倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立時に保険の継続加入ができなくなり...

破産申立時に保険の継続加入ができなくなりました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立時に保険の継続加入ができなくなりました。

 

  • 破産申立時に保険の取扱がどうなるのか分からず不安でした。
  • 破産申立時に不安の通りになってしまいました。
  • 破産申立時に保険の継続加入ができなくなりました。
  • 破産申立時に生命保険・学資保険・損害保険は失効することとなりました。
  • 生命保険がなくなり健康のことが不安になりました。
  • 学資保険がなくなり将来の子供の教育費のことが不安になりました。
  • 損害保険がなくなり火災・車の事故のことが不安になりました。
  • 破産申立時に保険の継続加入ができなくなり困ってしまいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 保険は資産扱いになりますので保険の継続加入はできなくなります。
  • 生命保険は資産になります。
  • 生命保険の継続加入はできません。
  • 学資保険は資産になります。
  • 学資保険の継続加入はできません。
  • 損害保険は一定の時期に失効になります。

 

お教えをしたいこと

  • 生命保険は解約を求められることになります。
  • 生命保険解約時の返戻金は没収となります。
  • 注意が必要です。
  • 学資保険は解約を求められることになります。
  • 学資保険解約時の返戻金は没収となります。
  • 注意が必要です。
  • 損害保険は一定の時期に失効することになります。
  • 車が無保険状態になることに注意が必要です。
  • 住居が無保険状態になることに注意が必要です。
  • 破産手続き中は損害保険に加入ができません。
  • 破産手続き中の事故には充分に注意をして下さい。

 

私の教訓

  • 破産申立時に保険の継続加入ができなくなることを想定しておくべきでした。
  • 生命保険を事前に解約しておくべきでした。
  • 生命保険を事前に解約しておけば
  • 返戻金を倒産手続き費用等に充当することができました。
  • 学資保険を事前に解約しておくべきでした。
  • 学資保険を事前に解約しておけば
  • 返戻金を倒産手続き費用等に充当することができました。
  • 損害保険の失効を想定して車の保険・住居の保険の対処をしておくべきでした。
  • 破産手続き終結後、すぐに保険加入が可能になることを知りませんでした。
  • 破産手続き終結後、すぐに生命保険・損害保険の保険に加入をしておくべきでした。

 

*YTOは破産申立前の保険解約手続きの確認を支援します。

*YTOは破産申立前の保険解約返戻金の受領手続きを支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話