ご相談の実例

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 倒産前の【什器備品】の整理の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前に什器備品のことはあまり考えていませんでした。
    • 倒産前に什器備品をどのように整理したらよいかも考えていませんでした。
    • 倒産前に整理をする什器備品の内容(什器備品の種類)についてもあまり気にしていませんでした。
    • 倒産前に「どのくらい前から什器備品の整理をしておくべきか?」もほとんど考えていませんでした。
    • 結局、事業停止後に什器備品の整理で苦労することになりました。
    • 倒産前の什器備品の整理の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前の什器備品の整理の仕方を教えて下さい。
    • 什器備品を整理しておくべきかを教えて下さい。
    • 什器備品をどのように整理したらいいかを教えて下さい。
    • 整理をする什器備品の内容(什器備品の種類)を教えて下さい。
    • 什器備品の整理は倒産前のどのくらいの時期から始めればいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に什器備品の整理をしておくことが必要です。
    • 法人資産の統括表一覧として整理をしておくことが必要です。
    • 整理をする什器備品は以下となります。
    1. 事業所内の椅子の数量と評価額
    2. 事業所内の書棚ロッカーの数量と評価額
    3. 事業所内のPC等の事務機器の数量と評価額
    4. 事業所内のPCソフトの数量と評価額
    5. 事業所内の事務用品(文房具等)の数量と評価額
    6. 事業所内の備品(TV・カメラ等)の数量と評価額
    • 等々です。
    • 倒産前の出来るだけ早い時期から什器備品の整理を始めておくべきです。
    • 必ず什器備品の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきです。
    • ⇒弁護士は什器備品の整理を手伝ってくれないからです。
    • ⇒弁護士に破産申立の相談をすると事業停止後に什器備品の整理をするよう指示をされるからです。
    • ⇒事業停止後の什器備品の整理は辛いことになります。
    • ⇒事業停止をした事業所で債権者と顔を合わせることになるからです。
    • ⇒事業停止後の精神状態のもとで什器備品の整理を手早くするのは難しいからです。
    • 弁護士は什器備品の整理ができなければ破産申立はしてくれません。
    • 什器備品の整理が手早く出来ないと破産申立はかなり遅くなってしまいます。
    • 事業停止前の早い時期であれば、比較的落ち着いて什器備品の整理ができるはずです。
    • ですから出来るだけ早い時期から什器備品の整理を始めておくべきです。

     

    *YTOは什器備品の書類作成を支援します。

    *YTOは什器備品の数量と評価額の資料作成を支援します。

  • 倒産前の【資産】の整理の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前に資産の整理をしておくべきかが分かりませんでした。
    • 倒産前に資産をどのように整理したらよいかが分かりませんでした。
    • 倒産前に整理をする資産の内容(資産の種類)が分かりませんでした。
    • 倒産前、どのくらい前から資産の整理をすればよいかが分かりませんでした。
    • 倒産前の資産の整理の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前の資産の整理の仕方を教えて下さい。
    • 資産を整理しておくべきかを教えて下さい。
    • 資産をどのように整理したらいいかを教えて下さい。
    • 整理をする資産の内容(資産の種類)を教えて下さい。
    • 資産の整理は倒産前のどのくらいの時期から始めればいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に資産の整理をしておくべきです。
    • 法人資産と個人資産に分けて資産目録として整理をしておくことが必要です。
    • 整理をする資産は以下となります。
    1. 現金
    2. 普通預金定期預金積立預金
    3. 不動産(土地・建物)
    4. 動産(自動車等の車両・時価20万円以上の動産(家電etc)
    5. 有価証券(株券・ゴルフ会員権・出資証券etc)
    6. 保険(生命保険・一時払い保険・学資保険etc)
    7. 敷金保証金  
    • 等々です。
    • 倒産前の出来るだけ早い時期から資産の整理を始めておくべきです。
    • 必ず資産の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきです。
    • 弁護士は資産の整理ができなければ破産申立をしてくれません。
    • 弁護士は資産の整理を手伝ってくれません。
    • 弁護士に破産申立の相談をしても「事業停止後に資産の整理をするように」と指示をされるだけです。
    • しかし事業停止後の資産の整理はとても辛いです。
    • 事業停止をした事業所で債権者と顔を合わせることになるからです。
    • 事業停止後の精神状態のもとでは資産の整理はとても手早くできません。
    • 資産の整理が手早くできないと破産申立はかなり遅くなってしまいます。
    • これに対して事業停止前の早い時期であれば、比較的落ち着いて資産の整理ができるはずです。
    • ですからできるだけ早い時期から資産の整理を始めておくべきです。

     

    *YTOは資産の書類作成を支援します。

    *YTOは資産の証明資料の整理を支援します。

  • 倒産前の【資産売却の報告の仕方】についての相談

    相談内容

    • 「資産売却をどのように報告すればいいか?」が分かりませんでした。
    • 「資産売却はどのくらい前の分までを報告しなければならないか?」が分かりませんでした。
    • 「資産売却は何の売却を報告しなければならないか?」が分かりませんでした。
    • 「倒産前の資産売却が問題になるのではないか?」と心配でした。
    • 「倒産前の資産売却資金の使途が問題になるのではないか_」と心配でした。
    • 破産申立をする時の資産売却の報告の仕方について教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産申立をする時の資産売却の報告の仕方を教えて下さい。
    • どのくらい前までの資産売却を報告しなければならないかを教えて下さい。
    • 何の売却が資産売却に当たるかを教えて下さい。
    • 資産売却の報告では何を報告するのかを教えて下さい。
    • 資産売却の報告の仕方を教えて下さい。
    • 資産売却の報告が問題にならないかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 以下の資産売却状況を資産目録(法人・個人)により証拠資料を添付して報告することになります。
    1. 2年前までの資産売却を報告しなければなりません。
    2. 不動産動産の売却状況を報告しなければなりません。
    3. 有価証券の売却状況を報告しなければなりません。
    4. 保険の解約状況を報告しなければなりません。
    5. 普通預金定期預金積立預金の解約状況を報告しなければなりません。
    6. 保証金敷金の解約状況を報告しなければなりません。
    • 破産管財人は上記による資産売却資金の使途も確認しますので、資産売却資金の使途の証拠資料も準備しておく必要があります。
    • 倒産前に2年前までの資産売却状況証拠資料とともに準備しておく必要があります。
    • 倒産前に2年前までの資産売却資金の使途証拠資料とともに準備をしておく必要があります。
    • 破産管財人は資産売却状況資産売却資金の使途を必ず調査しますので準備が必要です。
    • この準備が不十分な場合、破産管財人の調査期間が長期間に及ぶことがあります。
    • 破産管財人の調査により資産売却状況資産売却資金の使途が問題になることもありますので注意が必要です。

     

    *YTOは資産売却状況の報告の準備を支援します。

    *YTOは資産売却資金の使途報告の準備を支援します。

  • 家族の人生に影響を生じさせない破産準備についての相談

    相談内容

    • 「破産申立をすると家族の人生に影響が生じてしまうのではないか?」と心配をしていました。
    • しかし心配する一方でどうしたらいいかが分りませんでした。
    • 心配が日に日に大きな不安になりました。
    • 家族の人生に影響を生じさせない破産準備の仕方があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 家族の人生に影響が生じないような破産申立の準備の仕方を教えて下さい。
    • ⇒「何を準備すれば良いか?」を教えて下さい。
    • ⇒「いつから準備を始めれば良いか?」を教えて下さい。
    • ⇒「後から問題にならないか?」を教えて下さい。
    • ⇒「どこに相談すればいいか?」を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産申立をしても家族の人生に影響が生じないようにすることは可能です。
    • 家族の人生に影響が生じないようにするためには事前にきちんと準備をすることが重要です。
    • 破産申立前に以下のような生きて行く為に必要となる準備をしておくことです。
    1. ・破産申立後の家族の住環境の準備
    2. ・破産申立後の家族の教育環境の準備
    3. ・破産申立後の家族の生活費の準備
    • これらの準備をできるだけ早く始めることも重要です。
    • 多少なりとも気持ちに余裕がある時に準備を始めるべきです。
    • 多少なりともお金が自由に使えるうちに準備を始めるべきです。
    • 破産申立前に生きて行く為に必要となる準備をしても差支えありません。
    • これらの準備が出来ていれば家族の人生への影響は軽減できます。
    • これらの準備をしておけば家族の人生への影響を最小限にすることができます。
    • ちなみに弁護士は個人的な都合に関する相談には応じてくれません。
    • 注意が必要です。

     

    *YTOは家族の人生に影響が生じない準備を支援します。

    *YTOは生きて行く為に必要となる準備を支援します。

    *YTOは人生の再スタートの準備を支援します。

  • 債権者集会の対処についての相談

    相談内容

    • 債権者集会が紛糾しないか心配でした。
    • 債権者集会が紛糾しないように準備する方法はないと思っていました。
    • 債権者集会が紛糾しないように準備することはできないと思っていました。
    • 特に準備をせずに債権者集会に臨んでも大丈夫でしょうか。
    • 債権者集会が紛糾しないように準備ができるでしょうか。
    • 債権者集会が紛糾しないように準備をする方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 債権者集会を紛糾しないように準備する方法を教えて下さい。
    • 紛糾しない事前の対処として何をすればいいかを教えて下さい。
    • 紛糾しない事前の対処として何を準備すればいいかを教えて下さい。
    • 紛糾しない事前の対処として誰と準備を行えばいいかを教えて下さい。
    • 紛糾しない事前の対処として誰に何を働きかければいいかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 債権者集会は破産者(債務者)を糾弾するための集会ではありません。
    • 債権者集会は破産者(債務者)の財産状況を債権者に報告する集会です。
    • 債権者集会は破産管財人の指示にしたがい運営される集会です。
    • 債権者集会は弁護人が債権者からの質問に応える集会です。
    • 債権者集会が必ず紛糾する訳ではありませんので必要以上に心配はいりません。
    • ただし債権者集会が紛糾することありますので注意は必要です。
    • 債権者集会を紛糾させる人はある程度は事前に特定できます。
    • 以下のような人物は債権者集会を紛糾させる可能性が高いです。
    1. 破産の経緯を知る立場にあった従業員
    2. 債権者となってしまった懇意な仲の取引先
    3. 大きな金額の迷惑を長期間掛けてしまった債権者
    • この債権者の情報を破産管財人に報告しておくことが債権者集会の対処になります。
    • 破産管財人へ報告する方法も簡単で、この債権者の情報を弁護人へ伝えるだけです。
    • この債権者が債権者集会を紛糾させる理由を具体的に弁護人に報告しましょう。
    • 弁護人から破産管財人にこの債権者が債権者集会を紛糾させる恐れがあることを事前に報告をしてもらいましょう。
    • 破産管財人は事前に紛糾をさせる債権者の情報があると、事前情報にもとづいて債権者集会の運営を行います。
    • 場合によっては破産管財人の判断にもとづき、債権者集会に警備員を配置することもあります。
    • この対処をすることで債権者集会の紛糾はかなり低減されます。

     

    *YTOは債権者集会の事前準備を支援します。

    *YTOは債権者集会の不安解決を支援します。

  • 破産管財人への対処の仕方についての相談

    相談内容

    • 破産管財人への対処の仕方が分かりませんでした。
    • 破産管財人への対処の仕方が分からないので不安でした。
    • 破産管財人とどのように話をしたら良いかが分かりませんでした。
    • 破産管財人とどのように話をしたら良いかが分からないので不安でした。
    • 破産管財人への対処の仕方で悩んでいました。
    • 破産管財人への対処の仕方を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産管財人から何を聞かれるのかを教えて下さい。
    • 破産管財人から何を求められるのかを教えて下さい。
    • 破産管財人の事情聴取がどのようなものか教えて下さい。
    • 破産管財人の事情聴取がどのくらいの期間になるのか教えて下さい。
    • 破産管財人に話をしたらいけないことがあれば教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産管財人は破産者(債務者)の財産調査を行う人です。
    • 破産管財人は破産者(債務者)の財産状況を債権者に報告する人です。
    • 破産管財人は破産者(債務者)の財産を債権者に配当する人です。
    • 破産管財人は上記の業務を行うに当たり、以下の調査を行ないます。
    1. 現金預金の残高状況、振替状況
    2. 売掛金の未回収状況
    3. 不動産動産の所有状況
    4. 有価証券の所有状況
    5. 保証金敷金の預託状況
    6. 什器備品の保存状況
    7. 棚卸資産の保存状況
    • 破産管財人は管財業務(調査業務)等を行います。
    • 破産管財人は管財業務(調査業務)等において必要となることを聞いてきます。
    • 破産管財人への適切な対処方法はありのまま正直に話をすることとなります。
    • また事前に財産調査に必要となる資料書類の準備をしておくと、破産管財人の管財業務(調査業務)は短時間で完了します。
    • 破産管財人から酷いことを言われる訳ではありません。
    • 破産管財人から酷いことをされる訳でもありません。
    • 破産管財人は敵対する人でもありません。
    • 破産管財人への対処は破産管財人の指示に従うことです。
    • 破産管財人への対処は破産管財人の業務に協力することです。
    • 破産管財人との対処を難しく考える必要はありません。
    • 破産管財人との対処を心配する必要もありません。

     

    *YTOは破産管財人との対処の準備を支援します。

    *YTOは財産調査に必要となる資料と書類の準備を支援します。

  • 事業停止日の従業員の対処についての相談

    相談内容

    • 「事業停止日に従業員とどのように対応したらいいか?」がわかりませんでした。
    • 「事業停止日に従業員とトラブルになるのではないか?」と不安でした。
    • 事業停止日に従業員の解雇の仕方を失敗しそうで不安でした。
    • 事業停止日に事業停止の仕方を失敗しそうで不安でした。
    • 事業停止日に事業停止の手続きを失敗しそうで不安でした。
    • 事業停止日に従業員とトラブルにならない方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 「事業停止日に従業員とどのように対応したらいいか?」を教えて下さい。
    • 事業停止日に従業員とトラブルにならない方法を教えて下さい。
    • 事業停止日の従業員の解雇の仕方を教えて下さい。
    • 事業停止日の事業停止の仕方を教えて下さい。
    • 事業停止日の事業停止の手続きを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 事業停止日における従業員とのトラブルは以下の準備で回避できます。
    1. 解雇通知の準備。(※1か月以上前の解雇予告通知を行わない場合は事業停止日に解雇を通知
    2. 当月給料解雇手当の準備。(※1か月以上前に解雇予告通知を行わない場合は当月給料+1か月給料相当額の解雇手当
    3. 雇用保険被保険者資格喪失届の準備。
    4. 社会保険資格喪失届の準備。
    5. 源泉徴収票の準備。
    6. 健康保険証の返還手続きの準備。
    7. 貸与物(携帯・パソコン・営業車等)の返還手続きの準備。
    8. 私物の撤去告知の準備。(※事業停止日以降は事業所への立ち入りが不可能なため
    • 上記を準備すれば事業停止日における従業員とのトラブルは回避できます。
    • 事業停止日における従業員とのトラブルは解雇通知当月給料解雇手当が主な原因です。
    • これらのトラブルは準備をすることで回避できます。
    • また従業員が再就職する時に必要となる①雇用保険被保険者資格喪失届・②社会保険資格喪失届・③源泉徴収票の準備も必要です。
    • この準備を怠ると事業停止日以降にトラブルが起こり、対応が必要となるため苦労します。

     

    *YTOは事業停止日に必要となる準備を支援します。

    *YTOは事業停止日の従業員とのトラブル回避を支援します。

  • 倒産直前の不安解決についての相談

    相談内容

    • 倒産直前の不安を解決できませんでした。
    • 倒産直前の不安とは主に以下の2つです。
    1. 倒産手続き等に関する不安
    2. 倒産後の生活に関する不安
    • 解決ができないままに倒産直前になってしまいました。
    • 解決ができないままに倒産直前になってしまい、2つの不安が深刻な問題になってしまいました。
    • 倒産直前の2つの不安を解決する方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産手続き等に関する不安を解決する方法を教えて下さい。
    • 倒産後の生活に関する不安を解決する方法を教えて下さい。
    • 倒産直前の2つの不安を解決することは出来るでしょうか。
    • 倒産直前の2つの不安の解決の方法を具体的に教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産直前の倒産手続き等に関する不安は主に以下の通りです。
    1. 倒産準備(必要となる書類と資料)の不安
    2. 倒産手続き費用の不安
    3. 倒産までの債権者対応の不安
    4. 倒産に際して従業員を解雇することの不安
    5. 倒産手続きを依頼する弁護士選定の不安
    6. 倒産手続き(破産申立・免責申立)が終結するまでの期間の不安
    7. 倒産手続きでの破産管財人との対処についての不安
    8. 倒産手続きでの債権者集会についての不安
    • 倒産直前の倒産後の生活に関する不安は主に以下の通りです。
    1. 倒産後の生活の不安
    2. 倒産後の再起の不安
    3. 倒産後の生活費の不安
    4. 倒産後の生活環境(住居・車の準備)の不安
    • この倒産直前の2つの不安解決は難しくありません。
    • この倒産直前の2つの不安解決は準備をすれば解決できます。
    • できるだけ早い時期から準備をすることです。
    • できるだけ早い時期から準備をすれば早い時期に不安は解決できます。
    • できるだけ早い時期から準備を始めることで余裕をもって準備ができます。
    • 余裕をもって準備することで十分な準備が出来ます。
    • 十分な準備ができれば不安は軽減できます。
    • 不安が軽減できれば気持ちが落ち着きます。
    • 気持ちが落ち着けば倒産に向きあうことができるようになります。
    • 倒産に向きあうことが出来るようになれば倒産直前の不安は解決できます。

     

    *YTOは早い時期からの倒産準備を支援します。

    *YTOは倒産直前の不安解決を支援します。

  • ヤミ金からの借入の報告の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産前の資金繰りでやむを得ずヤミ金からの借入をしていました。
    • ヤミ金からの借入返済がなかなかできず、ジャンプを繰り返していました。
    • ヤミ金からの借入も繰り返していました。
    • 倒産前、弁護士との法律相談でヤミ金からの借入を報告していませんでした。
    • 倒産前、弁護士との法律相談でヤミ金のジャンプを報告していませんでした。
    • ヤミ金からの借入ヤミ金からの借入返済にかかわるジャンプを弁護士にどのように報告したらいいかがわかりません。
    • ヤミ金からの借入ヤミ金からの借入返済にかかわるジャンプを破産申立時にどのように報告したらいいががわかりません。
    • ヤミ金からの借入と借入返済(ジャンプ)の報告の仕方を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 「ヤミ金からの借入をどのように報告したらいいか?」を教えて下さい。
    • 「ヤミ金からの借入返済にかかわるジャンプをどのように報告したらいいか?」を教えて下さい。
    • ヤミ金からの借入等は破産申立時に報告するべきでしょうか?
    • ヤミ金からの借入等を破産申立時に報告しないと問題になるのでしょうか?

     

    相談の要点

    • ヤミ金からの借入等は法律相談時に弁護士へ報告をするべきです。
    • ヤミ金からの借入等は破産申立時に破産管財人へ報告をするべきです。
    • ヤミ金からの借入は違法な借入に当たります。
    • ヤミ金からの借入返済(ジャンプ)は偏頗弁済に当たります。
    • ヤミ金からの借入と返済は現金出納現金元帳銀行元帳預金通帳等の調査から不自然な資金移動として明らかになってしまいます。
    • 破産管財人の調査により明らかになる前に報告をしておく必要があります。
    • 倒産前に「やむを得ずヤミ金から借入をした」と正直に報告するべきです。
    • 倒産前に「やむを得ずヤミ金からの借入金を運転資金に充当した」と正直に報告するべきです。
    • ヤミ金からの借入返済が偏頗弁済に当たることから、破産管財人から厳しく叱られることになります。
    • しかし「やむを得ない事情があった」と正直に報告するべきです。
    • 正直に報告すれば免責不許可事由としての取扱にならない可能性もあります。
    • ヤミ金からの借入ヤミ金からの借入返済(ジャンプ)の事情は最初から正直に報告をしておくべきです。

     

    *YTOはヤミ金からの借入に関する状況報告への対処を支援します。

    *YTOはヤミ金への返済(ジャンプ)に関する状況報告への対処を支援します。

  • ブラックリストに載ったらどうなるかの相談

    相談内容

    • 倒産によってブラックリストに載ることは承知していました。
    • ブラックリストに載っても仕方がないと思っていました。
    • ブラックリストに載ることをあまり意識はしていませんでした。
    • しかし倒産を前にして「ブラックリストに載ったらどのような不都合が起きるのか」が心配になりました。
    • しかし倒産を前にして「ブラックリストに載ったら困ることになるのではないか」と不安になりました。
    • ブラックリストに載るとどのようになるかを教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 「ブラックリストに載るとどのような不都合が生じるのか」を教えて下さい。
    • 「ブラックリストに載るとどのようなことで困るのか」を教えて下さい。
    • ブラックリストに載ることの対策があったら教えて下さい。
    • ブラックリストに載る前にやっておかなくてはならないことを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産をするとブラックリストに載ることになります。
    • 倒産をするとブラックリストに載り、下記のような制限を受けることになります。
    1. 個人情報の確認が必要となる契約ができなくなります。
    2. クレジットカードが持てなくなります。
    3. 借入ができなくなります。
    4. 保証人になることができなくなります。
    • ブラックリストに載っても倒産後に困らないように準備をしておく必要があります。
    • 生きて行く為に必要な準備であれば差支えありません。
    • 特に賃貸住宅の契約等で困らないよう準備をしておく必要があります。
    • 賃貸住宅の契約では個人情報の確認(ブラックリストの確認)があります。
    • 倒産後の住居の確保はブラックリストに載る前にしておく必要があります。
    • ブラックリストに載っても生活に困らない準備をしておく必要があります。
    • 倒産してブラックリストに載ることを深刻に認識しておくべきです。
    • 倒産してブラックリストに載ることを想定し、対策を取っておくべきです。
    • 倒産してブラックリストに載っても困らないよう、準備をしておくべきです。
    • 倒産してブラックリストに載っても生きて行けるよう、準備をしておくべきです。

     

    *YTOはブラックリストに載る対策を支援します。

    *YTOはブラックリストに載る不安解決を支援します。

  • 1 2 3 4 5 6 12
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話