倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 事業停止後、すぐに破産申立をしてもらう方...

事業停止後、すぐに破産申立をしてもらう方法がありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 事業停止後、すぐに破産申立をしてもらう方法がありました。

 

  • 事務所に『事業停止の告知の貼紙』をして事業停止をしました。
  • 事業停止後、受任通知を発送してもらうまでに3か月かかりました。
  • 事業停止後、破産申立をしてもらうまでに6か月かかりました。
  • 弁護士からは早い方だと言われました。
  • 受任通知を出してもらうまでの3か月間、不安な気持ちは解消しませんでした。
  • 破産申立をしてもらうまでの6か月間、不安な気持ちは解消しませんでした。
  • 事業停止をした後に事務所での作業を弁護士から命じられたからでした。
  • 弁護士から命じられた作業は破産申立に必要となる資料の準備でした。
  • 弁護士から命じられた作業は破産申立に必要となる書類の準備でした。
  • 弁護士が事業停止した事務所に来てくれることはありませんでした。
  • 事業停止後に債権者と顔を合わせてしまうこととなりました。
  • 事業停止後も債権者のことで気が休まることはありませんでした。
  • 後で分かったことですが、事業停止後すぐに破産申立をしてもらう方法がありました。

 

お伝えをしたいこと

  • 事業停止をした後に事務所で作業をすることは大きなストレスになります。
  • 弁護士がこの大きなストレスを理解してくれることはありません。
  • 弁護士からは「事業停止したのだから心配せずにゆっくり作業をして下さい」とよく言われます。
  • 弁護士は「不安で心配な気持ち」を察してくれることはありません。
  • 弁護士は「大きなストレス」を察してくれることはありません。

 

お教えをしたいこと

  • 事業停止後、すぐに破産申立をしてもらう方法があります。
  • その方法は準備をすることです。
  • 事業停止前に破産申立に必要となる資料の準備をすることです。
  • 事業停止前に破産申立に必要となる書類の準備をすることです。
  • この2つの準備は自分でもできる準備です。
  • この2つの準備をしてから弁護士に相談をすることです。
  • この2つの準備をしてから事業停止をすることです。

 

私の教訓

  • 事業停止前に破産申立に必要となる資料の準備をするべきでした。
  • 事業停止前に破産申立に必要となる書類の準備をするべきでした。
  • この2つの準備をしてから弁護士に相談をするべきでした。
  • この2つの準備をしてから事業停止をすれば、事業停止後、すぐに受任通知を
  • 送付してもらうことができました。
  • この2つの準備をしてから事業停止をすれば、事業停止後、すぐに破産申立を
  • してもらうことができました。

 

*YTOは破産申立に必要となる資料の準備を支援します。
*YTOは破産申立に必要となる書類の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話