倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

倒産経験者の体験談

HOME > 倒産経験者の体験談 > 倒産の決断はもっと早くするべきでした。

倒産の決断はもっと早くするべきでした。

倒産経験者だからこそお伝えできることがあります。

倒産の決断はもっと早くするべきでした。

 

銀行からの取り立て。債権者(取引先)からの取り立てで、
非常に苦労をしました。

取り立ての対応。いつも支払の金策の繰り返しでした。

売掛金の回収。即、支払でした。

 

売掛金の回収ができても手元には残りません。

残らないどころか、自己資金の充当の繰り返しでした。

借入金で借入の返済をするまでになっていました。

「会社を守らなければ」「従業員を守らなければ」の一心で

支払の対応に追われる日々でした。

 

この繰り返しでは、資金は全く手元に残りません。

自己資金も底をつきました。

手元に資金があるうちに倒産の決断をするべきでした。

 

お伝えをしたいこと

① 手元に資金があるうちに倒産の決断をして下さい。

手元に資金がなければ、「破産申立予納金」「弁護士費用」「弁護士実費」等の
倒産手続き費用の支払ができません。
支払ができなければ、「破産申立・免責申立」はできません。

② 倒産手続き費用は自己資金以外の資金充当でもかまいません。

倒産手続き費用は、その調達先が明らかであればかまいません。
倒産手続き費用は、売掛金の回収資金でも合法的であればかまいません。

 

お教えをしたいこと

① 倒産の決断をしなければならない時期をお教えします。

② 合法的な倒産手続き費用の準備の仕方をお教えします。

③ 取り立て先への合法的な対応の仕方をお教えします。

 

私の教訓

* 手元に資金があるうちに倒産の決断をするべきでした。

* 手元に資金があるうちに倒産の決断をしていれば、こんなに苦しい思いをせずに済みました。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。弁護士は倒産の法的処理が仕事です。

タップで発信アドバイザー直通電話