倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > YTOは「倒産の決断」の仕方を教えてくれ...

YTOは「倒産の決断」の仕方を教えてくれますか?

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 『倒産の決断』の時期を間違えました。
  • 大変な苦労をすることになりました。

 

  • 倒産の決断の仕方が分からず不安でした。
  • 倒産の決断をしなければならない状況であるか否かが分かりませんでした。
  • 倒産の決断をしなければならない時期であるか否かが分かりませんでした。
  • 倒産の決断をした後の対処の仕方が分かりませんでした。
  • 倒産の決断をした後のことが怖くて倒産の決断ができませんでした。
  • 結果、倒産の決断が遅くなってしまいました。
  • 倒産の決断が遅くなり、大変な苦労をすることになりました。
  • 倒産の決断が遅くなり「早く決断をしていれば…」と後悔することになりました。
  • 怖くて倒産の決断から逃げていたことが遅くなった原因でした。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産の決断が遅くなれば、その後の苦労は大きくなります。
  • 倒産の決断が遅くなれば、倒産の決断ができない状況に追い込まれます。
  • 倒産の決断が遅くなれば、倒産後の再起も遅れることになります。
  • 倒産の決断を怖がると倒産の決断が遅くなります。

 

お教えをしたいこと

  • 4つの状況確認から倒産の決断をするべきです。
  • “倒産の決断”は3か月先の資金繰りの状況から判断して下さい。
  • “倒産の決断”は今の手持ち資金の状況から判断して下さい。
  • “倒産の決断”は債権者の取立状況から判断して下さい。
  • “倒産の決断”は経営継続の可能性から判断して下さい。

 

私の教訓

  • 倒産の決断が遅れると、資金繰りが悪化してキャッシュアウトが進行します。
  • 倒産の決断が遅れると、キャッシュアウトの影響で支払い不能に陥ります。
  • 倒産の決断が遅れると、支払不能から債権者からの厳しい取立が起こります。
  • 倒産の決断が遅れると、債権者の取立が原因で経営継続が不可能になります。
  • 倒産の決断が遅れると、破産申立費用の準備ができなくなります。
  • 倒産の決断が遅れると、破産申立ができなくなります。
  • 倒産の決断が遅れると、倒産後の再起も遅れることになります。
  • 倒産の決断が遅れると、倒産後の家族の生活も守れなくなります。
  • 倒産の決断は怖がらずに客観的に判断するべきでした。
  • 倒産の決断を怖がることが倒産の決断が遅くなった原因でした。

 

*YTOはリスクの少ない倒産の決断の仕方をあなたと一緒に考えます。

*YTOはあなたの家族を守れる倒産の決断の仕方をあなたと一緒に考えます。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話