倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立時に車を没収されてしまいました。

破産申立時に車を没収されてしまいました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立時に車を没収されてしまいました。

 

  • 破産申立時に車を没収されると生活の交通手段がなくなるので不安でした。
  • 破産申立時に不安の通りになってしまいました。
  • 破産申立時に車を没収されてしまいました。
  • 生活の交通手段がなくなってしまいました。
  • 車がなくなると生活の交通手段がなくなってしまい困る旨を破産管財人に申し出ましたが聞き入れてもらえませんでした。
  • 破産申立後、生活の交通手段がなくなってしまい困ってしまいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 車は資産扱いになりますので没収対象です。
  • 車が破産申立の法人名義の場合は没収となります。
  • 車が破産申立の社長個人名義の場合も没収となります。
  • 車がクレジット・リース・ローン契約物件の場合も没収となります。

 

お教えをしたいこと

  • 車が没収の対象にならない場合があります。
  • 没収の対象にならない場合は以下の場合となります。
  1. 車にクレジット・リース・ローン等の残債務がなく、さらに車が古くて売却ができない場合
  2. 車の名義が破産申立の法人名義・社長個人名義ではない場合
  • ①の場合には破産管財人は車の売却ができないと判断します。
  • 売却できない車は資産にはなりませんので没収されません。
  • ②の場合には没収対象の資産にはなりませんので没収されることはありません。
  • ※②は会社とは無関係の家族(奥さん・親・子供)名義の車がそれに当たります。

 

私の教訓

  • 破産申立時に車を没収されることを想定して対処しておくべきでした。
  • 破産申立後の車の所有の準備をしておくべきでした。
  • 破産申立後でも古い車の所有はできました。
  • 破産申立後でも破産申立の法人名義・社長個人名義以外の名義の車であれば所有はできました。
  • 破産申立後に車を没収されると生活の交通手段がなくなり困るので生活の交通手段を確保する準備をしておくべきでした。
  • 破産申立後に車を所有できる方法があることを知っておくべきでした。

 

*YTOは破産申立後の生活の交通手段となる車の問題解決を支援します。

*YTOは破産申立後の車所有の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話