倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産しても「携帯電話、パソコン、家電」等...

倒産しても「携帯電話、パソコン、家電」等の所有は認められました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産しても『携帯電話』『パソコン』『家電』等の所有は認められました。

 

  • 倒産すると携帯電話が持てなくなるのではないかと心配でした。
  • 倒産するとパソコンが持てなくなるのではないかと心配でした。
  • 倒産すると家電等が没収されるのではないかと心配でした。
  • 携帯電話は生活必需品となっているからです。
  • パソコンは生活必需品となっているからです。
  • 家電も生活必需品となっているからです。
  • 所有が認められない『携帯電話』『パソコン』『家電』がありました。
  • 所有が認められた『携帯電話』『パソコン』『家電』がありました。
  • 所有が認められるか否かの線引きを知っていれば、倒産前に『携帯電話』『パソコン』『家電』を所有する準備ができました。
  • 倒産前に『携帯電話』『パソコン』『家電』を所有する準備をしても違法では無いことを知りませんでした。

 

お伝えをしたいこと

  • 所有が認められない『携帯電話』『パソコン』『家電』は以下の通りです。
  1. 法人名義のもの。
  2. リース契約で購入しているもの。
  3. クレジット契約で購入しているもの。
  4. 過去5年内に20万円以上の購入物件となるもの。
  • ①は倒産により所有が認められなくなります。
  • ②と③は所有権がありませんので没収となります。
  • ④は高額資産として売却を求められます。

 

お教えをしたいこと

  • 所有が認められる「携帯電話、パソコン、家電」は以下のものになります。
  1. 自己所有として購入しているもの。
  2. 過去5年以上前の購入物件のもの。
  3. 20万円内の購入物件のもの。
  • ①②③は破産管財人に報告をすることで使用が認められます。

 

私の教訓

  • 携帯電話とパソコンは個人所有のもので購入価格が20万円未満のものであれば倒産後も使用が認められることを知りませんでした
  • 知っていれば倒産前に問題なく使用する為の準備ができました。
  • 家電も過去5年内に購入価格が20万円未満のものであれば、倒産後も使用が認められることを知りませんでした。
  • 知っていれば倒産前に問題なく使用する為の準備ができました。

 

*YTOは倒産後も携帯電話・パソコンを問題なく使用する為の準備を支援します。

*YTOは倒産後も家電を問題なく使用する為の準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話