倒産手続き、倒産準備に関するよくあるご質問

ご相談・お問い合わせ

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問
  1. コロナ倒産の決断ができません。決断の仕方を教えて下さい。

    • コロナの影響を客観的に見極めることが必要です。
    • 3ヶ月後に経営状況が改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
    • 6ヶ月後に経営状況が改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
    • 6ヶ月後までの資金繰りが出来るか否かを見極めることが必要です。
    • 3ヶ月先、6ヶ月先までの見込みを客観的に見極めて決断することが必要です。
    • 客観的な見極めが出来ないと資金繰りの苦労が続いてしまいます。
    • 客観的な見極めができないとキャッシュアウトの苦労が続いてしまいます。
    • 必要以上に頑張ることが必要以上の苦労につながってしまうことがあります。
    • 客観的な見極めから決断することがコロナ倒産の決断には重要です。
  • コロナ倒産をしても家族の生活は守れますか?

    • コロナ倒産をしても家族の生活は守れます。
    • コロナ倒産をする前にきちんと準備すれば家族の生活は守れます。
    • 家族の生活を守るのに必要な準備は以下の通りです。
    1. コロナ倒産後の生活費の準備
    2. コロナ倒産後の住居の準備
    3. コロナ倒産後のの準備
    4. コロナ倒産後の家族の生活環境の準備
    5. コロナ倒産後に生きて行く為の準備
    • 問題にならない範囲できちんと準備することが重要です。
    • コロナ倒産前に問題にならないように準備することは十分に可能です。
  • コロナ倒産をしても再起はできますか?

    • コロナ倒産をしても再起はできます。
    • 倒産をする前に再起の準備をしておけば十分に可能です。
    • 倒産をする前の再起の準備は以下の通りです。
    1. 倒産後に生きて行くための準備
    2. 倒産後の生活費の準備
    3. 倒産後の家族の生活環境の準備
    4. 倒産後の仕事の準備
    • きちんと準備をしておけばコロナ倒産をしても再起は可能です。
    • そのためにもいち早く再起の準備をすることです。
  • 事業停止日の決め方を教えて下さい。

    • 事業停止日は以下を勘案して決めるのが一般的です。
    1. 手持ち資金の確保ができる限界の時期
    2. 支払ができる限界の時期
    3. 債権者取立の対処ができる限界の時期
    4. 債権者からの差押え回避ができる限界の時期
    5. 経営者の頑張る気持ちが維持できる限界の時期
    • 限界の時期を見極めて事業停止日を決めることが大切です。
    • 限界の時期を見極めて早めに事業停止日を決めれば倒産の準備ができます。
    • 倒産の準備ができれば事業停止時に生じるトラブル予防の準備ができます。
    • 特に経営者の頑張る気持ちが維持できる限界の時期の見極めが重要です。
  • 倒産直前に最優先でやるべきことを教えて下さい。

    • 倒産直前に最優先でやるべきことはキャッシュアウトを避ける努力です。
    • 倒産直前にやるべきことは資金確保です。
    • 資金確保ができなければ事業停止時の給料支払の準備ができません。
    • 資金確保ができなければ倒産時の弁護士費用の準備ができません。
    • 資金確保ができなければ倒産後の生活費の準備ができません。
    • 資金確保ができなければ破産申立免責申立ができません。
    • 倒産直前の資金確保が必ずしも問題になる訳ではありません。
    • 倒産直前に資金確保をしても違法行為になる訳ではありません。
  • 倒産準備には準備の優先順位がありますか。

    • 倒産準備には優先順位があります。
    1. 倒産後の家族の生活費の準備
    2. 倒産後の家族の生活費の準備
    3. 倒産後の再起の準備
    4. 倒産手続き費用の準備
    5. 倒産手続きに必要となる資料の準備
    6. 倒産手続きに必要となる書類の準備
    7. 従業員解雇の準備
    8. 事業停止(事業所閉鎖)の準備
    9. 委任する弁護士選定の準備
    • 上記が倒産の準備における優先順位です。
    • 1番目から6番目の準備は同時進行の準備になります。
    • 上記の準備が出来ていれば倒産の不安は軽減できます。
    • 上記の準備が出来ていれば事業停止時のトラブルは軽減できます。
    • 上記の準備が出来ていれば弁護士は迅速に破産申立・免責申立ができます。
    • 上記の準備は債権者対応をしながらの準備になります。
    • 精神的に辛い準備期間になりますので短期間での準備を完了することが大切です。
  • コロナの影響による倒産の相談はできますか?

    • コロナの影響による倒産相談をお受けしています。
    • コロナの影響による倒産相談では、主に以下の問題に迅速に対処するようにお伝えしています。
    1. 急激な経営悪化の対処
    2. 急激な売上減少の対処
    3. 支払困難の問題の対処
    • コロナの影響による倒産相談では、主に以下の問題に迅速に準備するようにお伝えしています。
    1. 倒産後の家族の生活環境の準備
    2. 倒産後の家族の生活費の準備
    3. 倒産後の再起の準備
    4. 倒産手続き費用の準備
    5. 倒産手続きに必要となる資料と書類の準備
    • コロナの影響による倒産相談は急を要する場合が多いです。
    • YTOではコロナの影響による倒産相談に迅速に対応をしています。
    • ひとりで悩まずにご相談下さい。
  • コロナの影響による倒産の準備はどの位の期間で出来ますか?

    • 倒産の準備期間は個々のご事情(経営状況等)により異なります。
    • ちなみに倒産に必要な準備は以下の通りです。
    1. 倒産後の家族の生活環境の準備
    2. 倒産後の家族の生活費の準備
    3. 倒産後の再起の準備
    4. 倒産手続き費用の準備
    5. 倒産手続きに必要となる資料と書類の準備
    • これらに要する時間が倒産の準備にかかる期間になります。
    • 急を要する場合には1か月以内で倒産の準備をすることも可能です。
  • コロナ関連融資の借入後、すぐに倒産をすると問題ですか?

    • コロナ関連融資の借入後、すぐに倒産をしたからといって必ずしも直ちに問題になるわけではありません。
    • ただし借入の動機借入金の使途によっては問題になる可能性もあります。
    1. 返済の意思がないにも関わらずコロナ関連融資の借入をした場合は問題です。
    2. コロナ関連融資の借入金を目的外使用した場合は問題です。
    • コロナ関連融資の借入後、やむを得ず経営継続できない状況になる場合もあると思います。
    • そのため借入後すぐに倒産に至るケースもあり得ます。
    • コロナ関連融資の借入を経営継続の資金として使っていた場合には問題になる可能性は低いと思われます。
  • コロナの影響で倒産をする際の注意点を教えて下さい。

    • コロナの影響で倒産をする際の注意点は以下の通りです。
    • 詐欺的な借入をしない
    • 詐欺を疑われる返済の意思の無い借入は問題になることがあります。
    • 公的資金の不正使用をしない
    • 公的資金の目的外使用は問題になることがあります。
    • コロナの影響で倒産をする際に注意すべきは免責不許可事由に当たる行為をしないことです。
    • 破産管財人から返済意志のない借入公的資金の目的外使用を疑われ、結果として免責不許可と判断されないように注意する必要があります。
  • 1 2 3 4 5 6 16
    ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話