倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産手続きの費用を決めるのは弁護士でした...

倒産手続きの費用を決めるのは弁護士でした。裁判所ではありませんでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産手続き費用を決めるのは弁護士でした。裁判所ではありませんでした。

 

倒産手続き費用は、「破産申立予納金」・「弁護士費用」・「弁護士実費」の合計金額でした。

  • 「破産申立予納金」は負債総額により裁判所で定められた金額でした。
  • 「弁護士費用」は弁護士が任意に定める金額でした。
  • 「弁護士実費」も弁護士が任意に定める金額でした。

 

「弁護士費用」の決め方は曖昧でした。

  • 負債総額を基準とする弁護士がいました。
  • 債権者数を基準とする弁護士がいました。
  • 書類作成の時間と量を基準とする弁護士がいました。
  • 資料準備の時間と量も基準とする弁護士がいました。

結局、その基準はよく分かりませんでした。

 

「弁護士実費」の決め方も曖昧でした。

  • 負債総額を基準とする弁護士がいました。
  • 債権者数を基準とする弁護士がいました。
  • やってみないと分からないのでとりあえずの金額とする弁護士がいました。
  • 掛かった費用のみとする弁護士もいました。

結局、その基準もよく分かりませんでした。

 

分かったことは、倒産手続き費用は「弁護士がOOO万円」と決めた金額になると言うことでした。

 

倒産手続き費用のうち「弁護士費用」・「弁護士実費」は弁護士が任意に決める費用でした。

弁護士が任意に決める費用ですから、弁護士によりかなりの前後がありました。

高い費用の弁護士に委任をすれば安心できるのか、安い費用の弁護士に委任を

すると後で追加請求をされることはないのか、分かりませんでした。

 

お伝えをしたいこと

倒産手続き費用のうち「弁護士費用」と「弁護士実費」は弁護士によりかなり金額が異なります。

倒産手続きは弁護士にとって難しい仕事ではありません。倒産手続きの作業量が多ければ面倒なだけの仕事です。

ですから、安く委任ができる弁護士を選定するべきです。早く作業を進めてくれる弁護士を選定するべきです。

 

お教えをしたいこと

安く委任をしてもらうように弁護士にお願いをして下さい。

早く作業を進めてもらうように弁護士にお願いをして下さい。

率直に「安く」・「早く」を弁護士にお願いをすることで弁護士の良し悪しを判断して下さい。

「安く」・「早く」を弁護士にお願いをすることが、失礼に当たることはありません。

 

私の教訓

* 倒産手続き費用は「弁護士費用」・「弁護士実費」の交渉で安くすることができました。

  • 裁判所に納める「破産申立予納金」は安くはなりませんでした。
  • 倒産手続きに必要な「書類作成の準備」を事前にしておけば「弁護士費用」・「弁護士実費」はもっと安くなりました。
  • YTOは、倒産手続き費用を安くする支援をします。
  • YTOは、倒産手続きに必要な「書類作成の準備」を支援します。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話