倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 手元にお金があるうちに倒産の決断ができな...

手元にお金があるうちに倒産の決断ができなかったことを後悔しています。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

手元にお金があるうちに倒産の決断ができなかったことを後悔しています。

 

倒産の決断が1ケ月遅かったことに気づいたのは弁護士に倒産相談をした時でした。

弁護士から言われたことがありました。

 

先月倒産の決断をしていれば売掛金を倒産手続き費用に充当ができました。

先月倒産の決断をしていれば支払調整で倒産手続き費用の捻出ができました。

先月倒産の決断をしていれば資産売却で倒産手続き費用の捻出ができました。

先月倒産の決断をしていればいろんな手立てがとれました。

「1ケ月倒産の決断が遅かったことが残念です。」

「1ケ月早く倒産相談に来てもらえばよかったのに。」

弁護士からから言われて、倒産の決断ができなかったことを後悔しました。

後悔しても手遅れでした。

手遅れになったことで、倒産手続き費用の捻出が非常に難しい状況になってしまいました。

 

倒産手続き費用の準備ができなければ、弁護士は何もしてくれません。

倒産手続き費用の準備の仕方を弁護士は教えてくれません。

弁護士からは「お金の準備ができたら相談に来て下さい。」と言われただけでした。

 

倒産の決断が遅くなったことが失敗でした。

倒産の決断が遅くなったことで倒産手続き費用の捻出に非常に苦しみました。

倒産の決断が遅くなったことで弁護士に受任通知を出してもらう時期も遅くなりました。

倒産の決断が遅くなったことで弁護士に破産申立・免責申立をしてもらう時期も遅くなりました。

倒産の決断が遅くなったことで破産手続きの終結、免責許可の決定も遅くなりました。

倒産の決断が遅くなったことで精神的に苦しむ時間が長くなりました。

 

お伝えをしたいこと

倒産の決断は手元にお金があるうちにするべきでした。

倒産は手元にお金がなければできないことを深刻に考えておくべきでした。

倒産の決断を躊躇しないことでした。

倒産の決断はお金が手元にある時でした。

 

お教えをしたいこと

債権者からの取立で支払に苦労をするよりも、お金を残す努力をするべきです。

債権者の取立に負けない勇気を持つべきです。

債権者の取立に負けると手元にお金が残りません。

債権者の取立に負けると倒産の決断が遅くなります。

債権者の取立に負けると手元にお金がなくなったときが倒産の決断をする時になってしまいます。

結果、手遅れになってしまいます。

 

私の教訓

  • 倒産の決断は手元にお金がある時です。
  • 債権者の取立に負けると倒産の決断は必ず遅れます。
  • 倒産の決断が遅れると倒産手続き費用の捻出ができなくなります。
  • 倒産の決断が遅れると倒産後の生活費の捻出もできなくなります。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話