倒産手続き、倒産準備に関するよくあるご質問

ご相談・お問い合わせ

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問
  1. 倒産前の『取立』の対処方法を教えて下さい。

    • 倒産前に債権者からの取立で困ることがよくあります。
    • 倒産前の債権者からの取立は支払いをしないことには解決できません。
    • できるだけキャッシュアウトが少なくなる支払方で債権者と協議をすること必要です。
    • 債権者に協議に応じてもらう方法としては公正証書による誓約が有効です。
    • 債権者に分割支払を公正証書で誓約する旨を申入れる対処になります。
    • ただし公正証書による誓約には期限の利益の喪失時の強制執行が特約されますので注意が必要です。
    • 債権者と公正証書で支払方を約すことで一時的に取立は止まります。
    • 債権者からの取立が止まっている間に倒産の準備を進めることも1つの対処方法です。
  • 倒産の不安を軽減する方法はありますか?

    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクに対しての不安です。
    • この倒産により生じるリスクの対処が倒産の不安を軽減する方法になります。
    • 倒産の不安を軽減する具体的な方法は倒産により生じるリスクを軽減する為の準備になります。
    • この倒産により生じるリスクを軽減する為の準備が唯一の倒産の不安を軽減する方法です。
    • 早い段階から準備をすれば倒産の不安は早い時期から軽減できます。
    • 悩まず迷わず、早い時期から準備を始めることが不安の軽減につながります。
  • 倒産をする前にするべきことは何ですか?

    • 倒産前にするべきことは以下の準備です。
    1. 倒産後の家族の生活を守る準備
    2. 倒産後の家族の生活環境の準備
    3. 倒産後の家族の生活費の準備
    4. 倒産後の再起の準備
    5. 倒産手続きの準備
    6. 倒産手続き費用の準備
    7. 倒産の準備期間中の債権者対策の準備
    • 準備の仕方を間違えなければ準備が問題になることはありません。
    • 準備ができれば倒産の不安は軽減できます。
    • 準備ができれば倒産後の生活の不安は軽減できます。
  • 資金に余力のあるうちに倒産するべきですか?

    • 資金に余力のあるうちに倒産を考えるべきです。
    • 資金に余力があるうちでないと倒産手続き費用の準備が出来ません。
    • 資金に余力のあるうちでないと倒産後の生活環境の準備が出来ません。
    • 資金に余力のあるうちでないと倒産後の生活費の準備が出来ません。
    • 資金に余力のあるうちに倒産しても違法ではありません。
    • 資金に余力のあるうちに倒産しても免責不許可事由に当たる訳ではありません。
    • 資金の捻出の仕方を間違えなければ問題はありません。
    • 資金の使い方を間違えなければ問題ありません。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の苦労は軽減できます。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の心配は軽減できます。
    • 資金に余力のあるうちに倒産するべきです。
  • 破産手続きに必要となる『書類』と『資料』を教えて下さい。

    • 破産手続きに必要となる書類は以下の通りです。
    • 債権者リスト(法人と個人)
    • 資産目録(法人と個人)
    • 陳述書(個人)
    • 家計表(個人)
    • 破産手続きに必要となる資料は以下の通りです。
    • 債権者リストの証明資料(※金銭消費貸借契約書・返済表・買掛請求書etc)
    • 資産目録の証明資料(※通帳2年分・保険証券・車検証・不動産登記簿etc)
    • 陳述書の証明資料(※商業登記簿謄本全部事項・住民票etc)
    • 家計表の証明資料(※年金受給の証明書・子供手当受給の証明書etc)
    • 破産手続きに必要となる書類資料の準備は面倒で手間のかかる作業ですが、難しい作業ではありません。
    • 弁護士に依頼をせずに自分でもできる作業です。
  • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法はありますか?

    • 破産手続きの弁護士費用を安くする方法はあります。
    • 破産申立に必要となる資料の準備を自分ですることです。
    • 破産申立に必要となる書類の準備を自分ですることです。
    • 破産申立に必要となる資料の準備書類の準備をしてから弁護士との法律相談をすることです。
    • 破産申立に必要となる資料の準備書類の準備を自分ですることで弁護士の作業がかなり少なくなります。
    • 弁護士の作業が大幅に少なくなると、弁護士費用を安くする相談がしやすくなります。
    • 弁護士の作業が大幅に少なくなると、弁護士側も弁護士費用の相談に応じやすくなります。
    • 弁護士の作業が大幅に少なくなる準備をしたうえで率直に弁護士費用を安くしてもらえるよう相談をすることです。
  • 破産手続き期間を短くする方法はありますか。

    • 破産手続き期間を短くするためのポイントは以下の①~③です。
    • ①弁護士との法律相談の期間を短期間で完了させる。
    • ②弁護士との破産申立の準備期間を短期間で完了させる。
    • ※事前に破産申立に必要となる資料を準備すること。
    • ※事前に破産申立に必要となる書類を準備すること。
    • ①と②の準備を短期間で完了できれば早く破産申立ができます。
    • ちなみに①と②の準備期間が事業停止から6ヶ月以上かかる場合もあります。
    • この場合①と②の準備期間中に精神的に苦しい状況に追い込まれます。
    • 注意して下さい。
    • ③破産管財人との事情聴取の期間を短期間で完了させる。
    • 破産申立資料を完璧に準備すること。
    • 破産申立書類を完璧に準備すること。
    • ③の準備を短期間で完了できれば破産管財人との事情聴取の期間も短期間で済みます。
    • 債権者集会もスムーズに進行します。
    • 破産手続きは裁判所の手続きのためその手続きにかかる期間を短くすることは難しいです。
    • しかし①~③の準備期間を短縮することは可能です。
    • ①~③の準備期間を短縮することで破産手続きに入るまでの期間はかなり短縮できます。
    • 破産手続きに入るまでの①~③の準備期間を短縮できれば相対的に破産手続き期間も短くなります。
  • コロナ倒産の決断ができません。決断の仕方を教えて下さい。

    • コロナの影響を客観的に見極めることが必要です。
    • 3ヶ月後に経営状況が改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
    • 6ヶ月後に経営状況が改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
    • 6ヶ月後までの資金繰りが出来るか否かを見極めることが必要です。
    • 3ヶ月先、6ヶ月先までの見込みを客観的に見極めて決断することが必要です。
    • 客観的な見極めが出来ないと資金繰りの苦労が続いてしまいます。
    • 客観的な見極めができないとキャッシュアウトの苦労が続いてしまいます。
    • 必要以上に頑張ることが必要以上の苦労につながってしまうことがあります。
    • 客観的な見極めから決断することがコロナ倒産の決断には重要です。
  • コロナ倒産をしても家族の生活は守れますか?

    • コロナ倒産をしても家族の生活は守れます。
    • コロナ倒産をする前にきちんと準備すれば家族の生活は守れます。
    • 家族の生活を守るのに必要な準備は以下の通りです。
    1. コロナ倒産後の生活費の準備
    2. コロナ倒産後の住居の準備
    3. コロナ倒産後のの準備
    4. コロナ倒産後の家族の生活環境の準備
    5. コロナ倒産後に生きて行く為の準備
    • 問題にならない範囲できちんと準備することが重要です。
    • コロナ倒産前に問題にならないように準備することは十分に可能です。
  • コロナ倒産をしても再起はできますか?

    • コロナ倒産をしても再起はできます。
    • 倒産をする前に再起の準備をしておけば十分に可能です。
    • 倒産をする前の再起の準備は以下の通りです。
    1. 倒産後に生きて行くための準備
    2. 倒産後の生活費の準備
    3. 倒産後の家族の生活環境の準備
    4. 倒産後の仕事の準備
    • きちんと準備をしておけばコロナ倒産をしても再起は可能です。
    • そのためにもいち早く再起の準備をすることです。
  • 1 2 3 4 5 6 17
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話