倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > さ行 > 債権者破産申立

債権者破産申立

債権者破産申立とは、債権者が債務者に対して破産の申立をすることです。

破産は債務者が申立をする場合がほとんどですが、債権者による破産申立も可能です。

債権者破産申立の場合、債権者は債務者に対して債権があることを破産管財人に理解を得ることが必要となります。

 

債権者破産申立について知っておきたいこと

債権者破産申立の場合の破産管財人の役割は以下となります。

  • 債務者が不当に財産を減少させることを防ぎます。
  • 残余財産の収集と換価を行います。
  • 債務者が残余財産を不当に減少させた場合にはその財産を取り戻します。
  • 債務者が財産を隠匿した場合には破産犯罪を問う権限をもっています。

 

YTOからのアドバイス

倒産準備の段階で、債権者から債権者破産申立をされないようにすることが必要です。

債権者から債権者破産申立をされた場合、倒産手続き費用、倒産後の生活費の捻出が難しくなります。

家族の生活を守ることも難しくなります。

 

YTOの支援

  • YTOは、債権者から債権者破産申立をされないようにする支援をします。
  • YTOは、債務者が自ら破産申立・免責申立をおこなうことができるように支援をします。
ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話