倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産の準備をする時に注意をしなければなら...

倒産の準備をする時に注意をしなければならないことがありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産の準備をする時に注意をしなければならないことがありました。

 

  • 倒産の準備をする時の注意点が分かりませんでした。
  • 倒産の準備をする時の注意点を知りませんでした。
  • その結果、倒産の準備を失敗してしまいました。
  • その結果、倒産の準備が破産手続きの際に問題になってしまいました。
  • その結果、倒産の準備が債権者集会で問題になってしまいました。
  • 倒産の準備をする時の注意点を知っておくべきでした。
  • 倒産の準備をする時の注意点を知らなかったことで失敗しました。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産の準備が計画倒産を疑われないようにしなければなりません。
  • 倒産の準備が計画倒産に当たらないようにしなければなりません。
  • 倒産の準備が計画倒産となった場合、違法行為となってしまうため注意が必要です。
  • 倒産の準備が計画倒産となった場合、破産管財人に問題視されて大きな問題になります。
  • 倒産の準備が計画倒産となった場合、債権者集会で問題視されて大きな問題になります。

 

お教えをしたいこと

  • 一般的な倒産の準備は以下の通りです。
  1. 債権者確定の準備(※債権者を確定する書類・資料の準備)
  2. 負債額確定の準備(※負債額を確定する書類・資料の準備)
  3. 資産確定の準備(※資産を確定する書類・資料の準備)
  4. 棚卸資産確定の準備(※棚卸資産を確定する書類の準備)
  5. 什器備品確定の準備(※什器備品を確定する書類の準備)
  6. 破産申立手続きの準備(※破産申立手続き資料の準備)
  7. 免責申立手続きの準備(※免責申立手続き資料の準備)
  • この倒産手続きの準備を行う際に計画倒産を疑われないように準備を進める必要があります。

 

私の教訓

  • 倒産の準備を失敗しました。
  • 倒産の準備の失敗が後々で大きな問題になりました。
  • 倒産の準備をしていることを従業員に気づかれてしまいました。
  • 倒産の準備をしていることを債権者に気づかれてしまいました。
  • 破産手続きにおいて破産管財人から計画倒産を疑われることになりました。
  • 債権者集会において債権者から計画倒産を疑われることになりました。
  • 「倒産の準備をしただけで計画倒産を疑われるようなことはしていない」と言っても信じてもらえませんでした。
  • その結果、計画倒産の疑いで計画倒産の調査をされることになりました。
  • その結果、計画倒産の疑いで債権者集会の回数が増えてしまいました。
  • その結果、計画倒産の疑いで倒産手続き期間が余分に6か月かかりました。
  • 倒産の準備における注意点を知らなかったため失敗しました。

 

*YTOは倒産の準備を注意点から支援します。

*YTOは計画倒産にならない倒産の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話