YTOの倒産の不安の解決事例

ご相談・お問い合わせ

解決事例

HOME > 解決事例
  1. 神奈川県(建築業):負債9500万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 向う3か月の資金繰りが全くできません。
    • 向う3か月の入金額の合計は1500万円です。
    • 向う3か月の支払額の合計は2800万円です。
    • 当月は300万円の資金不足です。
    • 来月は500万円の資金不足です。
    • 再来月は500万円の資金不足です。
    • 向う3か月で1300万円の資金不足の状況です。
    • 向う3か月の資金繰りの目途が立ちません。
    • 向う3か月の支払の為の運転資金の借入は不調となりました。
    • 向う3か月の新規受注による入金の予定もありません。
    • 個人の預貯金も既に使い果たしており現金預金もありません。
    • 向う3か月の経営継続が困難な状況です。
    • いま倒産を決断しなければならないでしょうか?

    >>続きを読む

  • 群馬県(建設業):負債7000万円の解決事例

    <相談の概要>

    • 予定をしていた仕事の受注が出来ませんでした。
    • 予定をしていた仕事の受注が出来なかったことで資金繰りに行き詰まりました。
    • 3か月先までの資金繰りができません。
    • 3か月先までの支払の目途が立ちません。
    • 3か月先までの売上の目途が立ちません。
    • 当月も全く資金が足りない状況です。
    • 来月の売掛金500万円の回収が唯一の入金です。
    • 500万円の売掛債権を担保に400万円の資金調達をしました。
    • 資金調達した400万円では先3か月の資金繰りはできません。
    • 400万円を使って倒産手続きをすることも考えています。
    • 400万円を支払に使うべきか、または倒産手続きに使うべきかで悩んでいます。
    • 400万円の使い方によっては違法行為になるのではないかと心配です。
    • 400万円を使わなければ倒産費用の捻出ができないことも事実です。
    • どうするべきかが分かりません。

    >>続きを読む

  • 秋田県(建築業):負債1億9500万円の解決事例

    <相談の概要>

    新規受注が4か月ありませんでした。
    新規受注が4か月ないことで資金繰りができない状況になりました。
    建築中の仕事で顧客から訴訟を起こされました。
    建築中の仕事で顧客から訴訟を起こされ入金予定が立たなくなりました。
    受注不振、訴訟事案で運転資金の不足から資金繰りが深刻な状況になりました。

    資金繰りが深刻な状況に陥ったうえに金融機関から借入金の返済猶予の期間延長を打ち切る旨の通告を受けました。
    金融機関から借入金の返済猶予の期間延長を打ち切られたことでさらに資金繰りが深刻な状況になりました。
    返済猶予の期間延長を打ち切られたことで、金融機関への返済金額が35万円/月が480万円/月になってしまいました。
    金融機関に返済猶予の再延長を依頼しましたが聞き入れられませんでした。
    金融機関からは「早く倒産しろ」と言わんばかりの対応を受けることとなっています。

    新規受注が無くなりました。
    顧客から訴訟を起こされ入金予定も立たなくなりました。
    金融機関からも借入金の返済猶予の期間延長を打ち切られました。
    事業継続が事実上困難な状況に立ち至りどうしてよいか分からなくなりました。

    >>続きを読む

  • 山梨県(サービス業):負債1億5000万円 の解決事例

    <相談の概要>

    売上減少から運転資金不足となり資金繰りが難しい状況になりました。
    金融機関から返済猶予(リスケジュール)の打ち切りの通告も受けました。
    資金繰りが難しい状況のうえに返済猶予(リスケジュール)が打ち切られることとなり資金繰りがさらに困難となってしまいました。
    日々の支払に困って消費者金融から借入をしてしまいました。
    日々の支払に困ってヤミ金からも借入をしてしまいました。
    消費者金融から借入をしたことで、ヤミ金から借入をしたことで、その返済でもさらに資金繰りが難しい状況に至ってしまいました。
    取引先の債権者から支払督促を受ける状況になってしまいました。
    消費者金融、ヤミ金への返済も滞る状況となってしまい厳しい返済督促も受ける状況となってしまいました。
    支払が滞った為に債権者からの支払督促は厳しい取立へと変わりました。
    返済が滞った為に消費者金融からの返済督促は一括返済請求訴訟となりました。
    返済が滞った為にヤミ金からの返済督促は不当な返済要求(脅迫)となりました。
    支払・返済に応じれば仕入ができません。
    支払・返済に応じれば販売ができません。
    支払・返済に応じれば従業員の給料の支払ができません。
    支払・返済に応じれば生きて行く為の生活費もなくなってしまいます。
    支払・返済に応じれば倒産手続きに必要となる費用もなくなってしまいます。
    どうしたら良いか分からなくなってしまいました。

    >>続きを読む

  • 北海道(不動産業):負債3億5000万円 の解決事例

    <相談の概要>

    住宅用地が全く売れません。
    建売住宅が全く売れません。
    住宅用地と建売住宅の投資資金を金融機関からの借入金で充当していました。
    住宅用地と建売住宅が売れない為に借入金の返済ができなくなりました。
    借入金の返済が滞ってしまった為、新規の運転資金の借入に金融機関が応じてくれなくなりました。
    借入金の返済が滞ってしまった為、返済猶予の手続にも金融機関が応じてくれなくなりました。
    滞った返済金を先に支払へといわれています。
    金融債務が膨らみ借入過多状態で返済が難しくなってしまいました。
    当座の運転資金を確保する為にノンバンクとヤミ金からも借入をしてしまいました。
    その返済でも苦しんでいます。
    3ケ月連続で返済を滞らせた為、金融機関とノンバンクから「期限の利益喪失」による一括返済を内容証明で通告されています。
    期限までに一括返済しない場合には訴訟を起こすと通告もされています。
    ヤミ金からの返済も迫られ困っています。
    どうしたらよいか分かりません。
    ここまで追い込まれてからでも破産申立の手続はできるでしょうか。

    >>続きを読む

  • 千葉県(建築業):負債2億円 の解決事例

    <相談の概要>

    新規の契約が6ヶ月間ありません。
    仕掛かりの工事もなくなり3ヶ月が経過しました。
    この先も新規の契約が受注できる見込みがありません。
    新規の借入もできない状況になり資金繰りに行き詰まった状況です。
    金融機関への借入返済はリスケジュールで凌いでいます。
    買掛金の支払が滞っており買掛先に支払猶予のお願いをしてきましたが限界です。
    買掛先からは未払い残金請求訴訟も起こされました。
    公租公課も未払い状況となっており差押えの通知も受けています。
    従業員への給与も2ヶ月分未払い状況となっています。
    どうしたらよいか分かりません。
    不安で夜も眠れない日々が続いています。
    現在まで小口の売掛金の回収資金と個人の預貯金等で凌いできましたが、この先の受注が望めないことから資金繰りは限界となっています。
    残された資金で破産申立てができるか教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 福島県(製造業):負債4億5500万円の解決事例

    <相談の概要>

    リーマンショックと震災で減少した売上の回復ができません。
    受注単価も年々厳しくなり利益確保ができない状況になっています。
    昨今の円安で原材料コストも急騰して利益確保ができない状況になっています。
    従業員の雇用を守る為、頑張って経営を続けてきましたが限界です。
    月々の運転資金が1000万円~1500万円不足をする状況です。
    経営コスト(役員報酬のカット、役員人員の削減)の削減・経営の効率化(無駄の削減)を行いました。
    最低限度のリストラも行いました。
    新規分野の受注努力も行いました。
    全て功を奏しませんでした。
    結果が出るには至りませんでした。
    月々の運転資金の不足を補う為に金融機関からの借入で凌いできましたが金融機関が新規の借入に応じてくれません。
    月々の運転資金の不足を補う為に自己資産の売却も行いました。
    もう売却できる資産も残っていません。
    運転資金の不足を補う目途が立ちません。
    資金繰りで悩む日々が続き疲れてしまいました。
    現状、債権は売掛金しかありません。
    売掛金を使って倒産手続きを進める方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 愛知県(運送業):負債1億8500万円の解決事例

    <相談の概要>

    大口の取引先の倒産で売上の確保が難しい状況になりました。
    新規顧客開拓の努力も功を奏しませんでした。
    経費削減・役員報酬の全額カット・従業員の一部リストラも行いました。
    金融機関は新規の融資に応じてくれません。
    新規で申し込んだ長期融資・短期融資が全て不調となりました。
    金融機関は返済猶予の手続きには応じてくれました。
    返済猶予の手続きにより月々の返済金額は金利支払のみとなりましたが運転資金不足は解消できませんでした。
    先3ヶ月の売上の見込みが立たない状況です。
    先3ヶ月の支払の目途が全く立たない状況です。
    倒産手続き費用の確保の仕方から教えて下さい。
    倒産となった場合、従業員との労働争議が発生する可能性が高いので従業員に対しての対策も教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 福岡県(卸売業):負債6億円の解決事例

    <相談の概要>

    大手量販店からの仕入価格引き下げ要請により粗利益が激減しました。
    直販店の販売不振により売上が激減しました。
    製品不良のリコールにより2000万円の損失が発生しました。
    売上・粗利益が激減する中、取引銀行から新規融資を断られました。
    取引銀行から返済猶予の手続きを進められていますが、返済猶予の手続きを取っても月支払金がショートしてしまいます。
    2ケ月先には手形が不渡りになることが確実です。
    手形が不渡りになれば仕入が止まり倒産状態(事業停止状態)となります。
    租税公課の未納もあり役所から差押えの告知も受けています。
    手元に資金があるうちの2ケ月以内に倒産準備をした方がよいと思います。
    倒産準備の方法を教えて下さい。

    >>続きを読む

  • 東京都(卸売業):負債3億3000万円の解決事例

    <相談の概要>

    1ケ月先の約束手形5000万円の決済ができません。
    約束手形5000万円の不渡りを免れる手立てもありません。
    不渡りになると取引停止となり事実上倒産となってしまいます。
    取引停止となった場合には売掛金の回収ができなくなります。
    取引停止で事実上倒産となる前の1ケ月の期間で倒産準備を行うことができるか教えて下さい。
    この1ケ月の期間で倒産準備をした場合、違法行為(免責不許可事由)に当たらないか教えて下さい。
    約束手形の期日前に弁護士に受任通知を出してもらうことができるか教えて下さい。

    >>続きを読む

  • ご相談・お問い合わせ

    弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

    弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

    タップで発信アドバイザー直通電話