倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 弁護士によって倒産手続き費用にかなり違い...

弁護士によって倒産手続き費用にかなり違いがでることを知りませんでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

弁護士によって倒産手続き費用にかなり違いがでることを知りませんでした。

 

倒産手続き費用は「破産申立予納金」・「弁護士費用」・「弁護士実費」の合計金額になります。

「破産申立予納金」は裁判所に納める費用です。

「弁護士費用」は弁護士の報酬です。

「弁護士実費」は破産申立・免責申立の相談料、書類作成費、調査費、日当、出張費、交通費 等です。

相談をする弁護士によって、この費用にかなり前後がでることを知りませんでした。

この費用の前後は、数十万円~数百万円の単位での違いでした。

依頼をする弁護士によって倒産手続き費用にこんなに違いがでることを知っていれば、安い弁護士に依頼をすることができました。

 

倒産手続き費用の違いは「弁護士費用」・「弁護士実費」の違いでした。

「弁護士費用」は、安くして下さいとも言えませんから弁護士から言われた金額となってしまいました。

弁護士から言われた金額が「高いのか安いのか」が分かりませんから言われた金額に従うしかありませんでした。

「弁護士実費」は実費としてかかった金額になるので金額が確定できるのは業務終了時との説明でした。

事前に余裕を持ったみなし金額を支払うように指示をされましたがかなり高額でした。

この弁護士から言われた金額も高いのか安いのかが分かりませんから、言われた金額に従うしかありませんでした。

 

お伝えをしたいこと

「弁護士費用」・「弁護士実費」は以下の場合に追加となることもあります。

  • 破産申立・免責申立の終結までにかなり時間がかかる場合
  • 債権者の対応がかなり困難を要する場合
  • 債権者から破産申立・免責申立後に刑事、民事の訴訟を起こされた場合
  • 財産処分に時間と費用がかかる場合

これらの点にも注意をすることが必要でした。

 

お教えをしたいこと

倒産手続き費用は依頼をする弁護士によって、その費用はかなり前後します。

倒産手続き費用の前後は「弁護士費用」・「弁護士実費」がかなり前後することが原因です。

「弁護士費用」を安くする方法がありました。

「弁護士実費」を安くする方法がありました。

倒産経験者として倒産手続き費用で苦労をしたからこそ分かったことです。

 

私の教訓

  • 倒産手続き費用を安くする方法は簡単です。
    倒産手続きの書類作成等の準備を事前に自分でしておくことです。
    この作業をしておけば「弁護士実費」は1/3程度まで安くなります。
    「弁護士実費」が安くなると「弁護士費用」も安くなります。
  • YTOは「弁護士費用」・「弁護士実費」を安くする支援をしています。
    倒産手続き費用で悩まずにYTOに相談をするべきでした。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話