倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産後の生活費として99万円まで準備でき...

倒産後の生活費として99万円まで準備できることを知りませんでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産後の生活費として99万円まで準備できることを知りませんでした。

 

倒産後の生活費の準備の仕方が分かりませんでした。

倒産後の生活費を準備してはいけないと思っていました。

倒産後の生活費を準備すると違法行為になると思っていました。

倒産後の生活費を裁判所は認めてくれないと思っていました。

倒産後の生活費を準備すると免責不許可になると思っていました。

倒産後の生活費の準備は違法になるのが怖くてできませんでした。

倒産後の生活費の準備ができず倒産後の生活が困窮状態になりました。

 

お伝えをしたいこと

倒産後の生活費として99万円までを準備することが可能です。

倒産後の生活費として99万円までを準備しても違法ではありません。

ただし、破産申立予納金等の倒産手続き費用の準備が優先されなければなりません。

破産申立予納金等の倒産手続き費用の準備ができない状態では生活費を準備することはできません。

 

お教えをしたいこと

倒産後の生活費として99万円までを準備する場合、99万円のお金をどこから準備したかを明らかにしておくことが必要です。

99万円のお金の出どころを破産管財人は必ず確認します。

99万円は自己資金(現金預金)から準備することが一般的です。

99万円を援助資金(親族からの援助金)から準備しても差し支えありません。

自己資金・援助資金から倒産後の生活費として99万円を準備することができない場合、売上金から準備することも可能です。

倒産後の生活費として99万円を売上金から準備する場合、違法行為とならないように手順を踏んで準備することが必要となります。

 

私の教訓

倒産後の生活費として99万円を準備しても違法ではないことを知らなかったことが失敗でした。

倒産を決断した時に準備しておくべきでした。

合法的に99万円を売上金から準備するする方法があることを知らなかったことも失敗でした。

倒産を決断した時に売上金からの準備が違法行為とならないように手順を踏んでおくべきでした。

倒産後の生活費として99万円を準備しておくべきでした。

倒産後の生活費の他にも倒産後の住居費倒産後の教育費なども準備することが可能であったことを知りませんでした。

倒産後に生きて行く為の準備をしておくべきでした。

 

*YTOは倒産後の生活費の準備を支援します。

*YTOは倒産後の生活費を売上金から合法的に準備する方法を支援します。

*YTOは倒産後の住居費教育費の合法的準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話