倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産しても『銀行口座』を持つことは許され...

倒産しても『銀行口座』を持つことは許されました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産しても『銀行口座』を持つことは許されました。

 

  • 倒産すると銀行口座が持てなくなるのではないかと心配でした。
  • 家賃の引落に銀行口座が必要になると思ったからです。
  • 水道光熱費の引落に銀行口座が必要になると思ったからです。
  • 携帯電話代の引落に銀行口座が必要になると思ったからです。
  • 銀行口座がないと生活に困ることになると思ったからです。
  • 破産申立時に過去2年分の法人と個人の預金通帳を提出するように弁護士から指示を受けていたので銀行口座は持てなくなると思っていました。

 

お伝えをしたいこと

  • 倒産しても銀行口座を1口座のみ持つことは許されます。
  • 倒産後、家賃の引落に銀行口座を利用できます。
  • 倒産後、水道光熱費の引落に銀行口座を利用できます。
  • 倒産後、携帯電話代の引落に銀行口座を利用できます。
  • 倒産しても破産管財人に報告をすることで銀行口座を持つことは許されます。

 

お教えをしたいこと

  • 倒産しても銀行口座を持つことは許されますが注意点もあります。
  • 倒産後に持つことを許される銀行口座を『生活口座』と言います。
  • 生活する為に必要となる銀行口座のことを『生活口座』と言います。
  • まずは破産管財人の許可を得ることが必要です。
  • 生活口座は倒産後に生きて行くために必要な銀行口座です。
  • 生活口座は家賃水道光熱費携帯電話代等の引落口座として利用できます。
  • 生活口座は倒産後に就職した時の給料等の受取口座として利用できます。
  • 生活口座は年金子供手当等の受取口座として利用できます。
  • 生活口座は負債の無い金融機関に設けることが必要です。
  • 負債の有る金融機関の場合、口座凍結等の措置が取られる場合があります。
  • 注意が必要です。

 

私の教訓

  • 倒産しても『生活口座』を持てることを知っていれば事前に準備ができました。
  • 事前に年金子供手当等の受取口座の変更手続きの準備ができました。
  • 事前に家賃水道光熱費携帯電話代等の引落口座の変更手続きの準備ができました。
  • 事前に『生活口座』の準備をしても差し支えないことを知りませんでした。
  • 事前に『生活口座』の準備をしておけば倒産後の生活に支障をきたさず苦労をせずに済みました。

 

*YTOは事前の『生活口座』の準備を支援します。

*YTOは事前の『生活口座』の準備の仕方を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話