倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 事業停止日の決め方を間違えました。

事業停止日の決め方を間違えました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 事業停止日の決め方を間違えました。

 

  • 事業停止日をいつにしたら良いか悩んでいました。
  • 事業停止日をいつにしたら良いか迷っていました。
  • 事業停止日をいつにしたら良いか決断ができませんでした。
  • 事業停止日の決め方が分かりませんでした。
  • 良く考えずに事業停止日を決めてしまいました。
  • 良く考えずに事業停止日を決めたことは失敗でした。
  • 事業停止日の決め方を間違えました、

 

お伝えしたいこと

  • 事業停止日の決め方を間違えると必要以上に苦労をすることになります。
  • 以下のことで必要以上に苦労することになります。
  1. 事業停止日の決め方を間違えると手持ち資金の確保ができなくなります。
  2. 事業停止日の決め方を間違えると支払ができなくなります。
  3. 事業停止日の決め方を間違えると取立の対処ができなくなります。
  4. 事業停止日の決め方を間違えると差押えの回避ができなくなります。
  • 必要以上の苦労をすると経営者の頑張る気持ちも維持できなくなります。

 

お教えをしたいこと

  • 事業停止日の決め方は難しくありません。
  • 以下の時期を勘案して事業停止日を決めることです。
  1. 手持ち資金の確保ができる限界の時期
  2. 支払ができる限界の時期
  3. 取立の対処ができる限界の時期
  4. 差押の回避ができる限界の時期
  5. 経営者の頑張る気持ちが維持できる限界の時期
  • 事業停止日を決める時に最も重要なことは経営者の頑張る気持ちを維持できる限界の時期を見極めることです。

 

私の教訓

  • 事業停止日の決め方を間違えたので以下で苦労することになりました。
  1. 手持ち資金の確保で苦労することになりました。
  2. 支払で苦労することになりました。
  3. 取立の対処で苦労することになりました。
  4. 差押の回避で苦労することになりました。
  • 事業停止日の決め方を間違えたことが原因で必要以上に苦労することになりました。
  • 事業停止日の決め方を間違えたことが原因で倒産準備も上手くできなくなりました。
  • 事業停止日の決め方を間違えたことが原因で頑張る気持ちの維持が難しくなりました。

 

*YTOは事業停止日の決め方を間違えないよう支援します。

*YTOは経営者の頑張る気持ちが維持できるよう支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話