倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産は一人で決断し一人で準備をするべきで...

倒産は一人で決断し一人で準備をするべきでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産は一人で決断し一人で準備をするべきでした。

 

倒産の決断は一人でするべきでした。

幹部社員に相談し意見を求めたことは失敗でした。

倒産の準備も一人でするべきでした。

幹部社員に相談し意見を求めたことは失敗でした。

 

倒産について幹部社員から「相談をした内容」「意見を求めた内容」が社内、社外に漏れました。

倒産の準備段階で債権者の取立が起きました。

幹部社員が債権者集会で計画倒産を主張してきました。

 

幹部社員には経営責任はありませんが、幹部社員は会社運営の事実上の責任者です。

幹部社員は経営悪化の責任を免れようとします。

幹部社員は倒産の責任を免れようとします。

幹部社員は自己保身にやっきになります。

 

幹部社員に相談したことで倒産の決断が遅れることとなりました。

幹部社員に意見を求めたことで倒産の準備が遅れることとなりました。

倒産は一人で決断し一人で準備をするべきでした。

 

お伝えをしたいこと

倒産の決断は一人でするべきでした。

倒産の準備は一人でするべきでした。

幹部社員に相談をするべきではありませんでした。

 

倒産の決断は一人でもできました。

倒産の準備も一人でもできました。

 

お教えをしたいこと

倒産の決断・倒産の準備を幹部社員と相談するべきではありません。倒産情報が社内・社外に漏えいして混乱が起きる結果となるだけです。

幹部社員は倒産の責任が自分に波及しないように行動します。経営者とは立場が違うことを忘れてはいけません。

倒産情報の社内・社外への漏えいは必ず資金流出(キャッシュアウト)につながります。

倒産情報の社内・社外への漏えいは債権者の取立につながります。

倒産情報の社内・社外への漏えいは倒産準備が遅れる原因につながります。

苦しくても倒産の決断は一人でするべきです。

苦しくても倒産の準備は一人でするべきです。

 

私の教訓

  • 経営者が倒産を口にした途端に、社員・取引先とは敵対関係になります。
  • 誰も経営者に同情はしてくれません。倒産を歓迎してくれる人はいませんので当たり前です。
  • 一人で倒産の決断ができなければ、客観的なアドバイスをしてくれる第三者に相談をすることが必要です。
  • 一人で倒産の準備ができなければ、客観的な支援をしてくれる第三者に相談をすることが必要です。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話