倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産前に資産売却をしても差支えありません...

倒産前に資産売却をしても差支えありませんでした。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産前に資産売却をしても差支えありませんでした。

 

  • 倒産直前の資金不足は資産売却をしなければ解決できませんでした。
  • 倒産直前の資金不足の解決に資産売却をしても良いかが分かりませんでした。
  • 倒産直前に資産売却をしてはいけないと思っていましたので悩みました。
  • 倒産直前の資産売却は免責不許可事由に当たると思っていましたので資産売却ができませんでした。
  • 倒産直前の資産売却資金を支払に使うと偏頗弁済に当たるのではないかと思っていましたので資産売却ができませんでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産直前に資産売却をしても差支えありません。
  • 倒産直前に預金保険有価証券動産不動産等の資産を売却しても差支えありません。
  • 売却した資産売却資金の使途が問題になります。
  • 売却した資産売却資金の使途が免責不許可事由に当たらなければ差支えありません。
  • 売却した資産売却資金の使途が偏頗弁済に当たらなければ差支えありません。

 

お教えをしたいこと

  • 倒産直前に資産売却資金を支払に使っても差支えありません。
  • 資産売却資金を公租公課(税金等)の支払に充当しても差支えありません。
  • 資産売却資金を労働債権(給料)の支払に充当しても差支えありません。
  • 公租公課(税金等)労働債権(給料)の支払は免責不許可事由は当たりません。
  • 公租公課(税金等)労働債権(給料)の支払は偏頗弁済にも当たりません。

 

私の教訓

  • 倒産前の資産売却が差支えないことを知っておくべきでした。
  • 倒産前の早い時期に資産売却をしておくべきでした。
  • 倒産前の早い時期に資産売却資金を支払いに充当しておくべきでした。
  • 資産売却資金は免責不許可事由に当たらなければ支払に使っても差支えありませんでした。
  • 資産売却資金は偏頗弁済に当たらなければ支払に使っても差支えありませんでした。
  • 倒産前のかなり早い時期の資産売却であれば資産売却資金を比較的自由に使えることを知っておくべきでした。
  • 倒産前のかなり早い時期に全ての資産を資産売却しておくべきでした。
  • 倒産前のかなり早い時期から全ての資産売却資金を支払いに充当しておくべきでした。

 

*YTOは問題にならない資産売却の仕方を支援します。

*YTOは問題にならない資産売却資金の使い方を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話