倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 特定の債権者の取立だけに応じていたら偏頗...

特定の債権者の取立だけに応じていたら偏頗弁済になりました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

特定の債権者の取立だけに応じていたら偏頗弁済になりました。


特定の債権者から取立を受けていました。

特定の債権者は親戚縁者でした。

特定の債権者は特に親しい取引先でした。

親戚縁者と特に親しい取引先に破産申立を考えていることを相談してしまいました。

親戚縁者には借り入れで迷惑を掛けていましたので相談してしまいました。

特に親しい取引先には支払い遅延で迷惑を掛けていましたので相談してしまいました。

相談をした途端に親戚縁者から一括返済を求められることとなりました。

相談をした途端に特に親しい取引先から一括支払を求められることとなりました。

親戚縁者と特に親しい取引先から毎日取立を受けることとなりました。

 

お伝えをしたいこと

破産申立直前に親戚縁者に借入の返済を行うことは偏頗弁済に該当します。

破産申立直前に特に親しい取引先に支払を行うことは偏頗弁済に該当します。

「親戚縁者だから」「特に親しい取引先だから」といって破産申立を考えていることを相談してはいけません。

親戚縁者・特に親しい取引先でも、相談をすると返済・支払を求められることになってしまいます。

毎日取立を受けることになってしまいます。

偏頗弁済を行うことになってしまいます。

 

お教えをしたいこと

「親戚縁者だから返済した」「特に親しい取引先だから支払った」は許されません。

破産管財人はこの返済・支払を必ず調査します。

偏頗弁済をしている場合3つのリスクが生じます。

  1. 弁護士が破産申立手続きを引き受けてくれなくなります。
  2. 破産管財人から偏頗弁済金額の返金を求められます。
  3. 裁判所の判決で免責が認められなくなります。

偏頗弁済を認定されると破産申立を行なう意味がなくなってしまいます。

 

私の教訓

破産申立直前に破産申立を考えていることを相談してはダメでした。

親戚縁者と特に親しい取引先に相談してはダメでした。

相談をした親戚縁者から返済を求められることとなりました。

相談をした特に親しい取引先から支払を求められることとなりました。

親戚縁者と特に親しい取引先からの厳しい取立を受けることとなりました。

親戚縁者への返済が偏頗弁済に該当することを認識しておくべきでした。

特に親しい取引先への支払が偏頗弁済に該当することを認識しておくべきでした。

 

*YTOは破産申立直前の支払が偏頗弁済とならない準備を支援します。

*YTOは偏頗弁済のリスク回避を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話