倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > は行 > 非免責債権

非免責債権

非免責債権とは、裁判所より免責許可の決定を受けても、被害者保護などの理由から免責が許されない債権のことです。

 

非免責債権について知っておきたいこと

・法律に定められる非免責債権は以下のような債権になります。

  1. 個人の租税等
  2. 破産者の悪意による不法行為にもとづく損害賠償請求権
  3. 一定の扶養義務等に関する請求権(養育費等)
  4. 雇用関係にもとづいて生じた労働者の請求権(給料債権等)
  5. 破産者が故意に債権者名簿に記載しなかった請求権
  6. 罰金等の請求権

 

YTOからのアドバイス

倒産準備の段階で非免責債権の有無を確認しておくことが必要です。

非免責債権は免責許可の決定を受けても支払義務が残ります。

非免責債権で免責許可の決定を受けても支払義務が残ってしまうもので多いものは、

「所得税」「市県民税」「国民健康保険料」「国民年金料」「固定資産税」「自動車税」等です。

非免責債権は事前の処理を検討しておくことが必要です。

 

YTOの支援

* YTOは、非免責債権の確認作業を支援します。

* YTOは、非免責債権の事前の処理を支援します。

* YTOは、非免責債権を軽減する処理を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話