倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立をしても賃貸住宅を契約する方法が...

破産申立をしても賃貸住宅を契約する方法がありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立をしても賃貸住宅を契約する方法がありました。

 

  • 破産申立をした後、借入等の担保となっている住宅は担保権者に引き取られることになりました。
  • その結果、破産申立後に住宅(住まい)がなくなってしまいました。
  • その結果、破産申立後の住宅(住まい)がなくなってしまい困ったことになりました。
  • 破産申立後の住宅(住まい)がなくなってしまうとは思っていませんでした。
  • 破産申立後の住宅(住まい)の準備をしておくべきでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立後の住宅(住まい)を準備することは可能です。
  • 破産申立後の住宅(住まい)を賃貸住宅としても差支えありません。
  • ただし破産申立後の住宅(住まい)を賃貸住宅とする場合、破産申立後だと賃貸住宅の契約が困難になる可能性があります。
  • 破産申立後の賃貸住宅の契約において個人情報の確認をされることがあるからです。
  • 破産申立をすると個人情報=ブラックとなるからです。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立後の住宅(住まい)を準備することは難しくありません。
  • 破産申立後の住宅(住まい)を事前に準備しても差支えありません。
  • 破産申立前に住宅(住まい)賃貸契約をしても問題ありません。
  • 破産申立前に住宅(住まい)賃貸住宅の契約をしても差支えありませんがいくつか注意点もあります。
  • 破産申立前は個人情報=ブラックではありませんので賃貸住宅の契約は可能ですが、賃貸金額が相応である必要があります。
  • 破産申立後に生きて行く上で必要となる住宅(住まい)契約は差支えありませんが、破産申立後に契約の状況等を破産管財人に報告する必要があります。

 

私の教訓

  • 破産申立後の住宅(住まい)の準備をしておくべきでした。
  • 破産申立後の住宅(住まい)の準備をしていなかったので、破産申立後の住宅(住まい)の確保で苦労することになりました。
  • 破産申立後に個人情報=ブラックとなり、賃貸住宅の契約が難しくなることを知っておくべきでした。
  • 破産申立前に賃貸住宅の契約をし、破産申立後の住宅(住まい)を確保しても差支えないことを知っておくべきでした。
  • 破産申立前に生きて行く上で必要となる住宅(住まい)の契約をしても破産管財人に咎められないことを知っておくべきでした。
  • 破産申立をしても賃貸住宅の契約をする方法とは『破産申立前に賃貸住宅の契約をしておくこと』でした。

 

*YTOは破産申立後の住宅(住まい)の準備を支援します。

*YTOは破産申立前の住宅(住まい)の契約を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話