倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産の決断ができずに不安からうつ状態にな...

倒産の決断ができずに不安からうつ状態になってしまいました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産の決断ができずに不安からうつ状態になってしまいました。

 

買掛先債権者からの取立が厳しい状況になりました。

買掛先債権者から買掛金の支払請求訴訟を起こされました。

銀行から代位弁済の手続きを取る旨の通告を受けました。

銀行から返済遅延が3ヶ月になり期限の利益が喪失する旨の通告を受けました。

銀行から借入金の一括返済を請求される内容証明が届きました。

税務署から売掛金の差押を実施した旨の通告を受けました。

年金事務所から資産の差押えを実施する旨の通告を受けました。

どうしたら良いか分からなくなりました。

事業継続が難しい状況になり不安で夜眠れなくなりました。

それでも倒産が怖くて倒産の決断ができませんでした。

倒産の決断ができずに悩んでいるうちにうつ状態になってしまいました。

 

お伝えをしたいこと

倒産の決断ができないと厳しい状況に追い込まれてしまいます。

倒産の決断ができないとどうしたら良いかが分からなくなってしまいます。

倒産の決断ができないと不安で夜眠れなくなってしまいます。

倒産の決断ができないと全てが後手に回るようになってしまいます。

倒産の決断ができないと悩んでいるうちにうつ状態になってしまいます。

倒産の決断ができないと不幸が大きくなってしまいます。

不幸が大きくなる前に倒産の決断をしなければなりません。

どうしたら良いか分からなくなった時では倒産の決断は遅すぎです。

倒産の決断ができないと倒産後の生活の準備もできなくなってしまいます。

 

お教えをしたいこと

倒産の決断ができない原因は倒産の恐怖心からの逃避です。

逃避をしているうちに倒産の恐怖心はより大きくなってしまいます。

恐怖心がより大きくなってしまうと何をしたらよいかが分からなくなってしまいます。

倒産の恐怖心から何をしたらよいかが分からなくなってしまうと精神的に追い詰められた状況になってしまいます。

精神的に追い詰められるとうつ状態になってしまいます。

 

私の教訓

倒産の恐怖心の解決策は簡単でした。

倒産の恐怖心の解決策は早く倒産の決断をすることでした。

倒産の恐怖心の解決策は早く倒産の準備を始めることでした。

倒産の決断を早くすればうつ状態は改善します。

倒産の準備を早くすればうつ状態は改善します。

精神的な心の安定は決断することで必ず取り戻せます。

 

*YTOは倒産の決断を支援します。

*YTOは倒産の準備を支援します。

*YTOは倒産の恐怖心から心の安定を取り戻す支援をします。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話