倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立時に預金通帳の報告で困ったことに...

破産申立時に預金通帳の報告で困ったことになりました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立時に預金通帳の報告で困ったことになりました。

 

  • 破産申立時に預金通帳を過去2年分提出しなければならないことを知りませんでした。
  • 破産申立時に法人名義個人名義預金通帳を過去2年分提出しなければならないことを知りませんでした。
  • 過去2年分の預金通帳を廃棄していたので困ったことになりました。
  • 過去2年分の預金通帳をなくしていたので困ったことになりました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立では預金通帳を破産管財人に提出しなければなりません。
  • 破産申立では預金通帳を過去2年分提出しなければなりません。
  • 破産申立では法人名義個人名義預金通帳を過去2年分提出しなけなりません。
  • 「過去2年分の預金通帳を廃棄したので提出できない」と言っても通用しません。
  • 「過去2年分の預金通帳をなくしたので提出できない」と言っても通用しません。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立までに預金通帳を準備しなければなりません。
  • 金融機関に依頼をすれば預金通帳は再発行してくれます。
  • ただし過去2年分の預金通帳の再発行を金融機関に依頼すると、破産申立の準備に気が付かれることがあります。
  • 注意が必要です。
  • 金融機関に預金通帳の再発行を依頼するタイミングを間違えると困ったことになる可能性があります。
  • 注意が必要です。
  • 破産管財人は過去2年分の預金通帳から不適切な資金使途等を確認します。
  • 過去2年前までに不適切な資金使途等がある場合は要注意です。
  • また不適切な資金使途等の有無を事前に確認しておく必要があります。

 

私の教訓

  • 過去2年分の預金通帳の再発行を依頼したことで金融機関から破産申立の疑いを持たれることになり、困ったことになりました。
  • 過去2年分の預金通帳を破産管財人の提出したところ不適切な資金使途の疑いを持たれることになり、困ったことになりました。
  • 過去2年分の預金通帳から、不適切な資金使途等の履歴の有無を確認しておくことが必要でした。
  • 過去2年分の預金通帳から、不適切な資金使途等の疑いを持たれないように破産管財人への報告準備をしておく必要がありました。
  • 破産申立での預金通帳の取り扱いをもっと注意しておくべきでした。

 

*YTOは預金通帳の準備を支援します。

*YTOは預金通帳の確認を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話