倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 前向きな倒産をするべきでした。

前向きな倒産をするべきでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

前向きな倒産をするべきでした。

 

倒産の不安で苦しい日々が続いていました。

その日その日を切り抜けることで精一杯の日々が続いていました。

結果、会社の資金は底をつき、個人の資金も底をつきました。

倒産を客観的に受け止めることができず、時間とお金を無駄に浪費してしまったように思います。

 

倒産の不安で精神的に追い込まれていたと思います。

倒産の不安で精神的に追い込まれていたために、倒産を客観的に受け止めることもできなくなっていたと思います。

倒産を客観的に受け止めることができなかった結果、資金が底をつき手遅れの状態になってしまいました。

時間の経過とともに倒産に追い込まれて行くこととなりました。

全てが後手後手となり家族を守ることもできない状況に追い込まれました。

 

もっと早い時期に倒産を客観的に受け止めるべきでした。

もっと早い時期に倒産を客観的に受け止めることができていれば、

「倒産準備に時間の余裕を持つこともできました。」

「家族を守る準備の時間を持つこともできました。」

「もっと前向きにお金を使うこともできました。」

 

お伝えをしたいこと

前向きにお金を使いながら倒産準備をすることが「精神的に追い込まれない倒産準備」であったと、今だからこそ思います。

前向きな倒産をするべきでした。

前向きな倒産は、精神的に追い込まれない倒産です。精神的に追い込まれていなければ、様々な準備をすることもできました。

 

お教えをしたいこと

倒産の不安は最終的にお金の不安に行き着くこととなります。

お金の不安はお金の都合がつくうちでなければ解決できません。

お金の都合がつくうちであれば「前向きな倒産」ができます。

「前向きな倒産」を決断することで、精神的に追い込まれることがなくなります。

 

私の教訓

* お金の都合がつくうちに倒産を客観的に受け止めるべきでした。

* お金の都合がつくうちに倒産を客観的に受け止めていれば、精神的に追い込まれることもありませんでした。

* お金の都合がつくうちの倒産が「前向きな倒産」でした。

* 「前向きな倒産」を決断することで倒産の不安は解決できました。

YTOに「前向きな倒産」の仕方を教えてもらうべきでした。手遅れだからと思わずに「前向きな倒産」の仕方を教えてもらうべきでした。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話