倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産の決断を早くしていれば倒産後の生活の...

倒産の決断を早くしていれば倒産後の生活の準備ができました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産の決断を早くしていれば倒産後の生活の準備ができました。

 

倒産の決断が遅くなってしまいました。

倒産の決断ができませんでした。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことで、倒産後の生活の準備をすることができなくなりました。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことが資金流出(キャッシュアウト)につながりました。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことが債権者の差押につながりました。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことが債権者の未払金支払訴訟につながりました。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことが債権者の厳しい取立につながりました。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかったことが会社の状況をさらに悪化させた原因でした。

 

倒産の決断が遅くなったことが、その後の準備ができなくなった原因でした。

倒産の決断ができなかったことが、その後の苦しみの原因でした。

倒産の決断を早くしていれば倒産後の生活の準備が充分にできました。

 

お伝えをしたいこと

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができないと債権者とのトラブルが大きくなります。

債権者とのトラブル処理で翻弄されることとなります。

債権者は差押え訴訟に踏み切ります。

債権者は取立で強硬な行動を取るようになります。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなければ苦悩が大きくなることを覚悟しなければなりません。

 

お教えをしたいこと

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができないと時間の問題で債権者の厳しい取立に苦しむことになります。

債権者の厳しい取立が必ず資金流出(キャッシュアウト)につながります。

資金流出(キャッシュアウト)により手元にお金がなくなれば、倒産後の生活の準備もできなくなります。

苦悩はより大きくなるだけです。

 

私の教訓

倒産の決断が遅くなったことが大きな失敗でした。

倒産の決断ができなかったことを後悔しています。

倒産の決断が遅くなり倒産の決断ができなかった原因は倒産を怖がっていたからでした。

倒産の決断という現実から逃避をしていただけでした。

倒産を怖がっていても状況が解決することは何一つありませんでした。

倒産を怖がらずに早く決断をするべきでした。

倒産を早く決断していれば債権者の取立の対策ができました。

倒産を早く決断していれば倒産後の準備が充分にできました。

倒産を早く決断していれば倒産後の家族の生活も守れました。

 

*YTOは倒産の決断後の債権者とのトラブル回避を支援します。

*YTOは倒産の決断後の資金流出(キャッシュアウト)防止を支援します。

*YTOは倒産の決断後に生活の準備と家族を守る準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話