倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立をしても手元に生活費を残すことが...

破産申立をしても手元に生活費を残すことができました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立をしても手元に生活費を残すことができました。

 

  • 破産申立後の生活費をどうしたらいいかで悩んでいました。
  • 破産申立後の生活費をどのように準備したらいいかで悩んでいました。
  • 破産申立後の生活費の所持が認められるのか不安でした。
  • 破産申立後の生活費の所持が認められないと生きて行くことができないのでどうしたらよいか不安でした。
  • 破産申立後の生活費をどうしたらいいかを相談できず悩んでいました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立をしても生活費の所持は認められます。
  • 破産申立をしても生きて行くために必要となる生活費の所持は認められます。
  • 破産申立をしても生きて行くために必要となる一定程度の生活費の所持は認められます。
  • 破産申立をしても生きて行くために必要となる年金手当給付金等の取得は制限を受けません。
  • 破産申立をしても生活費の所持等は認められます。
  • 破産申立後の生活費を準備しても差支えありません。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立後の生活費は一定程度額までであれば所持を認められています。
  • 破産申立後の生活費は90万円程度までを限度として所持が認められます。
  • 破産申立後に生きて行くために必要となる範囲であれば生活費の所持は認められます。
  • しかし破産申立後に生きて行くための生活費の準備を弁護士や破産管財人は手伝ってくれません。
  • 破産申立後に生きて行くための生活費の準備は破産申立前に自分でしなければいけません。

 

私の教訓

  • 破産申立前に、破産申立後の生活費を準備しておくべきでした。
  • 破産申立前に、破産申立後の生活費の準備をしても差支えありませんでした。
  • 破産申立前に、破産申立後の生活費として90万円程度のお金を捻出しておく必要がありました。
  • 破産申立前に、年金手当給付金等を取得できように生活口座の準備をしておくべきでした。
  • 破産申立前に、破産申立後の生活費の準備をした経緯等を弁護士と破産管財人に報告をすれば生きて行くために必要となる生活費の所持は認められました。
  • 破産申立前に準備をしていれば破産申立後の生活費で苦労せずに済みました。

 

*YTOは破産申立後の生活費の準備を支援します。

*YTOは破産申立後の生活費の準備の報告書作成を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話