倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立中に仕事をしてはいけないと思って...

破産申立中に仕事をしてはいけないと思っていました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立中に仕事をしてはいけないと思っていました。

 

  • 破産申立の準備で精一杯でした。
  • 破産申立をする為の準備しかできませんでした。
  • 破産申立の準備をしている時から「破産申立中の生活費をどうしたら良いか?」で悩んでいました。
  • 破産申立中の生活費の準備ができなかったからです。
  • 破産申立中は仕事ができないと思っていたからです。
  • 破産申立中は仕事をしてはいけないと思っていたからです。
  • 破産申立中は破産管財人に管理をされ生活が制限されると思っていたからです。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産手続き中に破産管財人に必要以上に管理をされることはありません。
  • 破産手続き中に破産管財人に必要以上に生活を制限されることはありません。
  • 破産手続き中に生きて行くために必要な行為が制限されることはありません。
  • 破産手続き中に生活費を得るために仕事をすること生きて行くために必要な行為ですから制限を受けることはありません。
  • 破産手続き中に仕事をしても差支えありません。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立中に正社員として仕事をしても差し支えありません。
  • 破産申立中に契約社員として仕事をしても差し支えありません。
  • 破産申立中にアルバイトとして仕事をしても差し支えありません。
  • 破産申立中に仕事をして給料を得ることに問題はありません。
  • 破産申立中に仕事に就くことが制限をされることはありません。
  • 破産申立中に仕事に就くことは生きて行くために必要な行為ですから破産管財人から制限を受けることはありません。

 

私の教訓

  • 破産申立の準備と並行して破産申立中に生活をして行く為の準備をしておくべきでした。
  • 破産申立の準備で精一杯で破産申立中に生活をして行く為の準備が疎かになっていました。
  • 破産申立中に仕事に就かなければ生活が成り立たないので、破産申立中の就職の準備をしておく必要がありました。
  • 破産申立中に得た給料が破産管財人に申し出た生活口座(負債の無い金融機関の銀行口座)に振込まれれば差し押えにならないことも知っておくべきでした。
  • 破産申立の準備をする時に生活口座を開設しておくべきでした。
  • 破産申立中でも生きて行くために必要な行為には制限を受けないことを知っておくべきでした。
  • 破産申立中に仕事をすることは制限を受けないことを知っておくべきでした。

 

*YTOは破産申立の準備を支援します。

*YTOは破産申立中に生きて行く為に必要な準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話