倒産手続き、倒産準備に関するよくあるご質問

freedial0120-393-391

お電話・メールでのご相談は無料です

受付時間:平日9:00 - 21:00

phone080-8813-1766

倒産の不安、ご相談ください

アドバイザー直通電話

よくあるご質問

HOME > よくあるご質問
  1. 事業停止までの支払の仕方を教えて下さい。

    • 事業停止直前の支払には注意が必要です。
    • 特定の債権者にのみ支払いをした場合は偏頗弁済とみなされます。
    • 事業停止直前の支払は以下のようなケースに限定する必要があります。
    1. 事業継続に必要となる支払
    2. 生きていくために必要となる支払
    • 事業停止直前の支払が債権者集会で問題視されるケースも多いです。
    • 事業停止直前の支払が破産管財人に問題視されるケースも多いです。
    • 事業停止までの支払は破産管財人に説明ができる支払内容にしておくことが原則です。
    • 事業停止までの支払が偏頗弁済に当たらないよう注意する必要があります。
  • 倒産直前に親族から借りたお金を返済しても大丈夫ですか?

    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済するのは問題行為です。
    • 偏頗弁済に当たります。
    • 偏頗弁済は破産手続きの際に破産管財人の調査対象となります。
    • 偏頗弁済が特定されると破産管財人は返済金を回収します。
    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済することは不適当な行為に当たります。
    • 倒産直前に親族から借りたお金を返済するべきではありません。
    • さらに偏頗弁済が特定された場合、破産管財人は「ほかにも偏頗弁済があるのではないか?」と疑いを持ちます。
    • その結果、破産手続きの調査期間が長くなってしまうため注意が必要です。
  • 破産申立をしても生活費を手元に残すことはできますか?

    • 破産申立をしても一定程度の金額までであれば生活費の所持は認められます。
    • 破産申立をしても生きて行くために必要な生活費まで没収はされません。
    • 破産申立時に90万円程度までの生活費の所持は認められます。
    • 破産申立時に弁護人に生活費の所持について相談をして差支えありません。
    • 破産申立時の生活費のほかに年金手当給付金等も没収されません。
    • 生活口座で給付を受けることもできます。
    • 破産申立時に生活費の所持まで制限を受けることはありません。
    • 破産申立時に生きて行くために必要となる生活費の所持は認められます。
    • 破産申立をしても一定程度の生活費を手元に残すことは可能です。
  • 債権者集会の準備は何をすればいいですか?

    • 債権者集会は、破産者の①財産状況の報告と②財産の処分状況の報告を行う集会です。
    • 債権者集会における破産者の①財産状況の報告と②財産の処分状況の報告は破産管財人がおこないます。
    • 上記の報告の準備は事前に弁護人がおこないますので、破産者が特別な準備をする必要はありません。
    • ただし債権者集会には債権者の質疑応答があります。
    • この債権者の質疑応答の際に、特定の債権者によって債権者集会が紛糾させられてしまう場合があります。
    • そのため債権者集会を紛糾させる債権者への対策準備が必要です。
    • 具体的な対策・準備は紛糾させる債権者の情報紛糾させる理由の情報を弁護士に報告をすることです。
    • これが債権者集会の準備になります。
  • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談するべきですか?

    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談するべきです。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談すると以下のようなメリットがあります。
    1. 破産申立までの準備期間がかなり短縮できる。
    2. 受任通知を早く送付してもらえる。
    3. 債権者との対応を早く弁護士に任せることができる。
    4. 精神的な苦労が早く軽減できる。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談すると、事業停止後に事業所等へ行かずに済みます。
    • その結果、早く精神的に楽になれます。
    • 破産申立の準備をしてから弁護士に相談すると、事業停止と同時に債権者からの電話対応をしなくて済みます。
    • その結果、早く精神的に楽になれます。
    • 故に破産申立の準備をしてから弁護士に相談するべきです。
  • 破産申立の後でも健康保険証を持つことはできますか?

    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は失効となります。
    • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は使用できなくなります。
    • 破産申立をした場合、国民健康保険に加入することになります。
    • 破産申立をした直後に市役所等で事情を説明し、国民健康保険の加入手続きをすることが適当です。
    • 破産申立をした後は国民健康保険を持つことができます。
    • また破産申立をした後に入院等の大きな病気になった場合、市役所等で限度額適用認定証の交付を受けると入院費等の自己負担を大幅に軽減できます。
    • 破産申立をしても国民健康保険を持つことで医療費の心配は軽減できます。
  • 破産申立後に賃貸住宅の契約はできますか?

    • 破産申立をすると借入等の担保となっている住宅は担保権者に引き取られることになります。
    • これらの住宅に住んでいる場合は破産申立後の住宅を準備する必要があります。
    • しかし破産申立後は賃貸住宅の契約ができなる可能性があります。
    • 破産申立後の賃貸住宅の契約において個人情報の確認をされることがあるからです。
    • 破産申立をすると個人情報=ブラックとなるからです。
    • 破産申立をする場合、破産申立前に賃貸住宅の契約等の準備を行っておく必要があります。
    • 破産申立をする場合、破産申立前に住宅の確保をしておく必要があります。
    • 破産申立前であれば賃貸住宅の契約をして破産申立後の住宅を確保をしても問題にはなりません。
  • 破産申立をすると【車】は没収されますか?

    • 破産申立をするとは没収されます。
    • クレジット契約により所有権者がクレジット会社の車はクレジット会社に引取られます。
    • リース契約により所有権者がリース会社の車はリース会社に引取られます。
    • 法人所有のは破産管財人に引き取られます。
    • 代表者所有のは破産管財人に引き取られます。
    • 基本的に資産になりますので、債権者や破産管財人に没収されます。
    • ただし古い車で、資産価値のない車は一般的に没収の対象にはなりません。
    • 古い車資産価値のない車とは売却できない車のことです。
    • この古い車は破産管財人の許可を得て、破産申立後も使用することが可能です。
  • 破産申立をすると郵便物の調査もされることになりますか?

    • 破産申立をすると郵便物を調査されることになります。
    • 法人名義の郵便物は破産管財人に転送されます。
    • 個人名義の郵便物も破産管財人に転送されます。
    • 転送された郵便物は破産管財人によって調査されます。
    • 破産申立直前の保険解約はこの調査によって事実確認されることになります。
    • 破産申立直前の定期預金解約はこの調査によって事実確認されることになります。
    • その他の資産売却もこの調査で事実確認されることになります。
    • 転送された郵便物は破産管財人が調査し、その後調査対象以外の郵便物は破産管財人から返却されます。
    • 破産手続きが終了するまで郵便物は破産管財人に調査されます。
  • 破産申立では個人所有の動産資産はどのように報告することになりますか?

    • 破産申立では個人所有の動産資産を報告することになります。
    • 破産申立では個人所有の動産資産資産目録(個人)で報告することになります。
    • 報告をしなければならない個人所有の動産資産は過去5年間の購入価格が20万円以上の動産資産(物品)になります。
    • 報告をしなければならない個人所有の動産資産(物品)の代表例は以下の通りです。
    1. 購入価格20万円以上の貴金属
    2. 購入価格20万円以上の美術品
    3. 購入価格20万円以上の着物
    4. 購入価格20万円以上のパソコン家電製品
    5. 購入価格20万円以上の家具
    6. 購入価格20万円以上のバイク
    • 破産申立で個人所有の動産資産を適切に報告しなかった場合、資産隠しとみなされることがあります。
    • 注意が必要です。
  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話