ご相談の実例

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 破産手続きに必要となる『書類』と『資料』についての相談

    相談内容

    • 破産手続き費用の準備で苦労しています。
    • 破産手続き費用が高額で直ぐに準備ができる金額ではなかったからです。
    • 「破産手続き費用が少しでも安くなれば」と思っていました。
    • 「破産手続きの弁護士費用だけでも安くなれば」と思っていました。
    • 弁護士から「破産手続きに必要となる書類資料を準備してから相談に来てもらえば弁護士費用を安くする相談に応じやすい」と言われました。
    • 破産手続きに必要となる書類資料の準備を自分で準備したいと思ったのですがその方法が分かりません。
    • 破産手続きに必要となる書類資料の準備の仕方を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産手続きに必要となる書類の準備は自分でもできるでしょうか。
    • 破産手続きに必要となる書類の準備の仕方を教えて下さい。
    • 破産手続きに必要となる書類の種類と内容も教えて下さい。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備は自分でもできるでしょうか。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備の仕方を教えて下さい。
    • 破産手続きに必要となる資料の種類と内容も教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産手続きに必要となる書類の準備は自分でもできます。
    • 破産手続きに必要となる書類は以下の通りです。
    • 債権者リスト(※法人と個人)
    • 資産目録(※法人と個人)
    • 陳述書(※個人)
    • 家計表(※個人)
    • 準備は面倒で時間はかかりますが難しい作業ではありません。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備は自分でもできます。
    • 破産手続きに必要となる資料は以下の通りです。
    • 債権者リストの証明資料(※金銭消費貸借契約書・返済表・買掛請求書etc)
    • 資産目録の証明資料(※通帳2年分・保険証券・車検証・不動産登記簿・売掛請求書etc)
    • 陳述書の証明資料(※商業登記簿謄本全部事項・住民票etc)
    • 家計表の証明資料(※年金受給の証明書・子供手当受給の証明書etc)
    • 準備は面倒で時間はかかりますが難しい作業ではありません。
    • 弁護士に依頼をしなくても自分で準備することは可能です。
    • 破産手続きに必要となる書類資料を準備してから弁護士に相談をするべきです。
    • 破産手続きの弁護士費用を安くしてもらう相談がしやすくなります。
  • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法についての相談

    相談内容

    • 破産手続き費用の準備に苦労しています。
    • 破産手続き費用の準備が出来ないので破産の決断もなかなかできません。
    • 破産手続き費用の準備が出来ないので毎月末には支払でキャッシュアウトしてしまい、破産手続き費用が準備できない悪循環になっています。
    • 破産手続き費用のうち弁護士費用だけでも安くなればと思っていました。
    • 破産手続きの弁護士費用は弁護士によりかなり違いがありました。
    • 破産手続きの弁護士費用は弁護士によりかなり違いがありましたが決して安い金額ではありませんでした。
    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法はありますか。
    • 破産手続きの弁護士費用だけでも安くなれば破産手続き費用の準備ができると思います。
    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法があれば教えて下さい。
    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法があれば具体的にどのようにすれば良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法は難しくありません。
    • 準備をしてから弁護士に相談をするだけのことです。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備をしてから弁護士に相談をすることです。
    • 破産手続きに必要となる書類の準備をしてから弁護士に相談をすることです。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備書類の準備を自分で準備すれば弁護士の作業はかなり少なくなります。
    • 弁護士の作業がかなり少なくなれば、弁護士は弁護士費用弁護士実費を安くする相談に応じてくれます。
    • 破産手続きに必要となる資料の準備書類の準備をしたうえで率直に弁護士費用弁護士実費を安くしてもらえるように弁護士に相談をすることです。
    • 普通の弁護士であれば相談に応じてくれるはずです。
    • また破産手続きに必要となる資料の準備書類の準備をしてから弁護士に相談をすることで破産手続き期間も短縮できます。
  • 破産手続き期間を短くする方法についての相談

    相談内容

    • 破産手続き期間を短くする方法が分かりません。
    • 破産手続き期間の精神的苦痛に耐えることができそうにありません。
    • 破産手続き期間の金銭的苦痛に耐えることができそうにありません。
    • 破産手続き期間の生活の不安に耐えることができそうにありません。
    • 破産手続き期間の将来の不安に耐えることができそうにありません。
    • 破産手続き期間の再起の不安に耐えることができそうにありません。
    • 破産手続き期間を短くする方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 破産手続き期間の苦痛と不安に耐える期間をできるだけ短くすることは出来るでしょうか。
    • 破産手続き期間の苦痛と不安に耐える自信がありません。
    • 心配です。
    • 破産手続き期間を短縮して精神的苦痛を軽減する方法を教えて下さい。
    • 破産手続き期間を短縮して金銭的苦痛を軽減する方法を教えて下さい。
    • 破産手続き期間を短縮して生活の不安を軽減する方法を教えて下さい。
    • 破産手続き期間を短縮して将来の不安を軽減する方法を教えて下さい。
    • 破産手続き期間を短縮して再起の不安を軽減する方法を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 破産手続き期間を短縮することは可能です。
    • 破産手続きは裁判所の手続きになりますので短縮は難しいと思いますが、破産手続きに至る期間を短縮することは可能です。
    • 破産手続きに至る期間で短縮が可能なものは以下の①~③です。
    1. 弁護士との法律相談の期間
    2. 弁護士との破産申立の準備期間
    3. 破産管財人との事情聴取の期間
    • ①と②の期間は長ければ6ヶ月以上かかります。
    • この期間を1ヶ月内に短縮すれば相対的に破産手続き期間は5ヶ月ほど短縮できます。
    • ③の期間は長ければ2ヶ月くらいかかります。
    • この期間を1ヶ月内に短縮すれば相対的に破産手続き期間は1ヶ月ほど短縮できます。
    • ①と②と③の期間で約6ヶ月の破産手続き期間の短縮は可能です。
    • ①と②と③の破産手続き期間の短縮は破産申立の資料破産申立の書類を事前に完璧に準備をすれば可能です。
    • 事前の準備は面倒な作業にはなりますが難しい作業ではありません。
    • 努力をすれば出来る作業です。
    • ①と②と③の準備で破産手続き期間の短縮ができれば破産手続き期間の苦悩破産手続き期間の不安は軽減できます。
  • 倒産時の従業員解雇についての相談

    相談内容

    • 従業員に倒産を告知するタイミングが分かりません。
    • 従業員に倒産による解雇を告知するタイミングが分かりません。
    • 倒産時に従業員を解雇する為の手順が分かりません。
    • 倒産時に従業員を解雇する為の準備の仕方が分かりません。
    • 倒産時に従業員を解雇するとトラブルになるのではないかと不安です。
    • 倒産時に従業員とトラブルにならない解雇の仕方が分かりません。

     

    相談の経緯

    • 従業員と倒産時にトラブルにならない解雇の仕方が分からないので心配です。
    • 従業員を解雇する時のトラブルが心配です。
    • 従業員を解雇する為の手順が分からないので不安です。
    • 従業員を解雇する為の準備が分からないので不安です。
    • 倒産時に従業員とトラブルにならない解雇の仕方を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産時の従業員解雇の手順準備は以下となります。
    1. 従業員解雇に必要となる解雇通知の準備
    2. 従業員解雇に必要となる雇用保険被保険者資格喪失届の準備
    3. 従業員解雇に必要となる社会保険資格喪失届の準備
    4. 従業員解雇に必要となる給料等の賃金の準備
    5. 従業員解雇時に従業員に返還を求める物(健康保険証、等)の確認
    6. 従業員に倒産(事業停止)を告知する日時の確認
    • 上記の①~⑥の手順で従業員解雇の準備をすることで倒産時の従業員とのトラブルは軽減できます。
    • 事前に告知をせず、倒産時(事業停止時)に従業員に倒産(事業停止)を告知することで倒産時の従業員とのトラブルは軽減できます。
    • 倒産時(事業停止時)に従業員に倒産(事業停止)を告知しても差支えありません。
    • ただし以下の注意が必要となります。
    • 倒産時(事業停止時)に従業員に倒産(事業停止)を告知する場合には事前に解雇予告通知を行う必要はありません。
    • ただし給料等の賃金2ヶ月分を支給しなければなりません。
    • 事前に倒産(事業停止)を従業員に告知して、事前に解雇予告通知を従業員に提示をすると大きなトラブルになることがあります。
    • 注意が必要です。
    • 倒産時(事業停止時)に従業員に倒産(事業停止)倒産による解雇を告知することで従業員とのトラブルは最小限になります。
  • コロナ倒産後の再起についての相談

    相談内容

    • コロナの影響で経営継続が難しい状況です。
    • コロナの影響で倒産を決断しなければならない状況です。
    • コロナ倒産後に「どのように生きて行けばよいか?」の見通しが立ちません。
    • コロナ倒産後に「何をしたら良いか?」の見通しが立ちません。
    • コロナ倒産後に「再起ができるか?」が不安です。
    • コロナ倒産後に再起をする方法が分かりません。

     

    相談の経緯

    • コロナの影響での倒産を決断できません。
    • コロナの影響での倒産後、「どのように生きて行けばよいか?」の見通しが立たないので決断ができません。
    • コロナの影響での倒産後、「何をしたら良いか?」の見通しが立たないので決断ができません。
    • コロナの影響での倒産後、「再起ができるか?」の見通しが立たないので決断ができません。
    • コロナの影響での倒産後、再起する方法が分からないので決断ができません。
    • コロナの影響での倒産後、再起をする方法を教えて下さい。
    • 倒産後に再起する方法が分かれば倒産の決断ができるように思います。

     

    相談の要点

    • コロナの影響での倒産後、再起をする方法は決して難しくありません。
    • コロナの影響での倒産後、再起をする方法倒産前に倒産後の再起の準備をしておくことです。
    • これが唯一の再起をする方法です。
    • 倒産前に倒産後の再起の準備をすることは必ずしも問題になる訳ではありません。
    1. 倒産後に生きて行く為の準備をすることは問題ありません。
    2. 倒産後の生活費の準備をすることは一定の範囲であれば問題ありません。
    3. 倒産後の家族の生活環境の準備をすることは問題ありません。
    4. 倒産後の仕事の準備をすることは問題ありません。
    • 倒産後に生きて行く為の準備をすることが唯一再起をする方法です。
    • もちろん準備の仕方によっては問題になることもありますので注意は必要です。
    • しかし倒産前に倒産後の再起の準備をすることは問題ありません。
    • 勇気を持って倒産前に倒産後の再起の準備をすることが倒産後の再起の不安を解決する唯一の方法です。
  • コロナ関連融資を受けた後に倒産した時の心配についての相談

    相談内容

    • コロナの影響で経営状況が急激に悪化していました。
    • コロナの影響でこの4か月売上がほとんどありませんでした。
    • コロナの影響で運転資金が底をついてしまいました。
    • 持続加給付金で当面の資金繰りを凌いでいました。
    • コロナ関連融資で当面の資金繰りを凌いでいました。
    • もう凌ぎきれない状況です。
    • 倒産を考えなければならない状況です。
    • 倒産をしたら問題になるか教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 持続加給付金の給付を受けた後の倒産が問題になりそうで心配です。
    • コロナ関連融資を受けた後の倒産が問題になりそうで心配です。
    • 問題になるか教えて下さい。
    • 問題にならない倒産の仕方があれば教えて下さい。
    • 倒産が問題になるのであれば対処の仕方を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 持続加給付金とコロナ関連融資を受けた後に倒産をしたからと言って直ちに問題になることはありません。
    • 持続加給付金の使途とコロナ関連融資金の使途が目的外の使途でないのであれば特に問題になることはありません。
    • ただし持続加給付金とコロナ関連融資を目的外に使っていたり、返済の意思が無いのにコロナ関連融資を受けた場合ば問題になります。
    • 持続加給付金とコロナ関連融資金を経営継続の資金として使っているのであれば問題になることはありません。
    • 頑張って経営継続の努力をしても倒産に至ってしまうことはあります。
    • 給付と融資を受けた後に倒産に至ってもやむを得ないこともあります。
  • コロナの影響での倒産準備を急いで進める方法についての相談

    相談内容

    • コロナの影響で経営状況が急激に悪化しています。
    • コロナの影響でこの3ケ月の売上がほとんどありません。
    • コロナの影響で運転資金が底をつきそうです。
    • コロナの影響での倒産を考えなければならない状況です。
    • コロナの影響での倒産準備を急いで進める方法が分かりません。
    • コロナの影響での倒産準備を急いで進める方法が分からず悩んでいます。
    • コロナの影響での倒産準備を急いで進める方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • コロナの影響による経営状況の悪化で資金が底をついてしまいそうです。
    • 資金は1か月内でなくなってしまいそうです。
    • 債権者からの取立も受けそうです。
    • 債権者からの差押えも受けそうです。
    • 債権者から未払金請求訴訟も起こされそうです。
    • コロナの影響での倒産準備を急いで進める方法が分かりません。

     

    相談の要点

    • コロナの影響での倒産準備は急を要することがよくあります。
    • 倒産に必要な準備は以下の通りです。
    1. 倒産後の家族の生活環境の準備
    2. 倒産後の家族の生活費の準備
    3. 倒産後の再起の準備
    4. 倒産手続き費用の準備
    5. 倒産手続きに必要となる資料と書類の準備
    • これが急を要するコロナの影響での倒産準備になります。
    • 急を要する場合には1か月以内の完了を目標に倒産準備を進めて下さい。
  • コロナの影響での倒産準備についての相談

    相談内容

    • コロナの影響により受注のキャンセルで、経営継続が難しい状況です。
    • コロナの影響による急激な売上減少で、資金繰りの目途が立ちません。
    • コロナの影響による倒産を考えています。
    • コロナの影響による倒産を考えていますが、倒産準備の仕方が分かりません。
    • コロナの影響による倒産を考えていますが、倒産手続き費用の準備が出来ません。
    • コロナの影響による倒産の決断ができず悩んでいます。
    • コロナの影響による倒産の対処方法が分からず悩んでいます。

     

    相談の経緯

    • コロナの影響による経営悪化で、従業員への給料支払が出来ません。
    • コロナの影響による経営悪化で、取引先への買掛支払が出来ません。
    • コロナの影響による経営悪化で、家賃等の固定経費の支払が出来ません。
    • コロナの影響による経営悪化で、資金繰りの目途が立ちません。
    • コロナの影響で倒産するにも倒産手続き費用の捻出の仕方が分かりません。

     

    相談の要点

    • コロナの影響で倒産する際の注意点はキャッシュアウトの予防です。
    • コロナの影響が原因の場合は急激な資金減少が生じるため、キャッシュアウト(資金流出)の予防が必要です。
    • コロナの影響による倒産準備は以下の手順で進めることが必要です。
    1. キャッシュアウトの予防からの資金確保
    2. 当面使える運転資金の確保
    3. 倒産手続き費用の確保
    4. 倒産後に生きて行くために必要な生活費の確保
    5. 倒産手続きに必要となる資料と書類の準備
    • コロナの影響での倒産も、準備が出来れば倒産の苦悩は軽減できます。
  • 倒産後の再起についての相談

    相談内容

    • 倒産後の再起が心配です。
    • 倒産後の再起の準備が出来ません。
    • 倒産後の再起の準備が出来ないので倒産の決断ができません。
    • 倒産後の再起の仕方が分かりません。
    • 倒産後の再起の仕方が分からないので倒産の決断ができません。
    • 倒産後の再起の準備ができないので困っています。
    • 倒産後の再起の仕方が分からないので困っています。

     

    相談の経緯

    • 倒産後の仕事の目途が立たないので不安です。
    • 倒産後の仕事の決め方が分からないので不安です。
    • 倒産後の仕事が決まらないと再起が出来ないので不安です。

     

    相談の要点

    • 倒産前に倒産後の再起の準備をしても差支えありません。
    • 倒産後に生きて行く為の準備が倒産後の再起の準備になります。
    • 倒産前に倒産後の再起の準備はしておくべきです。
    1. 倒産後の再起の準備再就職の準備です。
    2. 倒産後の再起の準備再起業の準備です。
    3. 倒産後の再起の準備は再就職と再起業をする為に必要となる準備です。
    • 倒産前に倒産後の再起の準備をする場合に注意しなければならないことがあります。
    • 破産手続きに誤解を与えないようにしなければなりません。
    1. 破産手続きについて誤解の無い再就職先を探すことです。
    2. 再起業に係る準備費用の出どころに誤解を与えないよう注意が必要です。
    • 倒産前に倒産後の再起の準備をすることで倒産手続きの精神的な苦労はかなり軽減できす。
    • 倒産前に倒産後の再起の準備はしておくべきです。
  • 倒産後の生活の準備についての相談

    相談内容

    • 倒産後の生活が心配です。
    • 倒産後の生活の準備が出来ません。
    • 倒産後の生活の準備が出来ないので倒産の決断ができません。
    • 倒産後の生活の準備の仕方が分かりません。
    • 倒産後の生活の準備の仕方が分からないので倒産の決断ができません。
    • 倒産後の生活の準備が出来ないので困っています。

     

    相談の経緯

    • 倒産後の生活費の準備が出来ないので不安です。
    • 倒産後の住居の準備が出来ないので不安です。
    • 倒産後の車の準備が出来ないので不安です。
    • 倒産後の家族の生活環境の準備が出来ないので不安です。

     

    相談の要点

    • 倒産前に倒産後の生活の準備をしても差支えありません。
    1. 倒産後の生活費の準備は一定の金額の範囲で可能です。
    2. 倒産後の住居の準備は一定の条件の範囲で可能です。
    3. 倒産後の車の準備は準備の仕方によって可能です。
    4. 倒産後の生活環境の準備は準備の仕方によって可能です。
    • ただし①の生活費の準備は生活費の捻出が問題にならないように注意する必要があります。
    • ただし②の住居の準備は住居の賃貸契約が問題にならないように注意する必要があります。
    • ただし③の車の準備は車の購入等が問題にならないように注意する必要があります。
    • ただし④の生活環境の準備は準備費用が問題にならないように注意する必要があります。
    • 倒産前に倒産後の生活の準備をする場合、準備の仕方準備費用の捻出の仕方準備費用の使い方が問題にならないよう注意が必要です。
    • 問題にならない範囲で倒産後の生活の準備をしても差支えありません。
  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話