倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > コロナ倒産の決断は『客観的な見極め(判断...

コロナ倒産の決断は『客観的な見極め(判断)』によるべきです。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • コロナ倒産の決断は「客観的な見極め(判断)」によるべきです。

 

  • コロナの影響で経営状況が厳しい状況です。
  • コロナの影響で資金繰りが厳しい状況です。
  • コロナの影響で経営継続が難しい状況です。
  • コロナの影響での倒産を現実的に考え始めています。
  • コロナの影響での倒産の決断時期を考え始めています。
  • 考えても倒産の決断ができません。
  • 考えても倒産の時期の決断も出来ません。
  • コロナの影響での苦労から逃げ出したい気持ちもあります。
  • コロナの影響での倒産の決断の仕方を教えて下さい。

 

お伝えをしたいこと

  • コロナの影響で必要以上に頑張らないことです。
  • コロナの影響を客観的に受け止めることです。
  • コロナの影響で倒産しても準備をすれば家族の生活は守れます。
  • コロナの影響で倒産しても準備をすれば再起はできます。
  • コロナの影響で倒産しても人生が終わる訳ではありません。

 

お教えをしたいこと

  • コロナの影響を客観的に見極めることです。
  • コロナの影響を客観的に見極めて倒産の決断をするべきです。
  • 経営状況を客観的に見極めることが必要です。
  • 経営状況が改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
  • 資金繰りを客観的に見極めることが必要です。
  • 資金繰りが改善する見込みがあるか否かを見極めることが必要です。
  • 経営状況と資金繰りを客観的に見極めて倒産の決断をすることが必要です。

 

私の教訓

  • コロナの影響を客観的に見極め(判断)て倒産の決断をするべきです。
  1. 3ヶ月先に経営状況が改善するかの見極め(判断)
  2. 6ヶ月先に経営状況が改善するかの見極め(判断)
  3. 6ヶ月先に資金繰りが改善するかの見極め(判断)
  • 客観的な見極め(判断)が出来ないと資金繰りの苦労が長期間続くことになります。
  • 客観的な見極め(判断)が出来ないとキャッシュアウトを引起します。
  • 手元資金が無くなります。
  • 客観的な見極め(判断)が出来ないと倒産の決断ができなくなります。
  • 客観的な見極め(判断)が出来ないと倒産の手続き費用の準備ができなくなります。
  • 客観的に3ヶ月先から6ヶ月先の経営状況資金繰りを見極めて倒産の決断をすることが必要です。

 

*YTOはコロナ倒産の客観的な見極め(判断)を支援します。

*YTOはコロナ倒産決断後の倒産の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話