倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立をすると郵便物がチェックされるこ...

破産申立をすると郵便物がチェックされることを知りませんでした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立をすると郵便物がチェックされることを知りませんでした。

 

  • 破産申立をすると郵便物がチェックされることを知りませんでした。
  • 破産申立をすると破産管財人によって郵便物がチェックされることを知りませんでした。
  • 破産申立をすると破産管財人に郵便物が転送されることを知りませんでした。
  • 破産管財人に転送された郵便物が原因で誤解が生じることになりました。
  • 破産管財人に転送された郵便物が原因で疑念を持たれることになりました。
  • 破産管財人に転送された郵便物が原因で困ったことになりました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立をすると法人名義の郵便物が破産管財人に転送されることを知りませんでした。
  • 破産申立をすると個人名義の郵便物が破産管財人に転送されることを知りませんでした。
  • 破産管財人に転送された郵便物により事情聴取をされることになりました。
  • 破産管財人に転送された郵便物により状況説明を求められることになりました。

 

お教えをしたいこと

  • 破産管財人は転送された郵便物から以下のような資産売却を確認します。
  • ⇒破産申立直前の保険解約を確認します。
  • ⇒破産申立直前の定期性預金の解約を確認します。
  • ⇒破産申立直前の資産売却を確認します。
  • 破産管財人は転送された郵便物から以下のような債権債務を確認します。
  • ⇒破産申立直前の買掛債務を確認します。
  • ⇒破産申立直前の売掛債権を確認します。

 

私の教訓

  • 破産管財人に転送された郵便物で誤解が生じることになりました。
  • 破産管財人に転送された郵便物で疑念を持たれることになりました。
  • 破産管財人に資産目録で報告をした資産売却等に漏れがあったからです。
  • 報告をしていない保険解約資産売却に関する郵便物が破産管財人に転送されたからです。
  • ⇒その結果、破産管財人に資産隠しを疑われてしまいました。
  • ⇒その結果、破産管財人から事情聴取されることになりました。
  • ⇒その結果、破産管財人から状況説明を求められることになりました。
  • この報告漏れが郵便物の転送で発覚して困ったことになりました。
  • この報告漏れによる事情聴取状況説明等で破産手続きが4か月ほど遅れることになりました。

 

*YTOは資産売却等の報告準備を支援します。

*YTOは郵便物転送で困らない準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話