倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産手続き期間を短くする方法がありました...

破産手続き期間を短くする方法がありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産手続き期間を短くする方法がありました。

 

  • 破産手続き期間が短くなればと常に思っていました。
  • 破産手続きの間の精神的苦痛に耐えられなかったからです。
  • 破産手続きの間の金銭的苦痛に耐えられなかったからです。
  • 破産手続きの間の家族の生活の不安に耐えられなかったからです。
  • 破産手続きの間の将来の不安に耐えられなかったからです。
  • 破産手続きの間の再起の不安に耐えられなかったからです。
  • 破産手続きの間「破産手続きが早く終わらないか」と常に思っていました。
  • 破産手続き期間を短くすることは出来ないと思っていたので諦めていました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産手続き期間を短くすることができれば精神的苦痛は軽減できます。
  • 破産手続き期間を短くすることができれば金銭的苦痛は軽減できます。
  • 破産手続き期間を短くすることができれば家族の生活の不安は軽減できます。
  • 破産手続き期間を短くすることができれば将来の不安は軽減できます。
  • 破産手続き期間を短くすることができれば再起の不安は軽減できます。

 

お教えをしたいこと

  • 破産手続き期間を短くする方法はあります。
  • 破産手続き期間を短くすることを諦めてはいけません。
  • 破産手続き期間を短くする方法は難しくありません。
  • 破産手続き期間を短くする方法は以下の①~③になります。
  1. 弁護士との法律相談の期間を短くする。
  2. 弁護士との破産申立の準備期間を短くする。
  3. 破産管財人との事情聴取の期間を短くする。
  • ①と②の期間は一般的には6ヶ月ほどかかります。
  • この期間を1ヶ月にすることが出来れば破産手続き期間は5ヶ月も短縮ができます。
  • ③の期間は一般的には2ヶ月ほどかかります。
  • この期間を1ヶ月にすることができれば破産手続き期間は1ヶ月も短縮ができます。
  • 破産手続きは裁判所の手続きになりますのでこの期間を能動的に短縮することはできません。
  • ただし破産手続きに入る前の①~③を能動的に準備すれば破産手続き期間は短縮できます。
  • ①~③の期間を短縮すれば破産手続き期間は相対的に短くなります。
  • ①~③の期間を短縮すれば破産期間中の苦痛と不安は軽減できます。

 

私の教訓

  • 破産手続き期間を短くする努力をするべきでした。
  • 破産手続き期間を短くすることを諦めてはいけませんでした。
  • 破産手続き期間を短くできれば苦痛と不安が軽減できることを知っておくべきでした。
  • 破産手続き期間を相対的に短くすることは難しくありませんでした。
  • ①の弁護士との法律相談の期間を短縮する努力をすることでした。
  • ②の弁護士との破産申立の準備期間を短縮する努力をすることでした。
  • ③の破産管財人との事情聴取の期間を短縮する努力をすることでした。
  • ①~③の期間短縮は破産申立の資料と書類を準備することで可能となることを知っておくべきでした。

 

*YTOは破産手続き期間を短くする準備を支援します。

*YTOは破産手続き期間の苦痛と不安の軽減を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話