倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 怖がらずに倒産と向き合う方法がありました...

怖がらずに倒産と向き合う方法がありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法がありました。

 

  • 怖がらずに倒産と向き合う方法が分かりませんでした。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法が分からず不安でした。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法が分からず悩んでいました。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法が分からず、さらに倒産が怖くなりました。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法は誰も教えてくれませんでした。

 

  • 怖がらずに倒産と向き合う方法が分かりませんでした。
  • 結果、倒産で怖い思いをすることになってしまいました。
  • 怖い思いは債権者の取立から始まりました。
  • 怖い思いは債権者からの訴訟へと波及しました。
  • 怖い思いは債権者からの差押えへと波及しました。
  • 怖い思いは債権者からの暴力を受けることでMAXとなりました。
  • 怖い思いが限界に達して自殺まで考えるようになってしまいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 怖がらずに倒産と向き合う方法は難しくありません。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことが唯一の解決方法です。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことで債権者からの訴訟の対処ができます。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことで債権者からの差押の対処ができます。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことで債権者からの暴力の回避ができます。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことで怖い思いは限界に達しません。
  • 結果、手遅れになる前に倒産と向き合うことができるようになります。
  • 結果、手遅れになる前に倒産の準備ができるようになります。
  • 結果、手遅れになる前に倒産の準備ができるので倒産後の生活が見えてきます。
  • 結果、怖がらずに倒産と向き合うことができるようになります。

 

お教えをしたいこと

  • 怖がらずに倒産と向き合う方法は難しくありませんでした。
  • 怖がらずに倒産と向き合う方法は手遅れになる前に倒産と向き合うことでした。
  • 手遅れになる前に倒産と向き合うことで倒産の準備ができました。
  • 倒産の準備をすることで客観的に倒産と向き合うことができました。
  • 客観的に倒産と向き合うことで”いま何をするべきか“が分かるようになりました。
  • いま何をするべきか“が分かったことで怖がらずに倒産と向き合うことができるようになりました。

 

私の教訓

  • いま何をするべきか“が分かったことで、いまするべきことに集中ができました。
  • いま何をするべきか“が分かったことで、倒産の準備に集中することができました。
  • 倒産の準備に集中することで倒産後の生活が見えてきました。
  • 倒産後の生活が見えてきたことで怖がらずに倒産と向き合うことができるようになりました。
  • 倒産後の生活が見えてきたことで元気と勇気を出すことができるようになりました。
  • 倒産後の希望も見えて来るようになりました。

 

*YTOは怖がらずに倒産と向き合う方法を倒産経験者がお教えします。

*YTOは怖がらずに倒産と向き合う倒産準備を倒産経験者が支援します。

*YTOは倒産経験者でなければ分からないことをお教えします。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話