倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立を早く終結させる方法がありました...

破産申立を早く終結させる方法がありました。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

破産申立を早く終結させる方法がありました。

 

破産申立を早く終結させる方法があることを知りませんでした。

破産申立を早く終結させる方法があることを知らずに弁護士に相談しました。

弁護士に相談すると弁護士は事業停止の手続きを取ってくれました。

事業停止をしてから破産申立の準備を始めました。

弁護士は事業停止をしているからゆっくり破産申立の準備をすれば良いとの姿勢でした。

事業停止をしてから破産申立の準備ができるまでに6ケ月の時間を要することになってしまいました。

破産申立は事業停止から7ケ月後になりました。

事業停止から破産申立の終結までに1年7ケ月以上の時間が掛かりました。

弁護士は事業停止をしているからと言って早く破産申立の準備をしてくれることは有りませんでした。

弁護士は早く破産申立を終結させたいという依頼者の気持ちを分かってはくれませんでした。

 

お伝えをしたいこと

弁護士は事業停止をしてからゆっくり破産申立の準備を始めます。

弁護士は事業停止をしてから6ケ月後に破産申立ができれば早く申し立てができた位の気持ちでいます。

弁護士は早く破産申立を終結させたいという依頼者の気持ちを理解してくれることはありません。

弁護士は早く破産申立をする為に破産申立の準備を急いで進めてくれることもありません。

弁護士の言う通りに事業停止をした後に破産申立の準備をすると破産申立はかなり遅くなることを覚悟しなければなりません。

事業停止後、破産申立までに6ケ月以上の時間が掛かることが普通です。

 

お教えをしたいこと

破産申立を早く終結させる為には、事業停止後に速やかに破産申立を行なうことが必要です。

事業停止後に速やかに破産申立を行なう為には、事業停止前に破産申立の準備をしておくことが必要です。

破産申立の準備をしてから事業停止をすれば、事業停止後速やかに破産申立の手続きを進めることが可能となります。

破産申立の準備をしてから事業停止をすれば、受任通知は事業停止の翌日に発送してもらうことが可能となります。

破産申立の準備をしてから事業停止をすれば、破産申立・免責申立は事業停止後1週間以内に申立ててもらうことが可能となります。

 

私の教訓

破産申立を早く終結させる方法があることを知りませんでした。

破産申立を早く終結させる方法を知っていれば破産申立は6ケ月以上早く終結していたと思います。

破産申立が早く終結できなかった理由は、弁護士が早く破産申立をしてくれなかっただけのことでした。

破産申立を早く終結させる為には、破産申立の準備をしてから弁護士に相談することが必要でした。

破産申立の準備をしてから弁護士に相談すれば、速やかに破産申立をしてもらい早く破産申立を終結させることができました。

 

*YTOは、破産申立の準備を支援します。

*YTOは、破産申立を早く終結させる準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話