倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産前の資産売却には注意が必要でした。

倒産前の資産売却には注意が必要でした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産前の資産売却には注意が必要でした。

 

  • 倒産前に資産売却で資金を捻出していました。
  • 倒産前に資産売却をした際、資産売却の証拠となる明細書を保管していませんでした。
  • 倒産後、資産売却の証拠提出を求められて困ったことになりました。
  • 倒産前に資産売却をした際、売却資金の使途記録の明細証拠を保管していませんでした。
  • 倒産後、資産売却資金の使途報告を求められて困ったことになりました。
  • 資産売却の記録を具体的に報告できるようにしておくべきでした。
  • 資産売却資金の使途を具体的に報告できるようにしておくべきでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産前の資産売却は2年前までの分を報告しなければなりません。
  • 破産管財人は2年前までの資産売却の状況を必ず確認します。
  • 破産管財人は2年前までの資産売却資金の使途を必ず確認します。
  • 倒産前に2年前までの資産売却の状況の報告準備をしておく必要があります。
  • 倒産前に2年前までの資産売却資金の使途の報告準備をしておく必要があります。

 

お教えしたいこと

  • 破産管財人が調査をする資産売却は以下の通りです。
  1. 不動産動産の売却状況
  2. 有価証券の売却状況
  3. 保険」の解約状況
  4. 普通預金定期預金積立預金の解約状況
  5. 保証金敷金の解約状況
  • 破産管財人は資産売却資金の使途も調査します。
  • 資産売却資金の使途が不適切である場合には問題になることがあります。
  • 注意が必要です。

 

私の教訓

  • 倒産前に2年前までの資産売却状況を報告できるように整理をしておくべきでした。
  • 証拠となる明細書も準備しておくべきでした。
  • 破産管財人に2年前までの資産売却状況を具体的に説明できなかったことから、破産管財人の調査が長期間化してしまいました。
  • 倒産前に2年前までの資産売却資金の使途を報告できるように整理をしておくべきでした。
  • 使途記録の明細書も準備しておくべきでした。
  • 破産管財人に2年前までの資産売却資金の使途を具体的に説明できなかったことから、破産管財人の調査が長期間化してしまいました。
  • 倒産前に2年前までの資産売却状況2年前までの資産売却資金の使途の整理確認をしておく必要がありました。

 

*YTOは資産売却状況の報告の準備を支援します。

*YTOは資産売却資金の使途報告の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話