倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 事業停止前に【什器備品】の整理をしておく...

事業停止前に【什器備品】の整理をしておくべきでした。

  • 倒産経験者だからこそ、お伝えできることがあります。
  • 事業停止前に【什器備品】の整理をしておくべきでした。

 

  • 事業停止前に什器備品の整理をしていないまま、弁護士に破産申立の法律相談をしてしまいました。
  • 弁護士から「事業停止をしてからゆっくり什器備品の整理をすればいい」と言われたのでそのつもりでいました。
  • しかし什器備品の整理で苦労をすることになりました。
  • しかし什器備品の整理が上手く出来ないので破産申立までにかなり時間が掛かることになりました。
  • 事業停止前に什器備品の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきでした。
  • 失敗でした。

 

お伝えをしたいこと

  • 事業停止をしてから什器備品の整理をすると苦労をする可能性が高いです。
  • 什器備品の整理をする為に事業停止後に事業所に出向くことになり、そこで債権者と顔を合わせることになるからです。
  • 什器備品の整理をしている時に債権者に什器備品を勝手に持ち出されることがあるからです。
  • 什器備品の整理は自分でやることになり、弁護士は手伝ってくれないからです。

 

お教えをしたいこと

  • 弁護士は什器備品の整理ができなければ破産申立をしてくれません。
  • 弁護士は什器備品の整理を資産目録の統括表一覧で報告するよう求めてきます。
  • 弁護士は什器備品数量評価額を報告するよう求めてきます。
  • 事業停止後の精神状況のもとで什器備品の整理を行うことは非常に辛いです。
  • 事業停止後の精神状況のもとで什器備品の整理を手早くするのは難しいです。
  • 弁護士は什器備品の整理ができなければ破産申立をしてくれないため、結局破産申立までにかなり時間が掛かってしまいます。

 

私の教訓

  • 事業停止前に什器備品の整理をしておくべきでした。
  • 事業停止前に什器備品資産目録の統括表一覧として書類を作っておくべきでした。
  • 弁護士が什器備品の整理を手伝ってくれないことを知っておくべきでした。
  • 什器備品の整理をしてから弁護士に破産申立の相談をするべきでした。
  • 什器備品の整理をしてから弁護士に相談をすれば破産申立までに時間が掛かることはありませんでした。
  • 什器備品の整理をしてから弁護士に相談をすれば什器備品の整理で苦労をせずに済みました。

 

*YTOは什器備品の書類作成を支援します。

*YTOは什器備品の数量と評価額の資料作成を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話