倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立をしても健康保険証を持つことがで...

破産申立をしても健康保険証を持つことができました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立をしても健康保険証を持つことができました。

 

  • 破産申立をしたら法人名義の健康保険証は失効すると聞きました。
  • 破産申立をしたら法人名義の健康保険証は使用できなくなると聞きました。
  • その結果、「破産申立後は病院にかかれない」と心配になりました。
  • その結果、「破産申立後は病気になれない」と心配になりました。
  • その結果、「破産申立後に病気になれない」と不安になりました。
  • 破産申立後の健康保険証のことで悩んでいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は失効となります。
  • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は使用できなくなります。
  • 破産申立をすると法人名義の健康保険証は破産管財人に提出することになります。
  • 破産申立をすると法人名義の健康保険証を利用して病院にかかることはできなくなります。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立をして法人名義の健康保険証が使用できなくなっても心配する必要はありません。
  • 破産申立をした後、個人名義で国民健康保険に加入できます。
  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険に加入できます。
  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険に加入すれば「病院にかかれない」の心配・不安がなくなります。
  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険に加入すれば「病気になったらどうしよう」の心配・不安がなくなります。
  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険の加入手続きをすることが重要です。

 

私の教訓

  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険の加入手続きをするべきでした。
  • 破産申立をした後、直ぐに国民健康保険の加入手続きをしていれば破産申立後の健康を心配をしないで済みました。
  • 破産申立をした後、市役所等の国民健康保険課で相談をすれば国民健康保険の加入手続きは直ぐにできました。
  • 破産申立をしても支障なく国民健康保険に加入できることを知っておくべきでした。
  • 破産申立をした後、大きな病気をしても国民健康保険に加入していれば限度額適用認定証の交付が受けられることも知っておくべきでした。
  • 大きな病気をして入院をしても限度額適用認定証の交付を受ければ入院費等の自己負担を大幅に軽減できることも知っておくべきでした。

 

*YTOは国民健康保険の加入手続きを支援します。

*YTOは限度額適用認定証の交付手続きを支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話