倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産までの予定を立てるべきでした。

倒産までの予定を立てるべきでした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産までの予定を立てるべきでした。

 

  • 倒産までに「何をするべきか?」がよく分かりませんでした。
  • 結局、倒産までの準備が不十分で苦労することになりました。
  • 具体的な苦労は以下の通りです。
  1. キャッシュアウトで苦労することになりました。
  2. 債権者の取立対策で苦労することになりました。
  3. 倒産の資料準備で苦労することになりました。
  4. 倒産の書類準備で苦労することになりました。
  5. 従業員の解雇準備で苦労することになりました。
  6. 弁護士の選定準備で苦労することになりました。
  • やはり倒産までの予定を立てるべきでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産までの準備とは事業停止日までに「何をするか?」の準備です。
  • 倒産までの準備が不十分の場合、事業停止が遅くなります。
  • 倒産までの準備が不十分の場合、債権者の対応で苦労することになります。
  • 倒産までの準備が不十分の場合、従業員の解雇で苦労することになります。
  • 倒産までの準備が不十分の場合、弁護士の委任で苦労することになります。
  • 倒産準備に関する予定を立てておく必要があります。

 

お教えをしたいこと

  • 倒産までの予定とは事業停止日までに以下の予定を立てることです。
  • 倒産までの予定とは事業停止日までに「何をしなければならないか?」を認識する作業です。
  1. お金の使い方(支払い)の予定
  2. 債権者の対策の予定
  3. 倒産の資料準備の予定
  4. 倒産の書類準備の予定
  5. 従業員の解雇準備の予定
  6. 弁護士との法律相談の予定

 

私の教訓

  • 倒産までの予定を立て、準備をしておくべきでした。
  • 倒産までの予定を立て、準備をしていれば事業停止が遅くなることはありませんでした。
  • 倒産までの予定を立て、準備をしていれば事業停止までの苦労を軽減することができました。
  • 倒産までの予定を立て、準備をしていれば破産申立が早く出来ました。
  • 倒産までの予定を立て、準備をしていれば倒産後の生活の準備も出来ました。
  • 倒産までの予定を立て、準備をしていれば再起の準備も早く出来ました。

 

*YTOは倒産までの予定の立て方を支援します。

*YTOは倒産までの準備の仕方を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話