倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産手続きの流れを知ったうえで倒産準備を...

倒産手続きの流れを知ったうえで倒産準備をするべきでした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産手続きの流れを知ったうえで倒産準備をするべきでした。

 

  • 倒産手続きの流れを知らずに弁護士に倒産の法律相談をしてしまいました。
  • 倒産手続きの流れを知らずに弁護士の判断で事業停止をしてしまいました。
  • 事業停止をしたことで債権者からの取立てからは解放されました。
  • 事業停止をしたことで債権者からの電話対応からは解放されました。
  • 倒産手続きの流れを知らずに事業停止をしたことで後々具合の悪いことが起きました。
  • 倒産手続きの流れを知らずに事業停止をしたことを後々後悔することになりました。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産手続きの流れを知らずに事業停止をすると後々具合の悪いことが起こります。
  • 倒産手続きの流れを知らずに事業停止をすると倒産手続きの準備の前に事業停止をすることになります。
  • つまり倒産の準備をする前に事業停止をすることになってしまいます。
  • 倒産の準備をする前に事業停止をすることになりますので当然倒産の準備はできません。
  • 事業停止の後に倒産の準備をすることになります。

 

お教えをしたいこと

  • 倒産の準備は事業停止の前にするべきです。
  • 倒産の準備は申立資料の整理申立書類の作成など作業は多岐に渡ります。
  • この作業を事業停止後に会社で行うことには精神的苦痛が伴います。
  • 事業停止後に会社で債権者と顔を合わすことになるからです。
  • この作業を事業停止後に弁護士が手伝ってくれることはありません。
  • この作業は弁護士の指示のもと自分で(会社で)行うことになります。
  • この作業が終わらないと弁護士は破産申立免責申立をしてくれません。
  • つまり事業停止」をしてもこの作業が終わらないことには弁護士は破産申立免責申立をしてくれないということです。
  • この作業を事業停止後に行うということは家族の生活の準備もできなくなることを意味します。
  • 事業停止後にはお金の準備ができなくなるからです。
  • 事業停止後にはお金が無くなっているからです。

 

私の教訓

  • 倒産の流れを知らずに弁護士に相談に行くべきではありませんでした。
  • まず、倒産の流れを知ることが重要でした。
  • 倒産の流れを知ったうえで倒産の準備をするべきでした。
  • 倒産の流れを知ったうえで弁護士に相談する前に申立資料の整理申立書類の作成等の準備をするべきでした。
  • 倒産の流れを知ったうえで弁護士に相談する前に家族の生活の準備をするべきでした。
  • 弁護士に相談をする前でも認められる範囲で準備をすることができました。

 

*YTOは弁護士に相談する前の倒産の準備を支援します。

*YTOは弁護士に相談する前の家族の生活の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話