的な偏頗弁済に当たるのではないか?」と言われました。
    • 債権者から「意図的な偏頗弁済支払で、偏頗弁済を受けた債権者から支払を回収するべきだ」と言われました。

     

    相談内容への回答

    • 倒産直前の以下のような支払偏頗弁済を疑われます。
    1. 特定の取立をする債権者への優先的な支払。
    2. 親しい債権者への優先的な支払。
    3. 親族や友人からの借入に対しての優先的な借入返済。
    • 倒産直前の上記の支払不適切な支払として偏頗弁済に当たるか否かの調査対象になることがよくあります。
    • 破産管財人に口頭で「不適切な支払ではない」「偏頗弁済ではない」と言っても信じてもらえません。
    • 破産管財人の調査に対して証拠により「不適切な支払ではない」「偏頗弁済ではない」を証明しなければいけません。
    • 現金元帳銀行元帳預金通帳等にもとづいた入出金履歴等の証拠資料により証明する必要があります。
    • 証拠資料にもとづいて「不適切な支払ではない」「偏頗弁済ではない」が証明できない限り、破産管財人に納得してもらうことはできません。
    • この証拠資料にもとづいた証明が、偏頗弁済を疑われた時の対処方法です。
    • この証拠資料にもとづいた証明が、倒産直前の支払に疑いを持たれた時の対処方法です。

     

    *YTOは偏頗弁済の疑いを払拭する証拠準備を支援します。

    *YTOは偏頗弁済の疑いを払拭する書類作成を支援します。

  • 計画倒産を疑われた時の対処方法についての相談

    相談内容

    • 破産管財人から「計画倒産ではないか?」と疑われました。
    • 債権者集会で債権者から「計画倒産ではないか?」と疑われました。
    • 破産管財人に「計画倒産ではない」と言っても信じてもらえず困っています。
    • 債権者集会で債権者に「計画倒産ではない」と言っても信じてもらえず困っています。
    • 破産管財人に「計画倒産ではない」と信じてもらうためにはどう対処したらいいでしょうか?
    • 債権者に「計画倒産ではない」と信じてもらうためにはどう対処したらいいでしょうか?

     

    相談内容の経緯

    • 破産管財人から「不適切な資金使途不適切な資産売却があり、これは計画倒産に当たるのではないか?」と疑われました。
    • 債権者集会で債権者から「不適切な資金使途不適切な資産売却があり、これは計画倒産に当たるのではないか?」と疑われました。
    • 意図的に不適切な資金使途をしたわけではありません。
    • 意図的に不適切な資産売却をしたわけではありません。
    • 破産管財人と債権者から「計画倒産ではないか?」と疑われてしまった時はどうしたらいいでしょうか?

     

    相談内容への回答

    • 計画倒産を疑われる行為は以下の通りです。
    1. 意図的で不適切な資金使途。
    2. 意図的で不適切な資産売却。
    • 意図的で不適切な資金使途意図的で不適切な資産売却による特定の人物への資金流出が疑われると、計画倒産を疑われます。
    • 計画倒産ではない」と証明するためには以下が必要です。
    • ①「不適切な資金使途ではない」とを証明するためには…
    • 現金元帳銀行元帳を証拠として入出金履歴から「意図的で不適切な資金使途ではなく、画倒産ではない」と明らかにする必要があります。
    • ②「不適切な資産売却ではない」と証明するためには…
    • 資産売却時の入金履歴資産売却資金の振替履歴を証拠として「意図的で不適切な資産売却ではなく、計画倒産ではない」と明らかにする必要があります。
    • 意図的で不適切な資金使途意図的で不適切な資産売却ではない」と証拠により立証できれば計画倒産の疑いを晴らせます。
    • 証拠による立証が計画倒産を疑われた時の対処方法です。

     

    *YTOは計画倒産ではない旨を立証する証拠資料の準備を支援します。

    *YTOは計画倒産ではない旨を立証する書類作成の準備を支援します。

  • 計画倒産を疑われないようにするための注意点についての相談

    相談内容

    • 計画倒産とはどのような倒産を指しますか?
    • 計画倒産の具体例を教えて下さい。
    • もし計画倒産をしてしまったら、どうしたらいいですか?
    • もし計画倒産をしてしまったら、後々で大きな問題になりますか?
    • もし計画倒産をしてしまったら、後々でどのような結果になりますか?
    • もし計画倒産をしてしまったら、後々で誰かから指摘されますか?
    • もし計画倒産をしてしまったら、後々で誰かからとがめられますか?

     

    相談内容の経緯

    • どのような行為が計画倒産に当たるのかがよくわかりません。
    • 知らずに計画倒産になってしまいそうで心配です。
    • もし知らずに計画倒産に当たる行為をしてしまった時はどうしたらいいですか?

     

    相談内容への回答

    • 計画倒産に当たる主な行為は以下の通りです。
    1. 意図的に資金隠しをおこなっての倒産。
    2. 意図的に資産隠しをおこなっての倒産。
    • 意図的な資金隠しと意図的な資産隠しをした上で倒産をすると、計画倒産と認定されます。
    • 計画倒産は違法行為に当たるため、認定された場合には免責が認められなくなります。
    • 計画倒産は場合によっては刑事事件になるため、後々でかなり大問題に発展する可能性があります。
    • 計画倒産は破産管財人による入出金の調査等で発覚します。
    • 計画倒産現金元帳銀行元帳等に記載された不適切な入出金の履歴から容易に発覚します。
    • 計画倒産は意図的な資金隠し資産隠しに起因するため、「計画倒産とは知らなかった」という抗弁は通用しません。
    • 計画倒産が発覚した場合、一般的に破産管財人による調査が長期間化します。
    • 計画倒産が発覚した場合、一般的に破産管財人から免責不許可の判定を下されます。
    • 計画倒産免責不許可になると、破産後も負債の弁済で苦しみます。
    • 破産申立免責申立の意味がなくなってしまうため注意する必要があります。

     

    *YTOは意図的な資金隠しではない」という旨を報告する準備を支援します。

    *YTOは「意図的な資産隠しではない」という旨を報告する準備を支援します。

  • 倒産前にはやってはいけないことについての相談

    相談内容

    • 倒産前にやってはいけないことは何ですか?
    • 倒産前にやってはいけないことがわからない時はどうしたらいいですか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった時はどうしたらいいですか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった場合は後々大きな問題になりますか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった場合は後々どのような結果になりますか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった場合は後々誰からとがめられることになりますか?
    • 倒産前にやってはいけないことを知らずにやってしまった時はどうしたらいいですか?

     

    相談内容の経緯

    • 倒産前にやってはいけないことがわかりません。
    • 倒産前にやってはいけないことは何ですか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやっていそうです。
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった時はどうしたらいいですか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった時はどうなりますか?
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった時の対処はありますか?

     

    相談内容への回答

    • 倒産前にやってはいけないことは主に以下の2つです。
    1. 不適切な資産売却
    2. 不適切な偏頗弁済
    • 倒産前にこの2つは絶対にやってはいけません。
    • 倒産前にこの2つをやってしまうと、破産管財人の厳しい調査で苦労することになります。
    • 倒産前にこの2つをやってしまうと、破産手続きが長期間化して苦労することになります。
    • 倒産前にこの2つをやってしまうと、免責不許可になることがあります。
    • 倒産前にこの2つをやってしまった場合、破産管財人に証拠資料にもとづいて正直に報告することが必要です。
    • 倒産前にこの2つをやってしまった場合、破産管財人にやってはいけないことと知らずにやってしまった旨を報告することが必要です。
    • 倒産前にこの2つをやってしまった場合、破産管財人に免責不許可と認定されないように誠実な対処をすることが必要です。
    • 倒産前にやってはいけないことをやってしまった場合の対処方法は破産管財人に正直に報告することです

     

    *YTOは不適切な資産売却の報告準備を支援します。

    *YTOは不適切な偏頗弁済の報告準備を支援します。

  • 破産管財人と敵対する関係になってしまった時の対処についての相談

    相談内容

    • 破産管財人の指示が曖昧な時はどうしたいいですか?
    • 破産管財人の指示が二転三転する時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人の指示が債権者集会ごとに変わってしまう時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人の指示に一貫性がない時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人の考えがよくわからない時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人の人柄が信じられない時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人との人間関係が維持できない時はどうしたらいいですか?
    • 破産管財人と敵対する関係になってしまった時はどうしたらいいですか?

     

    相談内容の経緯

    • 破産管財人は債権者集会における債権者の発言を鵜呑みにしています。
    • 破産管財人は債権者の不適切な調査要求を鵜呑みにしています。
    • 破産管財人は債権者の事実にもとづかない調査要求を鵜呑みにしています。
    • 破産管財人から「債権者の要求に応えるように」といつも指示をされます。
    • 破産管財人に「不適切な調査要求事実にもとづかない調査要求には対応ができない」と伝えると、いつもお叱りを受けます。
    • 破産管財人の指示に応えられない状況で困っています。
    • 破産管財人の人柄が信じられない状況になっています。
    • 破産管財人に意見したところ、良好な人間関係が維持できなくなり破産管財人と敵対関係になってしまいました。
    • 破産管財人と敵対する関係になってしまい困っています。

     

    相談内容への回答

    • 破産管財人にはさまざまな人柄の方がいます。
    • 選任された破産管財人によっては、時として良好な人間関係が維持できなくなることもあります。
    • 選任された破産管財人によっては、時として人間関係が破綻して敵対関係になってしまうこともあります。
    • 一般的な破産管財人の場合、指示が分からない時指示が不適切な時には事実にもとづいた意見をして差し支えありません。
    • しかし選任された破産管財人によっては、この事実にもとづいた意見に耳を貸してくれない場合があります。
    • さらにこの出来事をきっかけに破産管財人と敵対関係になってしまうことがあります。
    • 残念ですが破産管財人と敵対関係になってしまうと、破産手続きの終結が見通せなくなります。
    • 残念ですが破産管財人と敵対関係になってしまうと、破産手続きは長期間に及びます。
    • 残念ですが破産手続きは破産管財人の裁量によって決まってしまいます。
    • 選任された破産管財人によっては、破産手続きが思わぬ方向や思わぬ結果になってしまうことがあります。
    • 残念ですが破産管財人と敵対関係になってしまった場合、破産管財人と直接連絡等を取らずに弁護人に連絡を取ってもらうことが適当です。
    • 残念ですが破産管財人と敵対関係になってしまった場合、破産手続きが終結するまで我慢をすることも必要となります。

     

    *YTOは破産管財人の対策を支援します。

    *YTOは破産管財人に左右されない破産手続きの準備を支援します。

  • 破産管財人の指示が不適切な時の対処についての相談

    相談内容

    • 破産管財人の指示が不適切な時はどうしたらいいですか?
    • 破産手続きにおいて、破産管財人からの指示が一方的で不適切な場合にはどうしたらいいですか?
    • 破産管財人が債権者集会での債権者の不適切な発言に左右された結果、不適切な指示を求められて困っています。
    • 破産管財人に「債権者集会での債権者の発言は事実ではない」と言っても信じてもらえません。
    • 破産管財人から「事実ではないことを立証するように」と求められて困っています。
    • しかし債権者の不適切な発言は事実ではないため立証のしようがありません。
    • 破産管財人の指示が不適切な時はどうしたらいいですか?

     

    相談内容におけるYTO主任の体験談

    • 破産管財人から、債権者集会での事実にもとづかない債権者の発言にもとづいて調査を求められました。
    • 破産管財人から、債権者集会での事実にもとづかない債権者の要求にもとづいて報告を求められました。
    • 破産管財人に「事実にもとづかない債権者の発言・要求であるため対応ができない」と申し出ても信じてもらえませんでした。
    • 破産管財人から理不尽かつ不適切な指示を求められて困りました。

     

    相談内容への回答

    • 破産管財人が債権者集会での債権者の不適切な発言に左右された結果、破産管財人から不適切な指示を求められることがあります。
    • この場合は破産管財人に「債権者集会での債権者の不適切な発言事実にもとづかない発言である」と強く主張しなければいけません。
    • 強く主張をしないと、破産管財人が債権者集会での債権者の不適切な発言を「適切」と判断してしまう可能性があります。
    • 強く主張をしないと、破産管財人が債権者集会での債権者の事実にもとづかない発言を「事実」と認識してしまう可能性があります。
    • 破産管財人に債権者の不適切な発言であること事実にもとづかない発言であることを強く主張しても差し支えありません。
    • 強く主張をしなければ破産管財人が事実誤認をしてしまう可能性があるため、弁護士からもこの点を強く主張してもらう必要があります。
    • 破産管財人は時として債権者の発言に左右されて不適切な指示をすることがあるため、破産管財人の指示が不適切な場合には事実を主張することをためらわない必要があります。
    • 破産管財人に事実を主張することが破産手続きで問題になることはありません。

     

    *YTOは債権者集会の対策・準備を支援します。

    *YTOは破産管財人の対策・準備を支援します。

  • 破産管財人とのコミュニケーションの仕方についての相談

    相談内容

    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないとどうなりますか?
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないと、困ったことになりますか?
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないと、債権者集会で困ったことになりますか?
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないと、債権者集会の回数を重ねることになりますか?
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないと、破産手続きに時間がかかることになりますか?
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションができないと、破産手続きが1年以上になったりしますか?
    • もし破産管財人とうまくコミュニケーションができない時はどうしたらいいですか?

     

    相談内容におけるYTO主任の体験談

    • 破産管財人からの指示が余りにも多岐に渡ったため、破産管財人とうまくコミュニケーションが取れなくなりました。
    • 破産管財人からの指示が余りにも細かかったため、破産管財人とうまくコミュニケーションが取れなくなりました。
    • 破産管財人からの指示が突然変わったため、破産管財人とうまくコミュニケーションが取れなくなりました。
    • その結果、破産管財人からの指示に不信感を持つようになりました。

     

    相談内容への回答

    • 破産管財人は裁判所が選任するため、破産申立人は破産管財人を選ぶことはできません。
    • 破産管財人は裁判所が選任するため、破産申立人は破産管財人の指示に従わざるを得ない状況になります。
    • 破産管財人の弁護士の性格人柄等によりその任の進め方に違いが生じることが多々あります。
    • 破産管財人によっては破産手続きで非常に苦労します。
    • 破産管財人によっては破産手続きが長期間化します。
    • 破産管財人によってはうまくコミュニケーションが取れずに苦労します。
    • 破産管財人とうまくコミュニケーションが取れない場合は、弁護人である弁護士に事前に指示内容指示詳細を確認してもらう必要があります。
    • 破産管財人の指示が突然変わって困った場合は、弁護人である弁護士に事前に文書による指示要請を求めてもらう必要があります。
    • 破産管財人の指示に不信感を持つようになってしまった場合は、弁護人である弁護士に事前に破産管財人との確認連絡を密にとってもらうことが必要です。
    • 破産管財人とのコミュニケーションがうまく取れない場合は、弁護人である弁護士に破産管財人とのコミュニケーションを密に取ってもらうしか対処方法はありません。
    • これがコミュニケーションを取れない破産管財人に対する一般的な対処方法です。

     

    *YTOは破産管財人の指示対策の書類準備を支援します。

    *YTOは破産管財人の指示対策の資料準備を支援します。

  • 倒産の決断ができない時の対処の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産の決断ができない時はどうしたらいいですか?
    • 倒産の決断ができないと、倒産をする時に苦労しますか?
    • 倒産の決断ができないと、お金のトラブルで苦労しますか?
    • 倒産の決断ができないと、債権者とのトラブルで苦労しますか?
    • 倒産の決断ができないと、倒産準備で苦労しますか?
    • 倒産の決断ができないと、どのような事柄で苦労しますか?

     

    相談内容におけるYTO主任の体験談

    • 倒産の決断ができなかった結果、倒産前に必要以上に苦労しました。
    • 倒産の決断ができなかった結果、精神的に追い込まれました。
    • 倒産の決断ができなかった結果、お金のトラブル支払督促取立)で必要以上に苦労しました。
    • 倒産の決断ができなかった結果、債権者とのトラブル差押未払金請求訴訟)で必要以上に苦労しました。
    • 倒産の決断ができなかった結果、倒産準備をスムーズに進められずに必要以上に苦労しました。

     

    相談内容への回答

    • 倒産の決断ができない時は3か月~6か月先までの経営展望を客観的に見つめましょう。
    1. 3か月以内に売り上げが回復する見込みがあるか否か?
    2. 3か月以内に追加の借入で運転資金の確保ができるか否か?
    3. 6か月以内に債務を縮小する見込みがあるか否か?
    • これらの展望が持てない場合、その瞬間が倒産を考え始めるタイミングかもしれません。
    • これらの展望が持てない場合、その瞬間が倒産を判断するタイミングかもしれません。
    • 倒産の決断をするか否かは客観的に判断をしましょう。
    • これらの展望を根拠に倒産の決断をすれば、客観的な基準で判断できます。
    • これらの展望を根拠に倒産の決断をすれば、適切なタイミングで倒産できます
    • これらの展望を根拠に倒産の決断をすれば、倒産の苦労が軽減できます。
    • 倒産の決断ができない時は客観的な基準によって状況を分析し、倒産のタイミングを逸しないように注意する必要があります。

     

    *YTOは早い時期の倒産の決断を支援します。

    *YTOは適切なタイミングでの倒産の決断を支援します。

  • 1 2 3 4 5 6 15
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話