倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 破産申立における資産売却の報告で困ったこ...

破産申立における資産売却の報告で困ったことになりました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 破産申立における資産売却の報告で困ったことになりました。

 

  • 破産申立で資産売却を報告しなければならないことを知りませんでした。
  • ⇒2年前までの資産売却の報告が必要でした。
  • ⇒2年前までの法人資産資産売却の報告が必要でした。
  • ⇒2年前までの個人資産資産売却の報告が必要でした。
  • 2年前までの資産売却に、不適切な資産売却不適切な資産売却資金の使途を指摘されそうな件がありましたので困ったことになりました。

 

お伝えをしたいこと

  • 破産申立では資産売却の状況を破産管財人に報告しなければなりません。
  • ⇒2年前までの資産売却の状況を報告しなければなりません。
  • ⇒2年前までの法人資産資産売却の状況を報告しなければなりません。
  • ⇒2年前までの個人資産資産売却の状況を報告しなければなりません。

 

お教えをしたいこと

  • 破産申立までに資産売却の報告準備をしなければなりません。
  • 資産売却の状況を資産目録として、2年前分までの準備をしておく必要があります。
  • 資産売却の状況を法人資産資産目録として、2年前分までの準備をしておく必要があります。
  • (※資産売却証拠資料を準備しておく必要もあります)
  • 資産売却の状況を個人資産資産目録として2年前分までの準備をしておく必要があります。
  • (※資産売却証拠資料を準備しておく必要もあります)
  • 破産管財人は資産売却の状況を必ず確認します。
  • 破産管財人は資産売却で得た資金の使途も必ず確認します。

 

私の教訓

  • 2年前までの法人資産資産売却不適切な資産売却不適切な資産売却資金の使途を指摘されそうな件があり、困ったことになりました。
  • 2年前までの個人資産資産売却不適切な資産売却不適切な資産売却資金の使途を指摘されそうな件があり、困ったことになりました。
  • 事前に不適切な資産売却を疑われるか否かを確認しておくべきでした。
  • 事前に不適切な資産売却資金の使途を疑われるか否かを確認しておくべきでした。
  • 破産申立に際して資産売却の報告の仕方にもっと注意をしておくべきでした。

 

*YTOは資産売却の報告準備を支援します。

*YTOは資産売却の証拠資料の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話