ご相談の実例

ご相談・お問い合わせ

ココロノヨリドコロ

HOME > ご相談の実例
  1. 倒産まで心を折らずに頑張る方法についての相談

    相談内容

    • 倒産を決意しなければならない状況です。
    • 倒産のことを考えると心配で夜も眠れません。
    • 倒産のことを考えると不安で夜も眠れません。
    • 倒産のことを考えるとどうしたらいいか分かりません。
    • 倒産のことを考えると心配と不安で心が折れてしまいます。
    • 倒産のことを考えると心配と不安で頑張れそうにありません。
    • 倒産まで心を折らずに心配と不安に向き合う方法を教えて下さい。
    • 倒産まで心を折らずに頑張る方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産までの心配にどのように向き合えばいいのでしょうか。
    • 倒産までの不安にどのように向き合えばいいのでしょうか。
    • 倒産まで心を折らずに頑張る方法があるのでしょうか。
    • 心配で心が折れそうです。
    • 不安で心が折れそうです。
    • 心が折れそうで倒産まで頑張れそうにありません。
    • どうしたらいいか教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産まで心を折らずに頑張る方法は予定を立てることです。
    • 倒産までの予定を立て、頑張る期間を決めましょう。
    • 倒産までの予定を立て、「何をするか?」を決めましょう。
    • 倒産までの予定を立て、倒産の準備を進めましょう。
    • 倒産までの予定を立て、心配と不安への対処を進めましょう。
    • 頑張る期間を決めて目標を持てば、心を折らずに頑張れます。
    • ⇒「何をするか?」を決めて目標を持てば、心を折らずに頑張れます。
    • 倒産の準備を進めて心配と不安の軽減ができれば、心を折らずに頑張れます。
    • 倒産まで心を折らずに頑張る方法は①予定を立て、②目標を持って倒産の準備を進めることです。
    • 倒産の準備を進めて心配と不安の軽減することが倒産まで心を折らずに頑張る方法です。
    • 一定の期間であれば、目標を持つことで頑張れると思います。
    • 一定の期間であれば、心を折らずに頑張れると思います。

     

    *YTOは倒産の準備を支援します。

    *YTOは倒産までの心配と不安の軽減を支援します。

    *YTOは倒産まで心を折らずに頑張る方法を支援します。

  • 倒産後の生活の準備についての相談

    相談内容

    • 倒産後の生活が不安です。
    • 倒産後の生活費の準備の仕方が分からないので不安です。
    • 倒産後の生活環境の準備の仕方が分からないので不安です。
    • 倒産後の再起の準備の仕方が分からないので不安です。
    • 倒産後の生活の準備の仕方を教えて下さい。
    • 破産申立で問題にならない倒産後の生活の準備の仕方を教えて下さい。
    • 債権者集会で問題にならない倒産後の生活の準備の仕方を教えて下さい。
    • 倒産前に倒産後の生活の準備をしても差支えが無いのかを教えて下さい。
    • 倒産後の生活の準備が免責不許可事由に当たらないのかを教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産前に倒産後の生活の準備をしても差支えないですか?
    • 差支えのない生活費の準備の仕方はありますか?
    • 差支えのない生活環境の準備の仕方はありますか?
    • 差支えのない再起の準備の仕方はありますか?
    • 倒産前に倒産後の生活の準備をしたら問題になりますか?
    • 倒産後の生活の準備を考えると不安で、心配です。
    • どうしたら良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前に倒産後の生活の準備をしても差支えありません。
    • 倒産後の生活費の準備をしても差支えありません。
    • 倒産後の生活環境の準備をしても差支えありません。
    • 倒産後の再起の準備をしても差支えありません。
    • 倒産後に生きて行くために必要な準備であれば差支えありません。
    • 倒産後の生活の準備であれば差支えありません。
    • ただし倒産後の生きて行くために必要な準備生活の準備の状況は破産管財人に報告することになります。
    • そのため一定の程度を超えた準備は問題となります。
    • 一定の程度の準備とは破産管財人が認めてくれる範囲の準備です。
    • 一定の程度を超えた準備を破産管財人は認めてくれることはありませんので注意が必要です。
    • 一定の程度を超えた準備は免責不許可事由に当たる場合がありますので注意が必要です。
    • 一定の程度とは倒産後に生きて行くための準備として常識的であることです。

     

    *YTOは倒産後の生活の準備を支援します。

    *YTOは倒産後に生きて行くために必要な準備を支援します。

    *YTOは倒産後の生活の不安解決を支援します。

  • 倒産時の従業員の解雇の仕方についての相談

    相談内容

    • 倒産にともなう従業員の解雇の仕方で悩んでいました。
    • 「従業員をどのように解雇したらいいか?」で悩んでいました。
    • 「いつ従業員に解雇を通知するか?」で悩んでいました。
    • 従業員に1か月以上前に解雇予告を通知した場合、従業員とトラブルになる恐れがあるので悩んでいました。
    • 従業員に1か月以上前に解雇予告を通知した場合、倒産(事業停止)情報が債権者に知れ渡ってしまう恐れがあるので悩んでいました。
    • 従業員とトラブルにならない従業員の解雇の仕方があれば教えて下さい。
    • 債権者に影響を及ぼすことのない従業員の解雇の仕方があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 従業員に解雇予告を通知した時、トラブルになることが怖くてどうしたらいいか分かりません。
    • 従業員に解雇予告を通知した時、債権者とトラブルになることが怖くてどうしたらいいか分かりません。
    • 従業員に解雇予告を通知した時、不測の事態が起きてしまいそうで不安です。
    • 従業員に解雇予告を通知した時、取り付け騒ぎが起きてしまいそうで不安です。
    • どうしたら良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 従業員の解雇には2つの方法があります。
    1. 1か月以上前に解雇予告通知を行い、事業停止時に解雇通知月分の給料を渡して解雇する方法
    2. 事業停止の当日に解雇通知当月分の給料+解雇手当を渡して解雇する方法
    • ①の場合には1か月以上前に解雇予告をすることから従業員とのトラブル債権者とのトラブルが生じやすいです。
    • ②の場合には事業停止日の当日に解雇をすることから従業員と債権者のトラブルは回避できます。
    • 従業員を解雇する時のトラブルを回避するには②を選択することが一般的です。
    • ただし②を選択する場合には従業員解雇時の費用が多くなるため、事前に解雇費用の準備が必要となります。
    • また②を選択する場合には事業停止日当日に雇用保険被保険者資格喪失届社会保険資格喪失届等の解雇手続きで不備が出ないように準備しておく必要もあります。

     

    *YTOは解雇手続きの不安の軽減を支援します。

    *YTOは解雇時のトラブルの軽減を支援します。

  • 前向きに倒産の準備をする方法についての相談

    相談内容

    • 倒産が怖くて倒産の決断が出来ません。
    • 気持ちが落ち込んでしまい何も出来ません。
    • 気持ちが落ち込んでしまい何も考えられません。
    • 倒産の準備をしなければならないことは分かっていますが、倒産が怖くて準備を始めることが出来ません。
    • 倒産を怖がらずに倒産の準備を始める方法を教えて下さい。
    • 倒産を怖がらずに前向きに倒産の準備をする方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産が怖くて何もできません。
    • 倒産後「生活費をどうしたら良いか?」を考えると怖くて何も出来ません。
    • 倒産後「家族の生活を守れるか?」を考えると怖くて何も出来ません。
    • 倒産後「再起ができるか?」を考えると怖くて何も出来ません。
    • 倒産の怖さに向き合う勇気が持てません。
    • 倒産の怖さに向き合う勇気が持てないので倒産の準備も出来ません。
    • 倒産の怖さに向き合う方法を教えて下さい。
    • 前向きに倒産の準備を始める方法を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産で何が怖いかを考えて下さい。
    • 倒産で何が怖いかが分かればその対処ができます。
    • 倒産後の生活費家族の生活再起が怖ければその対処をすることです。
    • 倒産での倒産手続き費用対策債権者対策従業員対策が怖ければその対処をすることです。
    • 倒産の怖さの対処が倒産の準備です。
    • 倒産の怖さの対処ができれば倒産の怖さは軽減できるはずです。
    • 倒産後の生活費家族の生活再起の準備をしながら倒産の準備をすれば倒産の怖さは軽減するはずです。
    • 倒産での倒産手続き費用債権者対策従業員対策をしながら倒産の準備をすれば倒産の怖さは軽減するはずです。
    • 倒産の怖さを軽減する準備が倒産の準備になります。
    • 倒産の怖さが軽減すれば倒産の準備に向き合うことができるはずです。
    • さらに倒産の怖さを軽減する準備の作業予定を立てることで準備作業に向き合うことが出来るはずです。
    • また、倒産の怖さを軽減する準備の期日目標を持つことで準備作業に向き合う期間を認識することが出来るはずです。
    • 倒産の準備の予定目標を持つことで「今何をするべきか?」を決意できると思います。
    • この決意が倒産に向きあう勇気につながると思います。
    • この決意が前向きに倒産の準備をする方法になると思います。

     

    *YTOは倒産の怖さの軽減を支援します。

    *YTOは前向きな倒産準備を支援します。

  • 倒産で自暴自棄にならない方法についての相談

    相談内容

    • 倒産で苦しんでいます。
    • 「倒産は恥ずかしいこと」と思い苦しんでいます。
    • 倒産で自分を責め続けています。
    • どうしたら良いか分かりません。
    • 「倒産で人生が終わってしまった」と思っています。
    • 倒産で自暴自棄になってしまいそうです。
    • 倒産で自暴自棄になってしまい何も考えられなくなりそうです。
    • 倒産で自暴自棄になってしまい何もできなくなりそうです。
    • 倒産で自暴自棄にならない方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 懸命に経営努力をしても上手く行きませんでした。
    • 懸命に経営努力をしましたが倒産してしまいました。
    • 倒産で社会に大きな迷惑を掛けてしまいました。
    • 倒産で従業員に大きな迷惑を掛けてしまいました。
    • 倒産で家族に大きな迷惑を掛けてしまいました。
    • 倒産は自分の責任なので自分を責め続けています。
    • 倒産の責任をどのように負えば良いかが分からずに苦しんでいます。
    • どうしたら良いかが分からないので自暴自棄になりそうです。
    • 倒産で自暴自棄にならない方法があれば教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 懸命に経営努力をしても上手く行かないこともあります。
    • 懸命に経営努力をしても倒産してしまうこともあります。
    • 倒産をしたからと言って必要以上に自分に責める必要はありません。
    • 倒産をしたからと言って人生を諦める必要もありません。
    • 倒産の後に無気力になってしまうこともあると思います。
    • 倒産の後に何もしたくなくなってしまうこともあると思います。
    • 倒産の後に自暴自棄になってしまうこともあると思います。
    • 「倒産の後に自暴自棄になっても仕方がない」と分かっていても自暴自棄になってしまうこともあると思います。
    • しかし自暴自棄になる必要はありません。
    • 懸命に経営努力をして上手く行かなかったことは仕方の無いことです。
    • 懸命に経営努力をして倒産してしまったことは仕方の無いことです。
    • 倒産を法律にしたがい対処をすれば十分です。
    • それ以上のことはできませんから。
    • 倒産を人生の再スタートの準備と捉えるべきです。
    • 倒産を人生の再スタートの準備と捉えて次の人生の準備をして下さい。
    • 倒産を再起のステップとして下さい。
    • 倒産後の人生を大切にして下さい。
    • 倒産後の人生を大切にすることが重要です。
    • 倒産後の再起の準備をすることが自暴自棄の予防です。
    • 再起の準備を早く始めることが自暴自棄は予防になるはずです。
    • 倒産をしても勇気を持って再起の準備をして下さい。
  • 倒産手続き費用を準備する方法についての相談

    相談内容

    • 倒産手続き費用の準備をどのようにしたら良いのでしょうか。
    • 倒産手続き費用の準備の仕方に決まりごとがあるのでしょうか。
    • 倒産手続き費用の準備に禁じられていることがあるのでしょうか。
    • 倒産手続き費用の準備はいつから始めれば良いのでしょうか。
    • 倒産手続き費用の準備の仕方が後で問題になることがあるのでしょうか。
    • 倒産手続き費用の準備で悩んでいます。
    • 倒産手続き費用の準備が上手くできるのか不安です。
    • 倒産手続き費用の準備の仕方が分からないので不安です。
    • 倒産手続き費用の準備の仕方を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 6か月先には資金が底をついてしまいそうです。
    • 6か月先には資金繰りが出来なくなりそうです。
    • 6か月先には倒産(事業停止)せざるを得ない状況になっています。
    • 倒産の準備をしなければならない状況ですが資金的な余裕がありません。
    • 現金金預金がショートしている状況です。
    • 売掛金も全て支払に充当しなければならない状況です。
    • どの様に倒産手続き費用を準備したら良いかが分かりません。
    • どの様に倒産手続き費用を準備したら良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産手続き費用の準備を早い時期から始めれば必ず準備できます。
    • 6か月先を見越して倒産手続き費用の準備を始めても差支えありません。
    • 6か月先を見越して倒産手続き費用を準備しても後々で破産管財人から問題視されることはありません。
    • ただし免責不許可事由に当たる準備の仕方は後々問題になることがあります。
    • 倒産手続き費用は現金預金から準備をしても差支えありません。
    • 倒産手続き費用は売掛金から準備をしても差支えありません。
    • 倒産手続き費用は資産売却資金から準備をしても差支えありません。
    • 倒産手続き費用は親族からの借入金から準備をしても差支えありません。
    • ただし以下の場合は注意が必要です。
    1. 倒産直前の契約金からの準備
    2. 倒産直前の借入金からの準備
    3. 倒産直前の手形割引資金からの準備
    4. 倒産直前のファクタリング資金からの準備
    • 以上の場合はケースによっては問題視され、詐欺を疑われることがあります。
    • 予定を立てて早い時期から倒産の準備を始めることができれば倒産手続き費用の準備が難しくなることはありません。
    • 倒産手続き費用を準備する方法は早い時期からの準備がポイントなります。
    • 逆に倒産手続き費用の準備は倒産直前では難しくなります。
    • 注意して下さい。
  • 債権者からの「取立」の対処についての相談

    相談内容

    • 債権者からの取立で困っていました。
    • 債権者からの取立の対処で悩んでいました。
    • 債権者からの取立の対処が出来ずに悩んでいました。
    • 債権者からの取立の対処が出来ないことから、取立が日に日に大きな問題になって行きました。
    • 債権者からの取立の対処が出来ないことから、キャッシュアウトが起きてしまいました。
    • 債権者からの取立の対処方法が分りません。
    • 債権者からの取立の対処方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 債権者からの取立が深刻な問題になってしまいました。
    • 債権者からの取立の連鎖が起こる状況になってしまいました。
    • 債権者からの取立によるキャッシュアウトが止まりません。
    • 債権者からの取立によるキャッシュアウトで当面の資金繰りも出来ない状況になってしまいました。
    • 債権者からの取立によるキャッシュアウトで倒産手続き費用の準備もできない状況になってしまいました。
    • 債権者からの取立キャッシュアウトを止める方法を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 債権者からの取立キャッシュアウトは債権者に支払いをしないと止めることはできません。
    • 債権者からの取立キャッシュアウトは債権者に支払いの誓約をすることが出来れば一時的に止めることは可能となります。
    • 債権者に支払の誓約公正証書で行うことが有効です。
    • 債権者は公正証書による支払の誓約であれば分割支払の協議に耳を傾けてくれる可能性があります。
    • 債権者との公正証書による分割支払の誓約に期限の利益の喪失時の強制執行の特約を付すことで協議に応じてくれることがよくあります。
    • この協議ができれば一時的ではありますが取立キャッシュアウトは止まります。
    • 一時的でも取立キャッシュアウトが止まることで気持ちの余裕を持つことができます。
    • 取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産の準備を進めることが可能となります。
    • 取立キャッシュアウトが止まっている間に倒産手続き費用の準備を進めることも可能となります。
    • 合法的な倒産の準備倒産手続き費用の準備であれば、後々問題になることはありません。
    • この間に偏頗弁済射幸行為、並びに免責不許可事由となる行為等を行うことは厳禁です。
    • 後々問題になることがあります。
  • 倒産の不安を軽減する方法についての相談

    相談内容

    • 倒産の不安からどうしたら良いかが分からなくなっています。
    • 倒産の不安から何をしたら良いかが分からなくなっています。
    • 倒産の不安が日に日に大きくなって行きます。
    • 倒産の不安が日に日に深刻になって行きます。
    • 倒産の不安を軽減する方法があれば教えて下さい。
    • 倒産の不安を解決する方法があれば教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産の不安から精神的に追い詰められた状況が続いています。
    • 倒産の不安から思考が停滞するようになっています。
    • 倒産の不安から行動が停滞するようになっています。
    • 倒産の不安から客観的な判断ができなくなっています。
    • 倒産の不安から自暴自棄になりそうです。
    • 不安で悩んでいても何も解決しないことは分かっていますがどうしたら良いかが分からなくなっています。
    • どうしたら倒産の不安を軽減できるか教えて下さい。
    • 何をしたら倒産の不安を解決できるか教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクの不安です。
    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクの対処ができれば軽減します。
    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクの対処ができれば解決します。
    • 倒産の不安を軽減し解決する方法は難しくありません。
    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクを軽減する準備で軽減できます。
    • 倒産の不安は倒産により生じるリスクを軽減する準備で解決できます。
    • この準備が唯一倒産の不安を解決する方法です。
    • 倒産により生じるリスクを軽減する具体的な準備は以下の通りです。
    1. 倒産前に起きる取立対策の準備
    2. 倒産前に起きる差押対策の準備
    3. 倒産前に起きる未払金請求訴訟対策の準備
    4. 倒産手続きに必要となる資料書類の準備
    5. 倒産手続きに必要となる倒産手続き費用の準備
    6. 倒産後の家族の生活環境を守る準備
    7. 倒産後の家族の生活費の準備
    8. 倒産後の再起の準備
    • この準備が倒産により生じるリスクを軽減する準備です。
    • この準備が唯一倒産の不安を軽減する方法です。
    • この準備を早く始めれば、早く倒産の不安は軽減します。
    • この準備を早く始めれば、早く倒産の不安は解決します。
  • 倒産をする前にするべきことについての相談

    相談内容

    • 倒産の決断が出来ません。
    • 倒産の不安でどうしたら良いかが分かりません。
    • 倒産の準備の仕方も分かりません。
    • 倒産の準備をいつから始めれば良いかが分かりません。
    • 倒産の準備を何から始めれば良いかが分かりません。
    • 悩んでいるうちに経営状況は悪化しています。
    • 悩んでいるうちに債権者の取立が起きています。
    • 悩んでいるうちに債権者からの差押えが起きています。
    • 悩んでいるうちにキャッシュアウトしています。
    • 倒産をする前にするべきことを教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 倒産の不安から精神的に追い詰められてしまっています。
    • 倒産の不安からどうしたら良いかが分からなくなっています。
    • 倒産の不安から何をしたら良いかが分からなくなっています。
    • 倒産の不安から思考が停滞してしまっています。
    • 倒産の不安から行動が停滞してしまっています。
    • 倒産の不安から客観的な判断ができなくなっています。
    • 不安で悩んでいても何も解決しないことは分かっていますがどうしたら良いかが分かりません。
    • 倒産前に何をしたら不安の解決が出来るかを教えて下さい。
    • 倒産前に何をしたら良いかを教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 倒産前にするべきことは倒産の準備です。
    • 倒産の準備をすることで倒産の予定が立ちます。
    • 倒産の準備をすることで倒産費用の目途が立ちます。
    • 倒産の準備をすることで倒産に立ち向かうことができるようになります。
    • 倒産の準備をすることで客観的に倒産前の状況判断ができるようになります。
    • 倒産の準備をすることで倒産前にするべきことが分かるようになります。
    • 倒産前にするべきことに優先順位があることが分かるようになります。
    • 倒産前にするべき準備の手順が分かるようになります。
    • 倒産前にするべき準備の手順が以下であることが分かるようになります。
    1. 倒産後の家族の生活を守る準備
    2. 倒産後の家族の生活環境の準備
    3. 倒産後の家族の生活費の準備
    4. 倒産後の再起の準備
    5. 倒産手続きに必要となる資料と書類の準備
    6. 倒産手続き費用の準備
    7. 倒産準備中の債権者対策の準備
    • 倒産の準備は準備の仕方を間違えなければ問題になることはありません。
    • 倒産の準備ができれば倒産の不安は軽減できます。
    • 倒産の準備ができれば倒産後の生活の不安は軽減できます。
    • 倒産の準備ができれば倒産後の再起の不安は軽減できます。
    • 倒産前にするべきことは倒産後に生きて行く為の準備です。
  • 資金に余力のあるうちに倒産する方法についての相談

    相談内容

    • 倒産の時期を見極めることが出来ずに悩んでいます。
    • 倒産の時期の決断が出来ずに悩んでいます。
    • 資金に多少の余力はありますが倒産の決断が出来ずに悩んでいます。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をしても差支え無いのでしょうか。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする為の準備の仕方が分かりません。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする方法が分かりません。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産をする方法を教えて下さい。

     

    相談の経緯

    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産を考えるべきでしょうか。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産の準備を始めるべきでしょうか。
    • 悩んでいるうちに債権者からの取立が起きてしまいました。
    • 悩んでいるうちに債権者からの未払い残金請求訴訟を起こされてしまいました。
    • 悩んでいるうちにキャッシュアウトが起きてしまいました。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産手続き費用を捻出する方法を教えて下さい。
    • 資金に多少の余力のあるうちに倒産準備をする方法を教えて下さい。

     

    相談の要点

    • 資金に余力のあるうちに倒産手続き費用の準備をするべきです。
    • 資金に余力のあるうちに倒産後の生活環境の準備をするべきです。
    • 資金に余力のあるうちに倒産後の生活費の準備をするべきです。
    • 資金の捻出の仕方を間違えなければ問題ありません。
    • 資金の使い方を間違えなければ問題ありません。
    • 資金の捻出の仕方使い方を間違えなければ免責不許可事由に当たることはありません。
    • 破産管財人から問題視されることもありません。
    • 資金に余力のあるうちに倒産しても違法行為になる訳ではありません。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の苦労は軽減できます。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の心配は軽減できます。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで倒産の不安は軽減できます。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することで家族を守る準備が可能となります。
    • 資金に余力のあるうちに倒産することが再起の近道になります。
    • 資金に余力のあるうちに倒産しても違法行為になる訳ではありません。
    • 資金に余力のあるうちに勇気をもって倒産を考え始めるべきです。
    • 資金に余力のあるうちに勇気をもって倒産準備を始めるべきです。
    • 資金に余力のあるうちに勇気を持って倒産を決断するべきです。
  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話