倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産時の従業員解雇で注意しなければならな...

倒産時の従業員解雇で注意しなければならないことがありました。

  • 倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。
  • 倒産時の従業員解雇で注意しなければならないことがありました。

 

  • 倒産時の従業員解雇をどのように進めたら良いかが分かりませんでした。
  • 倒産時の従業員解雇で解雇通知を渡すタイミングが分かりませんでした。
  • 倒産時の従業員解雇で注意をしなければならないことが分かりませんでした。

 

お伝えしたいこと

  • 倒産時(事業停止時)の従業員解雇で注意しなければならないことがあります。
  1. 解雇通知の渡し方
  2. 解雇通知のタイミング
  3. 解雇手続きの告知の仕方
  • 上記を注意しないと従業員とトラブルになることがあります。
  • 上記を注意しないと債権者とトラブルになることがあります。
  • 上記を注意しないと事業停止時に大きなトラブルを引き起こすことがあります。

 

お教えをしたいこと

  • 以下の手順で従業員の解雇を進めることが一般的です。
  1. 事業停止時に解雇通知を渡します。
  2. 事業停止時に解雇時給与を渡します。
  3. 事業停止時に雇用保険被保険者資格喪失届等の雇用保険の手続き方を告知します。
  4. 事業停止時に社会保険資格喪失届等の社会保険の手続き方を告知します。
  5. 事業停止時に従業員に解雇を告知する方法があります。
  6. 事業停止時に従業員を解雇する方法があります。
  7. 事業停止時に従業員を解雇する為には準備が必要です。
  8. 事業停止時に従業員を解雇することで事業停止時のトラブルを軽減できます。

 

私の教訓

  • 従業員の解雇は1か月以上前に解雇予告を通知しなければなりません。
  • しかしトラブルなることが心配で1か月以上前に解雇予告ができませんでした。
  • 1か月以上前に解雇予告ができなくても対処する方法がありました。
  • 倒産時(事業停止時)に解雇通知2か月分給与を従業員に渡すことで対処ができることを知りませんでした。
  • 倒産時(事業停止時)に雇用保険社会保険の手続きをしなければならないことも知りませんでした。
  • 雇用保険被保険者資格喪失届の手続きを事業停止後10日以内に従業員に通知しなければならないことを知りませんでした。
  • 社会保険資格喪失届の手続きを事業停止後5日以内に従業員に通知しなければならないことを知りませんでした。
  • 倒産時(事業停止時)に従業員を解雇することの注意点を事前に知っておくことが必要でした。
  • 倒産時(事業停止時)に従業員を解雇する為の準備が必要であることを知っておくことが必要でした。

 

*YTOは事業停止時の解雇準備を支援します。

*YTOは事業停止時の解雇手続きを支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話