倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産する時に生活費と家財を残しておく方法...

倒産する時に生活費と家財を残しておく方法がありました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産する時に生活費としてのお金を残しておく方法がありました。

 

倒産する時に生活費としてのお金を残しておくことは認められないと思っていました。

認めてもらう方法がありました。

倒産する時に生活費としてのお金を残しておく方法は無いと思っていました。

お金を残す方法がありました。

倒産する時に生活費としてのお金を合法的に準備する方法がありました。

弁護士は方法を教えてくれませんでした。

倒産する時に生活費としてのお金を残しておかなくても弁護士に相談すれば何とかなると思っていました。

弁護士は相談には乗ってくれませんでした。

結局、生活費と生活に必要な家財の準備はできませんでした。

倒産する時に生活費を残しておかなかったことを悔やんでいます。

倒産する時に生活に必要な家財を残しておかなかったことを悔やんでいます。

失敗でした。

 

お伝えをしたいこと

倒産する時に生活費としてお金を残しても差し支えありません。

倒産する時に生活に必要な家財を残しても差し支えありません。

倒産する時に生活費と必要な家財を残す方法は簡単です。

生活費は合法的に捻出したお金であることを弁護士に申告すればOKです。

家財は日ごろ使っていたものであることを弁護士に申告すればOKです。

 

お教えをしたいこと

倒産をする時に生活費としてお金を残す場合は生活費の内訳を作って申告をすれば概ね認められます。

倒産をする時に生活に必要な家財を残す場合は生活をして行く為に必要な家財の内訳を作って申告をすれば概ね認められます。

お金も家財も内訳をはっきりさせることで破産管財人の了承を弁護士に取りつけてもらうことが可能となります。

内訳の上限は人によって異なります。

無理のない範囲であることが条件です。

 

私の教訓

倒産をする時に生活費としてお金を残せることを知りませんでした。

倒産をする時に生活に必要な家財を残せることを知りませんでした。

お金も家財も準備をすれば残せることを知っておくべきでした。

お金と家財は内訳を作るだけで認められることを知っておくべきでした。

無理のない範囲であることを内訳で申告すれば概ね認められることを知っておくべきでした。

 

*YTOは倒産する時に生活費を残す準備を支援します。

*YTOは倒産する時に生活に必要な家財を残す準備を支援します。

*YTOは残す生活費と家財の内訳作成を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話