倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産時の未納税金の取扱を考慮しておくべき...

倒産時の未納税金の取扱を考慮しておくべきでした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産時の未納税金の取扱を考慮しておくべきでした。

 

  • 倒産時に未納税金がありました。
  • 法人の未納税金がかなりの額になっていました。
  • 個人の未納税金もかなりの額になっていました。
  • 倒産時の未納税金の取扱で悩んでいました。
  • 倒産時の未納税金の納付で悩んでいました。
  • 倒産時の未納税金の納付の優先順位が分かりませんでした。
  • 倒産時の未納税金を多少でも納付するべきか否かで悩んでいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産時の未納税金(公租公課)には法人の税金個人の税金があります。
  • 倒産時の未納税金(公租公課)は納付先を債権者として債権者リストに記載し、裁判所に報告しなければなりません。
  • 倒産時の法人の未納税金(公租公課)は以下になることが一般的です。
  1. 消費税
  2. 源泉所得税
  3. 法人税
  4. 自動車税
  5. 社会保険料
  • 等々です。
  • 倒産時の個人の未納税金(公租公課)は以下になることが一般的です。
  1. 所得税
  2. 自動車税
  3. 社会保険料
  • 等々です。

 

お教えをしたいこと

  • 倒産時の未納税金(公租公課)は優先債権になりますので、倒産直前に納付しても差支えありません。
  • 倒産時の未納税金(公租公課)は優先債権になりますので、倒産直前に納付しても偏頗弁済に当たることはありません。
  • 倒産時の未納税金(公租公課)の債務は法人と個人により免責の取扱が異なりますので注意が必要です。
  • 個人の未納税金(公租公課)の債務は免責になりませんので注意が必要です。

 

私の教訓

  • 倒産前に個人の未納税金(公租公課)を納付しておくべきでした。
  • 倒産後に個人の未納税金(公租公課)が免責にならないことを念頭に対処をしておくべきでした。
  • 倒産前に個人の未納税金(公租公課)を納付して法人の未納税金(公租公課)を納付しないと問題になると思っていました。
  • 倒産前に個人の未納税金(公租公課)だけを納付しても特に差支え無いことを知っておくべきでした。
  • 倒産前に個人の未納税金(公租公課)を納付しておけば、倒産手続きが終結した後に個人の未納税金(公租公課)の納付で苦しまずに済みました。
  • 倒産前に未納税金の取扱をもっと考慮して対処しておくべきでした。

 

*YTOは倒産前の未納税金の取扱の対処を支援します。

*YTOは倒産前の未納税金の納付の対処を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話