倒産手続き・会社の倒産相談はYTO倒産支援センターにおまかせください

ご相談・お問い合わせ

専門用語集

HOME > 専門用語集 > は行 > 破産申請

破産申請

破産申請とは、個人や法人が経済的に破綻して債務の弁済が困難となったことを裁判所に申し立てることです。

債務者の破産申請が認められると、裁判所は破産宣告をし債務者は破産者となります。

破産申請により、破産者の財産は裁判所から選任された破産管財人により管理され、その財産は債権者へ公平に配当されます。

 

破産申請について知っておきたいこと

破産申請後の流れは、2つの流れに分かれます。

  1. 管財事件としての手続き
    裁判所から選任された管財人が、破産債権の調査・確定を行います。
    また、債権者に対する配当を目指して、破産者の財産の調査・管理・換価を行います。
  2. 同時廃止事件としての手続き)
    破産者に債権者に配当するだけの目ぼしい財産が無い場合には、管財人は選任されず破産宣告をするだけで手続が終了します。

* 破産申請が会社(法人)の場合、管材事件になることがほとんどです。

 

YTOからのアドバイス

破産申請は、管財事件としての手続きを前提として準備しておくことが重要です。

 

YTOの支援

管材事件を前提として手続きの準備を支援します。

ご相談・お問い合わせ

弁護士に相談する前にやっておくべき事、それは「家族の生活を守る準備」「再起の準備」です。私たちが経験に基づいた支援を致します。

弁護士は「あなたの生活」「あなたの再起」の支援はしてくれません。

タップで発信アドバイザー直通電話