倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 1ケ月前に解雇予告通知を出さなくても従業...

1ケ月前に解雇予告通知を出さなくても従業員を解雇する方法がありました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

1ヶ月月前に解雇予告通知を出さなくても従業員を解雇する方法がありました。

 

倒産に際して従業員の解雇の仕方で悩んでいました。

従業員を解雇する場合には1ヶ月以上前に解雇予告通知を出さなければなりません。

しかし、1ヶ月以上前に倒産を理由として解雇予告通知を出すと労働争議や事件が起きることが予想されたからです。

労働争議や事件が起きれば取引先に倒産情報が流れて債権者の取り付け騒ぎが起きることも予想されたからです。

従業員の解雇をどのようにすれば良いか分かりませんでした。

従業員の解雇で従業員が争議や事件を起こさないか心配でした。

倒産に際して従業員の解雇で悩んでいました。

 

お伝えをしたいこと

倒産に際して従業員の解雇は避けられない問題です。

従業員の解雇の仕方を間違えると労働争議や事件が起きてしまいます。

従業員の解雇の仕方を間違えると取引先に倒産情報が流れて取り付け騒ぎが起きてしまいます。

倒産に際して問題なく従業員を解雇することが、その後の倒産手続き・その後の債権者集会を円滑に進める重要なポイントになります。

解雇の仕方次第で従業員とのトラブルは回避できます。

取引先との取り付け騒ぎも回避できます。

 

お教えをしたいこと

1ヶ月以上前に解雇予告通知を出さなくても従業員を解雇する方法があります。

倒産に際して従業員を解雇する最良のタイミングは事業停止の当日です。

事業停止日当日に突然解雇をしても違法行為に該当しない方法があります。

合法的に事業停止日当日に従業員を解雇することで従業員の労働争議や事件、取引先の取り付け騒ぎを防止することができます。

従業員を事業停止日当日(事業停止日の業務終了時)に解雇をする方法は当月分の給料と標準月額報酬1ヶ月分の2ヶ月分の給料の支給倒産による解雇通知を同時に従業員に渡すことです。

 

私の教訓

倒産に際して1ヶ月以上前に従業員に解雇予告通知を出すことができませんでした。

従業員の解雇の仕方で悩んでいました。

倒産に際して1ヶ月以上前に従業員に解雇予告通知を出すと従業員の労働争議や事件・取引先の取り付け騒ぎが起きる心配があったからです。

事業停止日当日(事業停止日の業務終了時)に従業員を解雇する方法があることを知りませんでした。

この従業員解雇の方法を知っていれば従業員解雇で苦労せずに済みました。

 

*YTOは合法的な事業停止日当日の従業員解雇を支援します。

*YTOは倒産を理由とした解雇通知書の作成を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話